115件中 31 - 40件表示
  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た田沢湖線

    人口4万人弱の大仙市大曲地区に約70万人の見物客が押し寄せるため、混雑による混乱が見られる。JRは臨時列車を出し701系電車を最大7両編成(2+2+3両)に秋田新幹線仙台・盛岡・秋田発着の臨時列車を設定して輸送している。しかし奥羽本線・田沢湖線は普通列車と秋田新幹線が同一の線路上を走行しているため、大規模な増発をするも単線路線の列車の行き違いの都合で乗車時間が集中してしまう。また、大曲駅隣接の駅では一応電車は停車するものの、始発駅から大曲駅まで誰も降りない満員状態のため、危険防止もあり車掌から次の列車に乗る様指示されることもある。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た大曲インターチェンジ

    秋田自動車道・大曲ICから国道105号経由で通常20分。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た横手市

    車での来客は秋田県内からが最も多く、次いで宮城県・青森県・岩手県の順になっている(2009年(平成21年))。大仙市大曲地区から半径50キロメートル圏内の主要道路ではすべてが黄色点滅信号になっているが、大会終了後は大仙市大曲地区から秋田市中心部まで約50キロメートル(国道13号経由)が最大5時間という渋滞が起こる。駐車場も通常の駐車容量では収まりきれないため大会関係者が用意する臨時駐車場、オートキャンプ場、一部の道路(通常は駐車禁止)、また民家でも臨時駐車場を設けるところがあるが間に合ってはいない。このため2004年(平成16年)からパーク&バスライド方式を採用し、横手市方面からの渋滞を防ぐことも行う試験を行ったり毎年地元の秋田放送、秋田テレビ、NHK秋田放送局、FM秋田と日本道路交通情報センター秋田情報センターでは渋滞対策に関する呼びかけラジオCMなどを毎年、1週間前から流している。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た奥羽本線

    人口4万人弱の大仙市大曲地区に約70万人の見物客が押し寄せるため、混雑による混乱が見られる。JRは臨時列車を出し701系電車を最大7両編成(2+2+3両)に秋田新幹線仙台・盛岡・秋田発着の臨時列車を設定して輸送している。しかし奥羽本線・田沢湖線は普通列車と秋田新幹線が同一の線路上を走行しているため、大規模な増発をするも単線路線の列車の行き違いの都合で乗車時間が集中してしまう。また、大曲駅隣接の駅では一応電車は停車するものの、始発駅から大曲駅まで誰も降りない満員状態のため、危険防止もあり車掌から次の列車に乗る様指示されることもある。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た大曲市

    全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)は、秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園において、例年8月第4土曜日に開催される花火大会であり、日本三大花火大会の1つである。一般に「大曲の花火」として知られている。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た大曲駅 (秋田県)

    1997年(平成9年)に秋田新幹線が開通し大曲駅に乗り入れるようになると、旅行業者、鉄道会社らが県外で競って大曲花火ツアーを企画。またNHKでこの大会が全国放送されるようになるとさらに知名度があがり、2007年(平成19年)の第81回大会では過去最高の約76万人を記録した。大会の歴史を知る資料としては2006年(平成18年)11月に「第80回全国花火競技大会記念誌」が編集発行されている。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た雄物川

    全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)は、秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園において、例年8月第4土曜日に開催される花火大会であり、日本三大花火大会の1つである。一般に「大曲の花火」として知られている。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見たゆるキャラ

    2006年(平成18年)より起用された当大会のゆるキャラ系のイメージマスコットキャラクター(ただし、はなちゃんを除く)。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た赤ちゃん

    たまちゃん - 打ち上げ玉がモチーフ。設定上は赤ん坊をイメージしており、頭にリボンを身につけ、口におしゃぶりをしている。身長約30cm・体重約15kg。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見たハイビジョン試験放送

    毎年、NHKの衛星放送で生放送されている。BSアナログハイビジョン時代の1998年(平成10年)から夏の特集「日本の祭」シリーズの一つとして生中継され(2000年(平成12年)は録画放送のみ)、後日、BS2でも再放送されていた(地域によっては総合テレビで深夜に放送することもあった)。BSデジタル放送開始後の2001年(平成13年)からはBSデジタルハイビジョンでも同時中継している(BSアナログハイビジョンでは2007年(平成19年)をもって終了)。また、2〜3週遅れの金曜夜19:30〜20:43に秋田局ローカル(場合により東北6県ブロックネット)の『あきたスペシャル』(2006年(平成18年)・2007年(平成19年)は『ワンダフル東北』(東北ブロックネット))で73分の短縮放送で再度放送されている。2010年(平成22年)は8月28日にBSハイビジョンで生中継し、翌29日には海外向けにNHKワールド・プレミアムを通じ、15:15〜18:00(JST)に録画放送を行った。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

115件中 31 - 40件表示

「大曲の花火」のニューストピックワード