82件中 11 - 20件表示
  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た五木ひろし

    ひびきは鼻をさわりながら「プンプン」と言うギャグがある、五木ひろしの物真似でも有名。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た三浦大輔三浦 大輔

    だみ声で非常にねちっこいしゃべりを得意としている。後述のようにネタやギャグの宝庫であり、ピンでの仕事も多い。しかし、そのギャグもひびきのツッコミがあってこその面があり、やはり二人揃った時の面白さは格別である。漫才が天職である彼は、1985年に海原さおりと結婚し、二女をもうける。長女は静岡第一テレビのアナウンサー・西山加朱紗。横浜DeNAベイスターズ(エースの三浦大輔とも親交がある)・ガンバ大阪のファンでもある。本名で漫才作家としても活動しており、さおり・しおりのネタの脚本を手掛けている。また、声帯模写も得意としている(藤山寛美、上田吉二郎、常田富士男等)。競馬についても造詣が深い。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た岡村隆史

    その後、2005年1月8日、フジテレビ系の人気バラエティ番組『めちゃ²イケてるッ!』内でナインティナインの岡村隆史が番組内で「チッチキチー」や「往生しまっせ」を頻繁に使用し、全国的にギャグとして定着した。同年2月19日・26日には同番組の人気企画「第8回笑わず嫌い王決定戦」に出演した。なお、こだまは親指に貼る「チッチキチーシール」なるものを所持しており、ゲスト出演した番組の司会者によく渡している。とくに明石家さんまはもらった際に「チッチキチーシールだ?!!」と子どものようにはしゃいで喜んでいた。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たオール阪神・巨人

    大木こだまはもともと、大木こだま・ひかりとして1974年にコンビ結成(オール阪神・巨人よりも結成が早かったことになる)。屋号である「大木」は、身長が高いことに由来する。漫才ブーム当時、『お笑いスター誕生!!』で10週勝ち抜きグランプリを獲得したが、ひかりの不祥事(薬物使用) によりグランプリを剥奪されコンビも断絶。(漫才版「砂の器」(by 里見まさと))大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たダウンタウン (お笑いコンビ)

    大阪弁(北摂弁)で「そんな人いないでしょう」。初出は元相方の大木ひかりを尋ねられた時。他にも主に島田紳助やダウンタウンが借用しており、大木こだま・ひびきの代名詞ともなっているネタである。こだまが、自分の見た変わった人についての話をしたのをうけて、ひびきが似たような話をした時、こだまが肩透かしをするような形で言う。年々、言い方がねちっこくなってきている。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たサザンオールスターズ

    2005年に、サザンオールスターズのライブツアー『みんなが好きです!!』で、MC中に原由子が恥ずかしそうに「チッチキチー」を披露した。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た明石家さんま

    その後、2005年1月8日、フジテレビ系の人気バラエティ番組『めちゃ²イケてるッ!』内でナインティナインの岡村隆史が番組内で「チッチキチー」や「往生しまっせ」を頻繁に使用し、全国的にギャグとして定着した。同年2月19日・26日には同番組の人気企画「第8回笑わず嫌い王決定戦」に出演した。なお、こだまは親指に貼る「チッチキチーシール」なるものを所持しており、ゲスト出演した番組の司会者によく渡している。とくに明石家さんまはもらった際に「チッチキチーシールだ?!!」と子どものようにはしゃいで喜んでいた。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た小島よしお小島 よしお

    小島よしおがブレイクした頃にはパターンを変えると言い「そんなのチッチキチー」と拳を振り下げてから親指を突き出すパターンもあった。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たフジテレビジョン

    その後、2005年1月8日、フジテレビ系の人気バラエティ番組『めちゃ²イケてるッ!』内でナインティナインの岡村隆史が番組内で「チッチキチー」や「往生しまっせ」を頻繁に使用し、全国的にギャグとして定着した。同年2月19日・26日には同番組の人気企画「第8回笑わず嫌い王決定戦」に出演した。なお、こだまは親指に貼る「チッチキチーシール」なるものを所持しており、ゲスト出演した番組の司会者によく渡している。とくに明石家さんまはもらった際に「チッチキチーシールだ?!!」と子どものようにはしゃいで喜んでいた。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た日本テレビ放送網

    「チッチキチー」という言葉は、日本テレビ系のバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』にて料理を食べてコメントをする役で出演した際に誕生した。一度にたくさんの店をまわったため、最後のほうでは満腹になってしまい、コメントを求められた際に的確なコメントができず思わず発した言葉である(※)。但し、別の番組では「その時食べたラーメンが何の特徴もない味だったので、コメントに困って言った」とも言っている。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

82件中 11 - 20件表示

「大木こだま・ひびき」のニューストピックワード