293件中 11 - 20件表示
  • 窓からコンチワ

    窓からコンチワから見た大橋巨泉大橋巨泉

    本作で徳念役を演じた大橋巨泉は、その後もこの土曜19:30枠で放送の『こりゃまた結構』や『お笑い頭の体操』に立て続けに出演。1990年3月31日に『クイズダービー』の司会を降板するまで23年にわたってこの時間帯の番組に出演し続けた。窓からコンチワ フレッシュアイペディアより)

  • 島田紳助

    島田紳助から見た大橋巨泉大橋巨泉

    多くの芸能人からは「紳助さん」「紳助師匠」と呼ばれていたが、同期の明石家さんまや和田アキ子、笑福亭鶴瓶、上岡龍太郎、坂田利夫、やしきたかじん、ビートたけし、間寛平、B&B(島田洋七・島田洋八)、タモリ、大橋巨泉、所ジョージなどの年上の著名人及び、年下の先輩の著名人からは「紳助」、山城新伍からは「紳助ちゃん」、オール巨人からは「紳ちゃん」、今田耕司や松本人志からは「紳助兄やん」と呼ばれていた。また、クイズ ヘキサゴン?では、「カシアス島田さん」、「カシアスさん」などと呼ばれることもあった。島田紳助 フレッシュアイペディアより)

  • 川村 ティナ

    川村ティナから見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉と共演したハウス食品のラーメン「本中華」のCMで人気を集める。川村ティナ フレッシュアイペディアより)

  • お笑い頭の体操

    お笑い頭の体操から見た大橋巨泉大橋巨泉

    毎回「創造力テスト」や「定義付けテスト」などのさまざまな「テスト」に解答者たちが挑戦するという内容。オープニングでは、解答者たちが穴の開いたパネルから顔を出し、各回のテーマに沿う小咄または司会の大橋巨泉との掛け合いをする「オープニングテスト」が行われていた。「名解答者」とされたメンバーにはテスト終了時に「ビッツラプレゼント」というご褒美が贈られ、月の家円鏡(後の8代目橘家圓蔵)がそれをお題にしたなぞかけを毎週披露していた。お笑い頭の体操 フレッシュアイペディアより)

  • 小林信彦

    小林信彦から見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉 - 「11PM」東京は当初は、月水が小島正雄、金が大橋巨泉だった。1968年に小島がなくなった際、小林に「後任を」という話があったが断ったため、巨泉が小島の曜日も担当することになった。小林信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 世界まるごとHOWマッチ

    世界まるごとHOWマッチから見た大橋巨泉大橋巨泉

    同じく世界の話題を扱ったフジテレビ『なるほど!ザ・ワールド』がリポーターによる世界への取材を行なったのに対し、本番組はリポーターを置かず、またスタジオでのトーク、司会の大橋巨泉と解答者のビートたけしの毒舌合戦が目玉の一つだった。世界まるごとHOWマッチ フレッシュアイペディアより)

  • 愛川 欽也

    愛川欽也から見た大橋巨泉大橋巨泉

    1971年より深夜番組『パックインミュージック』でパーソナリティとなり、若者を中心に人気を得る。このときより、「キンキン」の愛称が一般に定着した。深夜番組『11PM』の司会を大橋巨泉とともに1974年から1986年3月まで長年にわたり務め、司会者としての人気を確固たるものにした。愛川欽也 フレッシュアイペディアより)

  • 1976年

    1976年から見た大橋巨泉大橋巨泉

    1月3日 - 大橋巨泉司会の「クイズダービー」(TBS)放送開始(1992年12月19日終了)。1976年 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊現代

    週刊現代から見た大橋巨泉大橋巨泉

    2006年春に誌面リニューアル。表紙を一新し、ヌードグラビアを自主規制した。その際大橋巨泉の「内遊外歓」など多数の連載が唐突に打ち切られ、「内遊外歓」の最終回ではその事情が明かされた。(巨泉は加藤が週刊現代を去った2008年10月から新たな連載をスタートさせている)週刊現代 フレッシュアイペディアより)

  • パイロットコーポレーション

    パイロットコーポレーションから見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉(当時35歳)のアドリブ台詞「ミジカビノ キャプリキトレバ スギチヨビレ スギカキスラノ ハッパフミフミ」で記憶されるテレビコマーシャルも有名。なお、大橋の台詞にはテイク2バージョンとして「スギシビノ ホネノスネニテ ハギリテラ スラリペラペラ ハッパノニノニ。『ノニノニ』ッテナァ、良クナイネコリャヤッパリ。『フミフミ』ダロウネェ」もある。パイロットコーポレーション フレッシュアイペディアより)

293件中 11 - 20件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード