252件中 21 - 30件表示
  • モード・ルイス

    モード・ルイスから見た大橋巨泉大橋巨泉

    2007年11月27日の「開運!なんでも鑑定団」において、大橋巨泉がモード・ルイスの作品を持参した(鑑定額は100万円)。大橋巨泉がモード・ルイスの絵に一目ぼれし入手に至るまでの経緯と共に、モード・ルイスを紹介するVTRが放映された。モード・ルイス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ギャスライト

    ジョン・ギャスライトから見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉、北野大、関口宏、小堺一機、関根勤と交友が深く、特に巨泉・関口司会の番組にゲスト出演することが多い。ジョン・ギャスライト フレッシュアイペディアより)

  • 長田新 (アナウンサー)

    長田新 (アナウンサー)から見た大橋巨泉大橋巨泉

    長田 新(おさだ・しん、1960年10月30日- )は日本のアナウンサー、レポーター。声優。タレント。千葉県松戸市出身。獨協大学外国語学部卒業後、宮崎放送アナウンサーを経て、フリー。株式会社オーケープロダクション(旧・大橋巨泉事務所)所属。東京アナウンスセミナー・東京アナウンス学院・オスカーアナウンス学院・バンタン芸術学院講師。長田新 (アナウンサー) フレッシュアイペディアより)

  • 大橋克巳

    大橋克巳から見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋克巳 フレッシュアイペディアより)

  • 夜はスッポン

    夜はスッポンから見た大橋巨泉大橋巨泉

    番組が時折一部の出演者によるものまね大会状態になることがあった。中でも沢田幸二の大橋巨泉、中島浩二のドラえもん、コンバット満のトレイシー・ローズはほぼ毎回のように披露されていた。夜はスッポン フレッシュアイペディアより)

  • 沢口義明

    沢口義明から見た大橋巨泉大橋巨泉

    1974年から大橋巨泉事務所に所属。放送作家とプロデューサーを兼務。沢口義明 フレッシュアイペディアより)

  • 新春グランド歌合戦

    新春グランド歌合戦から見た大橋巨泉大橋巨泉

    毎週の一般参加者が、新年に因んだ曲を歌っていく方式。紅組、白組にわかれて戦う形式であり、最終的に得点の多い人がチャンピオンとなる。しかし1ヶ月間で番組は終了。後番組は大橋巨泉が司会を務める「お笑い頭の体操」となるが、再びロート製薬の一社提供になる。新春グランド歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 昨日のつづき

    昨日のつづきから見た大橋巨泉大橋巨泉

    昨日のつづき(きのうのつづき)は、ラジオ関東(現:ラジオ日本)で1959年7月6日(開局前夜祭にはじまったという説もある)から1971年まで放送されたラジオ番組。パーソナリティは前田武彦・永六輔(途中から永六輔に代わって大橋巨泉)など。台本なしでトークを進めるラジオ番組であった。昨日のつづき フレッシュアイペディアより)

  • 黒木憲

    黒木憲から見た大橋巨泉大橋巨泉

    東京都出身。明治大学政経学部を中退し、1966年に大橋巨泉の紹介で東芝レコードのオーディションを受け合格し、翌年「夜の東京の片隅で」で歌手デビュー。1968年には「霧にむせぶ夜」が大ヒットした。黒木憲 フレッシュアイペディアより)

  • 原田俊太郎

    原田俊太郎から見た大橋巨泉大橋巨泉

    1976年11月、原田と同じくメランコリー・キャッツのメンバーだったギタリストの安藤正容、明治大学軽音楽クラブ内のジャズ・ビッグバンド・明治大学ビッグサウンズソサエティーオーケストラのメンバーだったキーボーディストの袴塚淳、それに安藤と1973年以来共演しているベーシストの中村裕二とTHE SQUARE(現T-SQUARE)を結成した。その後4ビートを志しスクェアを退団、阿川泰子のバックバンドのドラマーとなる。1978年明治大学を卒業。杉原淳とニュー・サラブレッツに参加して、大橋巨泉が司会を務める『11PM』に5年間出演。その後はセッション、自らのグループでの演奏、プロデュース業で活動。プロデューサーとしては斉藤こず恵のプロデュースを手がけている。原田俊太郎 フレッシュアイペディアより)

252件中 21 - 30件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード