115件中 81 - 90件表示
  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た衛星放送

    毎年、NHKの衛星放送で生放送されている。BSアナログハイビジョン時代の1998年(平成10年)から夏の特集「日本の祭」シリーズの一つとして生中継され(2000年(平成12年)は録画放送のみ)、後日、BS2でも再放送されていた(地域によっては総合テレビで深夜に放送することもあった)。BSデジタル放送開始後の2001年(平成13年)からはBSデジタルハイビジョンでも同時中継している(BSアナログハイビジョンでは2007年(平成19年)をもって終了)。また、2〜3週遅れの金曜夜19:30〜20:43に秋田局ローカル(場合により東北6県ブロックネット)の『あきたスペシャル』(2006年(平成18年)・2007年(平成19年)は『ワンダフル東北』(東北ブロックネット))で73分の短縮放送で再度放送されている。2010年(平成22年)は8月28日にBSハイビジョンで生中継し、翌29日には海外向けにNHKワールド・プレミアムを通じ、15:15〜18:00(JST)に録画放送を行った。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見たドイツ

    競技会の合間にテーマに合わせて打上げられる、ワイドスターマイン「大会提供花火」は毎年大変な人気で、各回毎に異なるテーマを掲げて大曲花火協同組合青年部が1年かけて製作する。「大会提供花火」は幅500〜900メートルに及ぶワイドスターマイン。1セットのスターマインではなく一列に並んで何カ所も打ち上げられ、音楽に合わせて約5〜7分に渡り壮大な打ち上げを行う。フィナーレの速射連発、数カ所からシンクロで上がるトラの尾、一斉に上がる銀冠・錦冠は圧巻。ドイツ・ハンガリー・台湾・韓国など、海外でも「大会提供花火」の名で打ち上げられた。そのほか、夜の部オープニングの500メートル(2017年から700メートルに拡幅された)ナイアガラ付スターマイン、打ち上げ終了後に観客がライトを振って花火師に感謝を伝える「エールの交換」などが名物となっている。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た半径

    車での来客は秋田県内からが最も多く、次いで宮城県・青森県・岩手県の順になっている(2009年(平成21年))。大仙市大曲地区から半径50キロメートル圏内の主要道路ではすべてが黄色点滅信号になっているが、大会終了後は大仙市大曲地区から秋田市中心部まで約50キロメートル(国道13号経由)が最大5時間という渋滞が起こる。駐車場も通常の駐車容量では収まりきれないため大会関係者が用意する臨時駐車場、オートキャンプ場、一部の道路(通常は駐車禁止)、また民家でも臨時駐車場を設けるところがあるが間に合ってはいない。このため2004年(平成16年)からパーク&バスライド方式を採用し、横手市方面からの渋滞を防ぐことも行う試験を行ったり毎年地元の秋田放送、秋田テレビ、NHK秋田放送局、FM秋田と日本道路交通情報センター秋田情報センターでは渋滞対策に関する呼びかけラジオCMなどを毎年、1週間前から流している。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た大曲西道路

    秋田自動車道・大曲ICから大曲西道路・飯田IC経由で通常15分。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見たNHKデジタル衛星ハイビジョン

    毎年、NHKの衛星放送で生放送されている。BSアナログハイビジョン時代の1998年(平成10年)から夏の特集「日本の祭」シリーズの一つとして生中継され(2000年(平成12年)は録画放送のみ)、後日、BS2でも再放送されていた(地域によっては総合テレビで深夜に放送することもあった)。BSデジタル放送開始後の2001年(平成13年)からはBSデジタルハイビジョンでも同時中継している(BSアナログハイビジョンでは2007年(平成19年)をもって終了)。また、2〜3週遅れの金曜夜19:30〜20:43に秋田局ローカル(場合により東北6県ブロックネット)の『あきたスペシャル』(2006年(平成18年)・2007年(平成19年)は『ワンダフル東北』(東北ブロックネット))で73分の短縮放送で再度放送されている。2010年(平成22年)は8月28日にBSハイビジョンで生中継し、翌29日には海外向けにNHKワールド・プレミアムを通じ、15:15〜18:00(JST)に録画放送を行った。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見たこまち (列車)

