293件中 91 - 100件表示
  • 井原高忠

    井原高忠から見た大橋巨泉大橋巨泉

    1963年(昭和38年)、『夜をあなたに』でラジオ・テレビ記者会賞受賞。1965年(昭和40年)に『11PM』を企画し、不毛の時間帯であった深夜帯を開拓した。しかし、初期11は報道局所管となり、時事解説を中心とする内容だったため全く視聴率を取れなかった。このため構成作家として入った大橋巨泉が「何なら俺が変えてやる」と自ら出演を希望、井原はこれを受け入れ報道局を説得し全面リニューアルさせた。結果番組は大ブレイクし、井原退職後の1990年(平成2年)まで25年にわたり日本のテレビ界を代表する深夜番組として君臨するに至ったという逸話も残っている。1969年(昭和44年)には巨泉と前田武彦による『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』をプロデュースした。井原高忠 フレッシュアイペディアより)

  • 4・10月だョ!全員集合

    4・10月だョ!全員集合から見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉(『クイズダービー』司会)4・10月だョ!全員集合 フレッシュアイペディアより)

  • 少年時代

    少年時代から見た大橋巨泉大橋巨泉

    写真館の主人:大橋巨泉少年時代 フレッシュアイペディアより)

  • 世界まるごと2001年

    世界まるごと2001年から見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉 - スーパーバイザー兼務。世界まるごと2001年 フレッシュアイペディアより)

  • 時東 ぁみ

    時東ぁみから見た大橋巨泉大橋巨泉

    眼鏡にレンズを入れていない理由は、撮影等の際、光がレンズに反射するのを防ぐ為(大橋巨泉など、実際に実生活で眼鏡を使っている人物も同様の理由でテレビ出演等でレンズ無しの伊達眼鏡を使う者が多い)。縁なし眼鏡の場合は乱反射防止コーティングを施している。感激して溢れた涙をレンズの無い眼鏡の上から拭こうとした、等の失敗談もある。時東ぁみ フレッシュアイペディアより)

  • コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの

    コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネものから見た大橋巨泉大橋巨泉

    コージー冨田(誰よりも先に正解を言いたい大橋巨泉コサキン・天海の超発掘!ものまねバラエティー マネもの フレッシュアイペディアより)

  • 学校法人アテネ・フランセ

    学校法人アテネ・フランセから見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉(タレント、司会者、実業家、エッセイスト)学校法人アテネ・フランセ フレッシュアイペディアより)

  • ハイセイコー

    ハイセイコーから見た大橋巨泉大橋巨泉

    スプリングステークスの後、専門家の間でもハイセイコーに対する評価は二分した。赤木駿介は、弥生賞とスプリングステークスのレースぶりはともにぎこちなく、「怪物という異名にふさわしいものを感じさせなかった」評している。一方、当時競馬評論家として活動していた大橋巨泉は、弥生賞とスプリングステークスでのレースぶりを、中央競馬移籍に際し喧伝されていた「鋭い差し脚」や「並ぶ間もないスピード」は感じられず、その意味で「どうやらハイセイコーという馬は、われがわれが抱いていたイメージとは、やや違う馬のようであった」としつつ、「タイムも速くなく、それほど凄い脚もみせないが、いつも必ず勝つ」評し、「五冠王シンザンのイメージがオーバーラップしつつある」と述べた。これに対しシンザンの管理調教師であった武田文吾は、「どだいシンザンと比較するのが間違い。ハイセイコーはまだ1冠もとっていない。とれるかどうかもわからない状態だ。シンザンはすでに"5冠"を制しているのだ」と反論した。ハイセイコー フレッシュアイペディアより)

  • タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ

    タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチから見た大橋巨泉大橋巨泉

    「英語禁止」「日本語禁止」のホールでは、珍表現(例:「ナイス入り」、「大橋巨泉ギフトショップ(パットの時にかける「OK」の事)」など)やゴルフ用語を無理矢理日本語にした言い換え(例:1番ウッド→「1番木」、5番アイアン→「5番鉄」、バンカー→「砂場」など)が続出した。さんまはこのホールが大の苦手であり、逸見などの巧みな誘導により、それを複数回繰り返してペナルティーを重ねてしまったり、タモリ・たけしを誘導しようとして逆に自爆してしまい、相当なハンデとなっていた。また、たけしはさんまとは違い、誘導によるペナルティーや、他人への誘導により逆に自爆することはあまり無かったものの、誰も誘導していない関係ない場面で勝手に自爆し、ペナルディーを重ねてしまった。一方でタモリは「頭の中で考えてから喋ればいい」という持論のもと、殆ど自爆することはなく、ペナルティーを連発するさんま・たけしとは対照的であった。「英語禁止」は第一回から始まったが、さんまの「大活躍」による予想以上の盛り上がりとなり、以後番組の名物となった。タモリ・たけし・さんまBIG3 世紀のゴルフマッチ フレッシュアイペディアより)

  • THE・プレゼンター

    THE・プレゼンターから見た大橋巨泉大橋巨泉

    『ギミア・ぶれいく』の視聴率はそれほど悪くなかったものの、当時のTBS社長・磯崎洋三の「ツルの一声」によって企画された平日19時台のバラエティ番組ゾーン『ムーブ』の枠確保のため、『ギミア・ぶれいく』をはじめとするTBSのゴールデンタイム・プライムタイムの番組は一部を除いて打ち切りになった。その際に、『ギミア・ぶれいく』の企画者・スーパーバイザーである大橋巨泉が磯崎に番組存続を求める直談判を起こし、『ギミア・ぶれいく』の放送企画ならびに番組を視聴者に提供する役割の「プレゼンター」がいる設定を引き継ぐ枠として本枠が企画された。下記のプレゼンター・担当企画一覧の太字企画は、『ギミア・ぶれいく』からの継承企画である。THE・プレゼンター フレッシュアイペディアより)

293件中 91 - 100件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード

  • 始まってから大好きな番組でしたから一回は出たい出たいと事務所にアピールしてきました。

  • ドロ刑−警視庁捜査三課−

  • 先に進む