前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
293件中 1 - 10件表示
  • クイズダービー

    クイズダービーから見た大橋巨泉大橋巨泉

    元々この枠では、大橋巨泉の司会で、同じくロート製薬の一社提供番組だった『お笑い頭の体操』が1968年2月から1975年12月まで放送されていたが、リニューアルされる事になり、この時に巨泉の競馬好きから、かつて巨泉がカナダで見たクイズ解答者を馬に見立て賭けを行い高得点を競う競馬形式のクイズ番組『セレブリティ・ステークス』を模倣した番組が企画された。その『セレブリティ・ステークス』は巨泉の話によれば「非常に短命で、1年も続かなかった」というが、この番組はルールはもとより、司会者と解答者とのやりとり、ギャンブルのスリルを味わえることがうけて人気番組になった。なお、巨泉が自らの趣味を番組の内容に反映させた例としては、毎日放送(MBS)の『世界まるごとHOWマッチ』(1983年?1990年)でゴルフのルールが取り入れられていたこと等がある。クイズダービー フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た大橋巨泉大橋巨泉

    2016年6月27日の放送を以って「六輔七転八倒九十分」が終了し、全レギュラー番組を降板した。2016年7月7日午後1時57分に、東京都内の自宅にて死去していたことが同月11日に発表された。。永の死の5日後に、大橋巨泉も82歳で死去している。医師によると「死因は肺炎とするが、老衰と言っていい状況」で穏やかな最期だったという。葬儀・告別式は実家の最尊寺で7月11日、近親者で行った。8月30日に青山葬儀所でお別れの会が行われ、同日に赤坂BLITZでファン参加型のお別れの会「ばらえてぃ 永六輔を送りまSHOW」が昼夜2回催された。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング

    クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニングから見た大橋巨泉大橋巨泉

    2006年11月15日の放送で、大橋巨泉が高齢のためか解答席には座らず代わりに西川のりおが座ることになり、大橋巨泉は問題のボタンのみを押すことになった。結局、1問目は不正解し、2問目に正解した。クイズ!ヘキサゴンIIの備考欄・ハプニング フレッシュアイペディアより)

  • イースト (テレビ制作会社)

    イースト (テレビ制作会社)から見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉やビートたけしとの関係が強い。イースト (テレビ制作会社) フレッシュアイペディアより)

  • オトナのJAZZ TIME

    オトナのJAZZ TIMEから見た大橋巨泉大橋巨泉

    石原慎太郎、犬塚弘、大橋巨泉、谷啓、ペギー葉山らのリクエストが読まれたように、著名人・業界人の固定ファンが多い事でも知られる。オトナのJAZZ TIME フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ウィルソン

    チャック・ウィルソンから見た大橋巨泉大橋巨泉

    また、毎日放送(MBS)のクイズ番組「世界まるごとHOWマッチ」にレギュラー解答者として出演(同番組には「クラーク・ハッチ健康管理センター所属」という肩書きで出演していた)。風貌や体格に似合わず、毎回安い金額で回答するため、司会者の大橋巨泉からはケント・ギルバートの「ネギルバート」と同様に「ケチャック」(ケチなチャックの略)と呼ばれるようになる。高い金額で回答した際には巨泉から「もうケチャックとは言わせない、チャック・ウィルソンさんの回答です」と茶化されていた。チャック・ウィルソン フレッシュアイペディアより)

  • 篠沢秀夫

    篠沢秀夫から見た大橋巨泉大橋巨泉

    篠沢の正解率は、3割2分7厘(平均正答数約2.6問)となっている。珍回答も多く、三択問題以外の自分で回答を考える問題ではしばしばとてつもなく外した答えを書き、しかも自信満々に笑顔で説明するため、説明を受けた司会の大橋巨泉は呆れていた。大橋巨泉にからかわれても、篠沢は「愉快ですね」と笑い飛ばして、たちまち人気者になった。篠沢は、「3割程度の正解率が上品」と語っていた。オッズは常に高めに設定(2枠回答者の次)されており、持ち点が少なくなった出場者が篠沢に賭けたり、賭けて失敗するケースも多く存在した。これを象徴する番組内の名文句として「篠沢教授に全部!」が有名である。篠沢秀夫 フレッシュアイペディアより)

  • はらたいら

    はらたいらから見た大橋巨泉大橋巨泉

    2006年11月10日、肝臓癌により、埼玉県富士見市の病院で死去。。当初の死因は肝不全と伝えられたが、2006年9月に検査入院した際に、元々肝硬変であった上に末期癌であったことが判明したという。はらは生前、大の酒好きで知られていたため、訃報に接した大橋巨泉は「飲み過ぎたのかな」と語った。戒名は曼照院智徳道晃居士。ちず子が葬儀後に語ったところによると、はら自身は亡くなる前、医師の忠告を無視して酒を飲み続けた末の63歳の死について「不服はない。本望だ」と言っていたという。はらたいら フレッシュアイペディアより)

  • 前田憲男

    前田憲男から見た大橋巨泉大橋巨泉

    大阪府出身。小学校教師であった父より、幼少より読譜を学ぶ。大阪府立桜塚高等学校卒業と同時に、プロのジャズピアニストとして活動を開始。ピアノ・指揮法とも独学で習得する。1955年に上京、以後、様々なバンドに参加する一方、数多くのテレビ番組のテーマ音楽を手がける。特に、テレビ番組で共演し、共に昭和9年生まれの芸能人の会「昭和九年会」のメンバーでもある大橋巨泉とは親交も深く、大橋の出演する番組のテーマ音楽の大半を手がけている。またビッグバンド向けのアレンジも数多く手がける他、東京フィルハーモニー交響楽団のポップス部門音楽監督として、編曲・指揮を担当している。前田憲男 フレッシュアイペディアより)

  • 1970年代の日本

    1970年代の日本から見た大橋巨泉大橋巨泉

    TBSで大橋巨泉司会のクイズ番組「クイズダービー」が放送開始1970年代の日本 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
293件中 1 - 10件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード

  • 始まってから大好きな番組でしたから一回は出たい出たいと事務所にアピールしてきました。

  • ドロ刑−警視庁捜査三課−

  • 先に進む