96件中 21 - 30件表示
  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た日本テレビ放送網

    「チッチキチー」という言葉は、日本テレビ系のバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』にて料理を食べてコメントをする役で出演した際に誕生した。一度にたくさんの店をまわったため、最後のほうでは満腹になってしまい、コメントを求められた際に的確なコメントができず思わず発した言葉である。但し、別の番組では「その時食べたラーメンが何の特徴もない味だったので、コメントに困って言った」とも言っている。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たフジテレビジョン

    その後、2005年1月8日、フジテレビ系の人気バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』内でナインティナインの岡村隆史が番組内で「チッチキチー」や「往生しまっせ」を頻繁に使用し、全国的にギャグとして定着した。同年2月19日・26日には同番組の人気企画「第8回笑わず嫌い王決定戦」に出演した。なお、こだまは親指に貼る「チッチキチーシール」なるものを所持しており、ゲスト出演した番組の司会者によく渡している。とくに明石家さんまはもらった際に「チッチキチーシールだ〜!!」と子どものようにはしゃいで喜んでいた。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たテレビ朝日

    1981年 テレビ朝日 ザ・テレビ演芸 3週勝ち抜きチャンピオン大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た吉本興業

    大木こだま・ひびき(おおきこだま・ひびき)は日本の漫才コンビ。1981年5月にコンビ結成。所属事務所は当初はファースト企画であったが、1983年に吉本興業(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー)へ移籍し、現在に至る。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た西山加朱紗

    1985年に海原さおりと結婚し、二女をもうける。長女はフリーアナウンサー(元静岡第一テレビ)・西山加朱紗。次女はテレビ新広島のアナウンサー・西山穂乃加。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た藤山寛美

    本名で漫才作家としても活動しており、海原さおり・しおりのネタの脚本を手掛けていた。また、声帯模写も得意としている(中田カウス・ボタン、藤山寛美、上田吉二郎、常田富士男等)。競馬についても造詣が深い。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た常田富士男

    本名で漫才作家としても活動しており、海原さおり・しおりのネタの脚本を手掛けていた。また、声帯模写も得意としている(中田カウス・ボタン、藤山寛美、上田吉二郎、常田富士男等)。競馬についても造詣が深い。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た上田吉二郎

    本名で漫才作家としても活動しており、海原さおり・しおりのネタの脚本を手掛けていた。また、声帯模写も得意としている(中田カウス・ボタン、藤山寛美、上田吉二郎、常田富士男等)。競馬についても造詣が深い。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た島田紳助・松本竜介

    また、島田紳助は日本テレビ系の『謎を解け!まさかのミステリー』で「そんな奴おら(へ)んやろ(orおらんがな〜)」を使用したのをきっかけに『行列のできる法律相談所』でもこだまがゲスト出演するまでしょっちゅうネタにしていた。これは、昔NHK上方漫才コンテストの優勝で感涙にむせぶこだま(こだま・ひかり)に向かって、紳竜の優勝を周囲に公言していた紳助が悔しさのあまり「泣くな、ボケ」と暴言を吐いた事を、27年越しに本人にお詫びしたい気持ちから言っていたもの(「第34回上方お笑い大賞」のこだまひびきに対する応援メッセージより)。だが、当のこだまは紳助が苛立ちのあまり花束を床にたたき付けたのを見て「なんでこいつ、こんなに自信満々なんやろ?」と興味を持ち、それから紳竜の漫才に注目していたという。なお『行列のできる法律相談所』(2005年7月3日)、フジテレビ系の『クイズ!ヘキサゴン』(2005年8月17日)にはこだまが登場しており、その後も紳助の番組に時々出演している。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た中田ダイマル・ラケット

    1975年に歌手志望東俳タレント養成所に入るも断念し、気晴らしで京都花月の舞台を見に行く。そこで見た中田ダイマル・ラケットの漫才に衝撃を受け、同年11月にダイマル・ラケットの弟子の中田アップ門下で、松竹芸能から中田ネオン・サインの中田ネオンとしてデビュー(つまりダイマル・ラケットの孫弟子にあたる)。翌年解散後、1977年12月に秦欣嗣(古都ころん)と共に古都からん・ころんの古都からんとして活動。1980年に第10回NHK上方漫才コンテスト最優秀話術賞を受賞した。解散後、大木こだま・ひかりを解散して相方を募集していた大木こだまとコンビを組み現在に至る。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

96件中 21 - 30件表示

「大木こだま・ひびき」のニューストピックワード