96件中 51 - 60件表示
  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たケーエープロダクション

    建設会社人事課を経て、1974年に、ケーエープロダクションから吉田正純(大木ひかり)と大木こだま・ひかりを結成。1978年に第8回NHK上方漫才コンテストに最優秀話術賞を受賞し、漫才ブーム当時、『お笑いスター誕生!!』で10週勝ち抜きグランプリを獲得したが、ひかりの不祥事(薬物使用) によりグランプリを剥奪され1981年初旬にコンビも断絶する。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た大阪放送

    (大木こだま)ラジオよしもと すこぶる元気!(ラジオ大阪大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た劇団東俳

    1975年に歌手志望東俳タレント養成所に入るも断念し、気晴らしで京都花月の舞台を見に行く。そこで見た中田ダイマル・ラケットの漫才に衝撃を受け、同年11月にダイマル・ラケットの弟子の中田アップ門下で、松竹芸能から中田ネオン・サインの中田ネオンとしてデビュー(つまりダイマル・ラケットの孫弟子にあたる)。翌年解散後、1977年12月に秦欣嗣(古都ころん)と共に古都からん・ころんの古都からんとして活動。1980年に第10回NHK上方漫才コンテスト最優秀話術賞を受賞した。解散後、大木こだま・ひかりを解散して相方を募集していた大木こだまとコンビを組み現在に至る。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たニッポン放送

    2006年1月5日にはニッポン放送系の深夜番組「オールナイトニッポン」を担当した(本来のレギュラーはナインティナイン)。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たNHK上方漫才コンテスト

    建設会社人事課を経て、1974年に、ケーエープロダクションから吉田正純(大木ひかり)と大木こだま・ひかりを結成。1978年に第8回NHK上方漫才コンテストに最優秀話術賞を受賞し、漫才ブーム当時、『お笑いスター誕生!!』で10週勝ち抜きグランプリを獲得したが、ひかりの不祥事(薬物使用) によりグランプリを剥奪され1981年初旬にコンビも断絶する。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たABO式血液型

    大阪府吹田市出身。B型。尊敬する芸人は中田カウス。身長175cm、体重68kg。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たこだま (列車)

    正統派しゃべくり漫才コンビであり、あの横山やすしにも絶賛されていた。人生幸朗ばりのぼやきや、庶民の暮らしをネタにしたりと、ネタの数は多い。またボケ・ツッコミ担当と一応役割が分かれてはいるものの、漫才の形式としては珍しく、こだまのボケに対してひびきがつっこみ、それに更にこだまが一種の屁理屈のようなボケでつっこみ返すというパターンを持っている。コンビ名の由来は、ともに新幹線開業前に東海道線を走った特急列車の名前(こだま・ひびき)から。「ひびき」は準急型電車で、「こだま」の混雑を補完する目的で運転されていた。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見たうめだ花月

    吉本移籍後の初舞台は、1983年6月うめだ花月上席の「フレッシュコーナー」で踏む。大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た今宮子供えびすマンザイ新人コンクール

    1981年 第2回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 福笑い大賞大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

  • 大木こだま・ひびき

    大木こだま・ひびきから見た大阪物語 (1999年の映画)

    (大木ひびき)「大阪物語」(1999)大木こだま・ひびき フレッシュアイペディアより)

96件中 51 - 60件表示

「大木こだま・ひびき」のニューストピックワード