105件中 41 - 50件表示
  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見たバナナ

    花火会場となる雄物川河川敷運動公園の混雑はさらに酷く、。このため現在では大曲駅から徒歩で来る来場客には、観覧会場ゲート毎に設置されている「リンゴ」「バナナ」「メロン」「ミカン」の絵を掲げた看板で誰でも分かり易く誘導できるようにしている。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た経済産業大臣

    競技内容は17時頃に開始される昼花火の部と、19時から開始される夜花火の部に分かれ、夜花火の部のほうが規模が大きい。昼花火の部は5号早打ち5発、割物または煙竜。夜花火の部は課題・自由玉の10号玉それぞれ1発の10号割物の部と創造花火の部で競われる。創造花火は「花火は丸い」という概念を破り創造性を追求する。したがって、形は従来の丸型にこだわることなく三角でも四角でもよい。最近、他の花火大会でも笑顔やアニメキャラクターやヒマワリ、麦わら帽子、サングラスとお馴染みになったが、このような創作花火はこの全国花火競技大会が発祥とされている。テーマをもうけて2分30秒以内で形態、色彩、リズム感、立体感などの創造性を審査する。主流は速射連発(スターマイン)だが、8号玉早打ちでも良い。総合優勝者には内閣総理大臣賞、創造花火の部優勝に経済産業大臣賞、10号割物の部優勝には中小企業庁長官賞、昼花火の部優勝に大会会長賞が与えられる。また特別賞で文部科学大臣奨励賞がある。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見たリボン

    たまちゃん - 打ち上げ玉がモチーフ。設定上は赤ん坊をイメージしており、頭にリボンを身につけ、口におしゃぶりをしている。身長約30cm・体重約15kg。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見たNHKワールド

    毎年、NHKの衛星放送で生放送されている。BSデジタル放送開始後の2001年(平成13年)からBSハイビジョンで夏の特集「日本の祭」シリーズの一つとして生中継され、後日、BS2でも再放送されていた(地域によっては総合テレビで深夜に放送することもあった)。また、2?3週遅れの金曜夜19:30?20:43に秋田局ローカル(場合により東北6県ブロックネット)の『あきたスペシャル』(2006年・2007年は『ワンダフル東北』(東北ブロックネット))で73分の短縮放送で再度放送されている。2010年(平成22年)は8月28日にBSハイビジョンで生中継し、翌29日には海外向けにNHKワールド・プレミアムを通じ、15:15?18:00(JST)に録画放送を行った。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た運動公園

    全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)とは秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園において、例年8月第4土曜日に開催される花火大会であり、日本三大花火大会の1つである。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た仙北市

    仙北市方向から国道105号経由で通常20分。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見たオークション

    花火そのものは雄物川河川敷運動公園で無料で観ることができるが、有料の桟敷席やキャンプができる駐車場なども用意されている。ただし、有料観覧席は徹夜組も出るなど発売後すぐに完売するのが通例である。また仕掛花火は有料席最前列以外ではほとんど見えない。有料観覧席は大会協賛企業に優先的に販売されており、またチケットはウェブ上で転売を禁止しているものの実際はオークションにより高額で取り引きされるなど本来無料で見ることが出来た花火が有料化されたことへの批判も高まっている。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た日本煙火協会

    日本煙火協会が後援し、かつ、内閣総理大臣賞が与えられるのは全国で当大会と土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)の2大会のみであり、当大会が日本国内では最も権威のある競技大会とされる。会場対岸には姫神山、福伝山などがあり、それらの山に反射する音と花火観覧の邪魔になる光がない事もこの大会の自慢の1つである。1910年(明治43年)に創始され、第二次世界大戦による中断を経て2011年(平成23年)で85回目の開催となった。2010年(平成22年)には100周年を記念して「100周年記念番組」と称する花火が打ち上げられた。多くの花火ファンに愛されている。なお、2011年大会から前年大会で「内閣総理大臣賞」を受賞した花火師による「エキシビジョン花火」が打ち上げられる。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見たごみ

    全国花火競技会会場では「ごみは持ち帰らない」というルールになっていて、場内アナウンスでも持ち帰らないように呼びかけがある。数年前までは常識的に考えごみを持ち帰る観客が結局市内道路上に捨ててしまい、おびただしい量のごみが街中散乱する問題が深刻化した。今ではごみは、主催者が会場、駐車場及びキャンプ場に用意する巨大ごみ箱に捨てるよう奨励されている。ちなみに公式サイトによれば、大会付近で出るゴミの量は毎年100トンを超えるという。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た音声多重放送

    BSハイビジョンでの中継放送は2010年(平成22年)で最後となったが、2011年(平成23年)以降は「BS-hi」の実質の後継チャンネルであるNHK BSプレミアムでハイビジョン生中継されている。音声多重放送であり、花火の打ち上げ中は、主音声では基本的に現地の音声のみで、副音声では各花火の解説や見どころを解説者が紹介する。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

105件中 41 - 50件表示

「大曲の花火」のニューストピックワード