    人口4万人弱の大仙市大曲地区に約70万人の見物客が押し寄せるため、混雑による混乱が見られる。JRは臨時列車を出し701系電車を最大7両編成(2+2+3両)に秋田新幹線仙台・盛岡・秋田発着の臨時列車を設定して輸送している。しかし奥羽本線・田沢湖線は普通列車と秋田新幹線が同一の線路上を走行しているため、大規模な増発をするも単線路線の列車の行き違いの都合で乗車時間が集中してしまう。また、大曲駅隣接の駅では一応電車は停車するものの、始発駅から大曲駅まで誰も降りない満員状態のため、危険防止もあり車掌から次の列車に乗る様指示されることもある。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見たJR東日本701系電車

    人口4万人弱の大仙市大曲地区に約70万人の見物客が押し寄せるため、混雑による混乱が見られる。JRは臨時列車を出し701系電車を最大7両編成(2+2+3両)に秋田新幹線仙台・盛岡・秋田発着の臨時列車を設定して輸送している。しかし奥羽本線・田沢湖線は普通列車と秋田新幹線が同一の線路上を走行しているため、大規模な増発をするも単線路線の列車の行き違いの都合で乗車時間が集中してしまう。また、大曲駅隣接の駅では一応電車は停車するものの、始発駅から大曲駅まで誰も降りない満員状態のため、危険防止もあり車掌から次の列車に乗る様指示されることもある。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見たNHK衛星第2テレビジョン

    毎年、NHKの衛星放送で生放送されている。BSアナログハイビジョン時代の1998年(平成10年)から夏の特集「日本の祭」シリーズの一つとして生中継され(2000年(平成12年)は録画放送のみ)、後日、BS2でも再放送されていた(地域によっては総合テレビで深夜に放送することもあった)。BSデジタル放送開始後の2001年(平成13年)からはBSデジタルハイビジョンでも同時中継している(BSアナログハイビジョンでは2007年(平成19年)をもって終了)。また、2〜3週遅れの金曜夜19:30〜20:43に秋田局ローカル(場合により東北6県ブロックネット)の『あきたスペシャル』(2006年(平成18年)・2007年(平成19年)は『ワンダフル東北』(東北ブロックネット))で73分の短縮放送で再度放送されている。2010年(平成22年)は8月28日にBSハイビジョンで生中継し、翌29日には海外向けにNHKワールド・プレミアムを通じ、15:15〜18:00(JST)に録画放送を行った。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た腹巻

    つつどん - 打ち上げ筒がモチーフ。オヤジキャラをイメージしており、腰に腹巻をしている。身長約140cm・体重約40kg。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国花火競技大会

    全国花火競技大会から見た渋滞

    車での来客は秋田県内からが最も多く、次いで宮城県・青森県・岩手県の順になっている(2009年(平成21年))。大仙市大曲地区から半径50キロメートル圏内の主要道路ではすべてが黄色点滅信号になっているが、大会終了後は大仙市大曲地区から秋田市中心部まで約50キロメートル(国道13号経由)が最大5時間という渋滞が起こる。駐車場も通常の駐車容量では収まりきれないため大会関係者が用意する臨時駐車場、オートキャンプ場、一部の道路(通常は駐車禁止)、また民家でも臨時駐車場を設けるところがあるが間に合ってはいない。このため2004年(平成16年)からパーク&バスライド方式を採用し、横手市方面からの渋滞を防ぐことも行う試験を行ったり毎年地元の秋田放送、秋田テレビ、NHK秋田放送局、FM秋田と日本道路交通情報センター秋田情報センターでは渋滞対策に関する呼びかけラジオCMなどを毎年、1週間前から流している。全国花火競技大会 フレッシュアイペディアより)

115件中 81 - 90件表示

「大曲の花火」のニューストピックワード