105件中 61 - 70件表示
  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た日本における衛星放送

    毎年、NHKの衛星放送で生放送されている。BSデジタル放送開始後の2001年(平成13年)からBSハイビジョンで夏の特集「日本の祭」シリーズの一つとして生中継され、後日、BS2でも再放送されていた(地域によっては総合テレビで深夜に放送することもあった)。また、2?3週遅れの金曜夜19:30?20:43に秋田局ローカル(場合により東北6県ブロックネット)の『あきたスペシャル』(2006年・2007年は『ワンダフル東北』(東北ブロックネット))で73分の短縮放送で再度放送されている。2010年(平成22年)は8月28日にBSハイビジョンで生中継し、翌29日には海外向けにNHKワールド・プレミアムを通じ、15:15?18:00(JST)に録画放送を行った。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た大仙市

    全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)とは秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園において、例年8月第4土曜日に開催される花火大会であり、日本三大花火大会の1つである。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た仙台駅

    人口4万人弱の大仙市大曲地区に約70万人の見物客が押し寄せるため、混雑による混乱が見られる。JRは臨時列車を出し701系電車を最大7両編成(2+2+3両)に秋田新幹線仙台・盛岡・秋田発着の臨時列車を設定して輸送しているが、普通列車と秋田新幹線が同一の線路上を走行するという奥羽本線・田沢湖線の性格上、大規模な増発をするも乗車時間が集中してしまう(単線路線の列車行き違いの為)。その為か、大曲駅隣接の駅では一応電車は停車するものの、始発駅から大曲駅まで誰も降りないというあまりの満員状態の為、危険防止もあり車掌から次の列車に乗る様指示される事もある。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た盛岡駅

    人口4万人弱の大仙市大曲地区に約70万人の見物客が押し寄せるため、混雑による混乱が見られる。JRは臨時列車を出し701系電車を最大7両編成(2+2+3両)に秋田新幹線仙台・盛岡・秋田発着の臨時列車を設定して輸送しているが、普通列車と秋田新幹線が同一の線路上を走行するという奥羽本線・田沢湖線の性格上、大規模な増発をするも乗車時間が集中してしまう(単線路線の列車行き違いの為)。その為か、大曲駅隣接の駅では一応電車は停車するものの、始発駅から大曲駅まで誰も降りないというあまりの満員状態の為、危険防止もあり車掌から次の列車に乗る様指示される事もある。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た秋田自動車道

    秋田自動車道・大曲ICから国道105号経由で通常20分。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た河川敷

    全国花火競技大会(ぜんこくはなびきょうぎたいかい)とは秋田県大仙市大曲地区の雄物川河川敷運動公園において、例年8月第4土曜日に開催される花火大会であり、日本三大花火大会の1つである。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た秋田民報

    大仙市大曲地区にある諏訪神社祭典の余興花火として1910年(明治43年)に「第一回奥羽六県煙火共進会」が開催(仙北新報(現・秋田民報)主催)されたのが始まりとされ、1915年(大正4年)によりレベルの高いものを目指し全国花火競技大会と名前を変え規模を全国に広げた。1964年(昭和39年)に創造花火が生み出される。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た駐車場

    花火そのものは雄物川河川敷運動公園で無料で観ることができるが、有料の桟敷席やキャンプができる駐車場なども用意されている。ただし、有料観覧席は徹夜組も出るなど発売後すぐに完売するのが通例である。また仕掛花火は有料席最前列以外ではほとんど見えない。有料観覧席は大会協賛企業に優先的に販売されており、またチケットはウェブ上で転売を禁止しているものの実際はオークションにより高額で取り引きされるなど本来無料で見ることが出来た花火が有料化されたことへの批判も高まっている。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た地名

    観光PRにおいては地名を付した「大曲全国花火競技大会」あるいは「大曲の花火」とも呼ばれるが、数ある全国花火競技会と名を打った花火大会の中で「全国花火競技大会」と言えば当大会を指す。規模、権威ともに日本最大の花火大会である。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会 (秋田県大仙市)

    全国花火競技大会 (秋田県大仙市)から見た日本国憲法

    第二次世界大戦後すぐに大会は復活したが、戦後の物資不足と混乱より観光客の数は激減した。その後も水害や競技大会という特殊な開催方法がなかなか観光には馴染まず観客は少なかった。この大会を観るのは地元民、花火業者とよほどの花火通を自認するような花火愛好家のみだった。たとえば、1982年(昭和57年)の第56回大会の観客は10万人と発表されている。しかしその後、過疎化が進む市の「町おこしイベント」として利用したい自治体が諏訪神社祭典とは独立した行事としてPRを開始(公金での宗教団体イベントのPRが憲法の政教分離原則に抵触するおそれがあるため。祭典は1週間前に分離開催となる)。東北6県では有数の花火大会となり、1990年代初頭には観客動員数が40万人を越えた(当時の大曲市人口の15倍以上)。全国花火競技大会 (秋田県大仙市) フレッシュアイペディアより)

105件中 61 - 70件表示

「大曲の花火」のニューストピックワード