前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
252件中 1 - 10件表示
  • クイズまるごと大集合

    クイズまるごと大集合から見た大橋巨泉大橋巨泉

    『クイズまるごと大集合』(クイズまるごとだいしゅうごう)は、1987年春から1991年春までTBS系列局で、同系列のテレビ番組・新番組の宣伝を兼ねた期末期首特番として放送されたTBS製作の番組対抗の大型クイズ番組である。また、TBSでクイズ番組の司会者を2番組担当していた大橋巨泉(『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』)と関口宏(『クイズ100人に聞きました』『わくわく動物ランド』)がメイン司会者で、ビートたけしはサブ司会者であった。オープニングナレーション、賞金賞品の紹介、ルール説明など「クイズ100人に聞きました」の屋根裏アナウンサーである橋本テツヤが務めた。クイズまるごと大集合 フレッシュアイペディアより)

  • タモリ

    タモリから見た大橋巨泉大橋巨泉

    早稲田大学第二文学部部西洋哲学専修在学中はモダン・ジャズ研究会に在籍し、トランペットを演奏。同期に増尾好秋、1年先輩には鈴木良雄らがいた。しかし「マイルス・デイヴィスのラッパは泣いているが、お前のラッパは笑っている」などの批評を受け、トランペットは3日でクビ、代わってマネージャー・司会を担当することになった。この事は後の話芸の基礎ともなった。その後、学生バンドの司会としてTBSラジオの番組「大学対抗バンド合戦」に出演し、MCの大橋巨泉からその才能を認められている。タモリ フレッシュアイペディアより)

  • クイズダービー

    クイズダービーから見た大橋巨泉大橋巨泉

    元々この枠では、大橋巨泉の司会で、同じくロート製薬の一社提供番組だった『お笑い頭の体操』が1968年2月から1975年12月まで放送されていたがリニューアルされることになり、このとき巨泉の競馬好きから、かつて巨泉がカナダで見たクイズ解答者を馬に見立て賭けを行い高得点を競う競馬形式のクイズ番組『セレブリティ・ステークス』を模倣した番組が企画された(詳細はルールの変遷を参照)。その『セレブリティ・ステークス』は巨泉の話によれば「非常に短命で、1年も続かなかった」というが、この番組はルールはもとより、司会者と解答者とのやりとり、ギャンブルのスリルを味わえることが受けて人気番組になった。なお、巨泉が自らの趣味を番組の内容に反映させた例としては、毎日放送(MBS)の『世界まるごとHOWマッチ』(1983年-1990年)でゴルフのルールが取り入れられていたことなどがある。クイズダービー フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング

    クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニングから見た大橋巨泉大橋巨泉

    2006年11月15日の放送で、大橋巨泉が高齢のためか解答席には座らず代わりに西川のりおが座ることになり、大橋巨泉は問題のボタンのみを押すことになった。結局、1問目は不正解し、2問目に正解した。クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング フレッシュアイペディアより)

  • イースト (テレビ制作会社)

    イースト (テレビ制作会社)から見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉やビートたけしとの関係が強い。イースト (テレビ制作会社) フレッシュアイペディアより)

  • はらたいら

    はらたいらから見た大橋巨泉大橋巨泉

    2006年11月10日、肝臓ガンのため埼玉県富士見市の病院で死去。享年63。当初の死因は肝不全と伝えられたが、2006年9月に検査入院した際にもともと肝硬変であった上に末期ガンであったことが判明したという。はらは生前、大の酒好きで知られていたため、訃報に接した大橋巨泉は「飲み過ぎたのかな」と語った。戒名は曼照院智徳道晃居士。はらの妻・ちず子が葬儀後に語ったところによると、はら自身は亡くなる前、医師の忠告を無視して酒を飲み続けた末の63歳の死について「不服はない。本望だ」と言っていたという。はらたいら フレッシュアイペディアより)

  • 巨泉のこんなモノいらない!?

    巨泉のこんなモノいらない!?から見た大橋巨泉大橋巨泉

    『巨泉のこんなモノいらない!?』(きょせんのこんなモノいらない)は、日本テレビ系列(一部の系列局を除く)他で放送されたトークを交えたバラエティ番組で、大橋巨泉の冠番組でもある。制作局の日本テレビでは1987年10月4日から1989年9月24日まで、毎週日曜 21:00 - 21:54 (JST) に放送。巨泉のこんなモノいらない!? フレッシュアイペディアより)

  • 新政局懇談会

    新政局懇談会から見た大橋巨泉大橋巨泉

    2002年(平成14年)、旧社会党及び旧総評系労組出身者を中心に、大橋巨泉や生方幸夫ら非労組のリベラルな思想を持つ議員もメンバーに加え、横路を会長、赤松広隆、鉢呂吉雄、斎藤勁、大橋らを世話人として再発足した。菅グループや平岡・近藤グループとは同一歩調を取ることが多く、小沢グループとも国連待機軍構想で合意に至るなど安全保障政策等で共同研究を行っていることや、輿石東が親小沢の代表的人物として知られるなど、他のグループにも割に協調することが多い。しかし、タカ派の前原グループや党内保守系の鳩山グループ、羽田グループ、かつての宿敵旧民社党系の川端グループなどとは対立することが少なくない。新政局懇談会 フレッシュアイペディアより)

  • 景山民夫

    景山民夫から見た大橋巨泉大橋巨泉

    その後、この強烈なマスコミ批判が敬遠され、相次いで連載が打ち切りになった。それまでは親しい関係にあった高田文夫や小林信彦、ビートたけし、内藤陳、大橋巨泉なども景山と距離をおくようになる。そんな景山を、小林信彦は、「宗教に入ってからも、マスコミ人景山民夫はテレビやラジオに出、いろいろとサービスをしていた。使い分けをするつもりだったのだろうが、本心は宗教にあったとぼくは思う」(『人生は五十一才から』)と推察している。景山民夫 フレッシュアイペディアより)

  • オトナのJAZZ TIME

    オトナのJAZZ TIMEから見た大橋巨泉大橋巨泉

    石原慎太郎、犬塚弘、大橋巨泉、谷啓、ペギー葉山らのリクエストが読まれたように、著名人・業界人の固定ファンが多い事でも知られる。オトナのJAZZ TIME フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
252件中 1 - 10件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード