82件中 21 - 30件表示
  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たテレビ朝日

    1981年 テレビ朝日 ザ・テレビ演芸 3週勝ち抜きチャンピオン大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たつばさ・きよし

    大木つばさ(「つばさ・きよし」)大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た島田紳助・松本竜介

    また、島田紳助は日本テレビ系の『謎を解け!まさかのミステリー』で「そんな奴おら(へ)んやろ(orおらんがな?)」を使用したのをきっかけに『行列のできる法律相談所』でもこだまがゲスト出演するまでしょっちゅうネタにしていた。これは、昔NHKの上方漫才コンテストの優勝で感涙にむせぶこだま(こだま・ひかり)に向かって、紳竜の優勝を周囲に公言していた紳助が悔しさのあまり「泣くな、ボケ」と暴言を吐いた事を、27年越しに本人にお詫びしたい気持ちから言っていたもの(「第34回上方お笑い大賞」のこだまひびきに対する応援メッセージより)。だが、当のこだまは紳助が苛立ちのあまり花束を床にたたき付けたのを見て「なんでこいつ、こんなに自信満々なんやろ?」と興味を持ち、それから紳竜の漫才に注目していたという。なお『行列のできる法律相談所』(2005年7月3日)、フジテレビ系の『クイズ!ヘキサゴン』(2005年8月17日)にはこだまが登場しており、その後も紳助の番組に時々出演している。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た西山加朱紗

    だみ声で非常にねちっこいしゃべりを得意としている。後述のようにネタやギャグの宝庫であり、ピンでの仕事も多い。しかし、そのギャグもひびきのツッコミがあってこその面があり、やはり二人揃った時の面白さは格別である。漫才が天職である彼は、1985年に海原さおりと結婚し、二女をもうける。長女は静岡第一テレビのアナウンサー・西山加朱紗。横浜DeNAベイスターズ(エースの三浦大輔とも親交がある)・ガンバ大阪のファンでもある。本名で漫才作家としても活動しており、さおり・しおりのネタの脚本を手掛けている。また、声帯模写も得意としている(藤山寛美、上田吉二郎、常田富士男等)。競馬についても造詣が深い。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た人生幸朗・生恵幸子

    漫才の話術がすこぶる優れた、今や大御所正統派しゃべくり漫才コンビであり、あの横山やすしにも絶賛されていた。人生幸朗ばりのぼやきや、庶民の暮らしをネタにしたりと、ネタの数は非常に多く、固定ファンが多い。職人肌の、アンチファンが少ないコンビでもあり、玄人筋の評価も高い。またボケ・ツッコミ担当と一応役割が分かれてはいるものの、漫才の形式としては珍しく、こだまのボケに対してひびきがつっこみ、それに更にこだまが一種の屁理屈のようなボケでつっこみ返すというパターンを持っている。その際に必ず交わされるネタ(後述)もあり、ワンパターンさを味方につけたベテランとの評価を不動にて久しい。コンビ名の由来は、ともに新幹線開業前に東海道線を走った特急列車の名前(こだま・ひびき)から。「ひびき」は準急型電車で、「こだま」の混雑を補完する目的で運転されていた。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た中田ダイマル・ラケット

    元は歌手志望で「全日本歌謡選手権」の滋賀予選に応募し落選した事がある。1975年に歌手志望東俳タレント養成所に入るも断念し、気晴らしで京都花月の舞台を見に行く、そこで見た中田ダイマル・ラケットの漫才に衝撃を受け、同年11月に中田ダイマル・ラケットの弟子の中田アップ門下で、中田ネオン・サインのネオンとしてデビュー(つまり中田ダイマル・ラケットの孫弟子にあたる)。翌年解散後、1977年12月に古都からん・ころんのからんとして活動。1979年に第10回NHK上方漫才コンテスト最優秀話術賞を受賞した。解散後、同じく大木こだま・ひかりを解散して相方を募集していた大木こだまとコンビを組み現在に至る。独身。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た漫才ブーム

    大木こだまはもともと、大木こだま・ひかりとして1974年にコンビ結成(オール阪神・巨人よりも結成が早かったことになる)。屋号である「大木」は、身長が高いことに由来する。漫才ブーム当時、『お笑いスター誕生!!』で10週勝ち抜きグランプリを獲得したが、ひかりの不祥事(薬物使用) によりグランプリを剥奪されコンビも断絶。(漫才版「砂の器」(by 里見まさと))大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た香川登枝緒

    香川登枝緒(こだまひかりを、「第二のいとしこいし」と嘱望していた)大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た中田アップ

    元は歌手志望で「全日本歌謡選手権」の滋賀予選に応募し落選した事がある。1975年に歌手志望東俳タレント養成所に入るも断念し、気晴らしで京都花月の舞台を見に行く、そこで見た中田ダイマル・ラケットの漫才に衝撃を受け、同年11月に中田ダイマル・ラケットの弟子の中田アップ門下で、中田ネオン・サインのネオンとしてデビュー(つまり中田ダイマル・ラケットの孫弟子にあたる)。翌年解散後、1977年12月に古都からん・ころんのからんとして活動。1979年に第10回NHK上方漫才コンテスト最優秀話術賞を受賞した。解散後、同じく大木こだま・ひかりを解散して相方を募集していた大木こだまとコンビを組み現在に至る。独身。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たガンバ大阪

    だみ声で非常にねちっこいしゃべりを得意としている。後述のようにネタやギャグの宝庫であり、ピンでの仕事も多い。しかし、そのギャグもひびきのツッコミがあってこその面があり、やはり二人揃った時の面白さは格別である。漫才が天職である彼は、1985年に海原さおりと結婚し、二女をもうける。長女は静岡第一テレビのアナウンサー・西山加朱紗。横浜DeNAベイスターズ(エースの三浦大輔とも親交がある)・ガンバ大阪のファンでもある。本名で漫才作家としても活動しており、さおり・しおりのネタの脚本を手掛けている。また、声帯模写も得意としている(藤山寛美、上田吉二郎、常田富士男等)。競馬についても造詣が深い。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

82件中 21 - 30件表示

「大木こだま・ひびき」のニューストピックワード