293件中 61 - 70件表示
  • ヤン・スエ

    ヤン・スエから見た大橋巨泉大橋巨泉

    『闘え!ドラゴン』に殺し屋として、香港のタイガーバーム・ガーデンで死闘を演じたのを皮切りに、『Gメン'75』の香港空手シリーズでは、倉田保昭・伊吹剛・宮内洋らGメンの宿敵として、役名を替えながらゲスト出演してきた。悪の組織(香港チャイニーズコネクション、香港コネクション、香港ギャング、他多数)の用心棒役といえばスエである。晩期エピソードである第319-320話「香港カラテ対北京原人」では金剛拳という拳法を駆使し火を噴いていた。オファーは旧知の仲である、倉田の誘いによるもの。日本語が全く分からず、撮影中は通訳も兼ねていた倉田の後をついて歩いていた。香港ロケはスエの手配によってスムーズに進み、Gメンのスタッフはスエの現地での実力を痛感した。宣伝を兼ねて、TBSの『クイズダービー』に倉田とコンビで賭ける側として出演した時、司会の大橋巨泉から「隣の人はどなたです?」と紹介を促された倉田が「彼は香港の殺し屋です」と役柄のまま紹介し、スエが苦笑いするという場面があった。ヤン・スエ フレッシュアイペディアより)

  • 頭の体操

    頭の体操から見た大橋巨泉大橋巨泉

    お笑い頭の体操 - 第1集発表から2年後にスタートした大橋巨泉司会のバラエティ番組。(但しタイトルだけを借りたもので、クイズの出題に際しては必ずしもこの本が原作とは限らなかった)頭の体操 フレッシュアイペディアより)

  • ラジオでこんばんわ

    ラジオでこんばんわから見た大橋巨泉大橋巨泉

    22:10 巨泉あっとランダム(大橋巨泉ラジオでこんばんわ フレッシュアイペディアより)

  • いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口

    いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口から見た大橋巨泉大橋巨泉

    また、2016年7月25日放送分では、7月12日に逝去し、7月20日に訃報が公表された大橋巨泉の追悼特集を放送し、『七転八倒九十分』の第1回(2015年9月28日放送)に巨泉がゲスト出演した際の音源が放送された。いち・にの三太郎〜赤坂月曜宵の口 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ギャスライト

    ジョン・ギャスライトから見た大橋巨泉大橋巨泉

    大橋巨泉、北野大、関口宏、小堺一機、関根勤と交友が深く、特に巨泉・関口司会の番組にゲスト出演することが多い。ジョン・ギャスライト フレッシュアイペディアより)

  • 麻雀大会

    麻雀大会から見た大橋巨泉大橋巨泉

    1987年12月にPC-9800シリーズ用が発売され、1989年にはファミリーコンピュータにも移植された。当初は1985年5月15日(「蒼き狼と白き牝鹿」の第1作目と同時)発売予定でアナウンスされていたが、2年半にわたり延期を繰り返した末にようやく発売にこぎつけた。1985年当時の雑誌掲載記事によると、開発当初は歴史上の人物が対戦相手ではなく、当時の政治家や芸能人のキャラクターが対戦相手だったようである。(掲載された画面写真では、田中角榮、長嶋茂雄、宍戸錠、畑正憲、松下幸之助、中森明菜、松田聖子、大橋巨泉、糸井重里、ジャイアント馬場などが確認できる)麻雀大会 フレッシュアイペディアより)

  • 山本雅弘 (毎日放送)

    山本雅弘 (毎日放送)から見た大橋巨泉大橋巨泉

    大阪府出身。大阪府立北野高等学校、京都大学法学部を卒業後、1964年(昭和39年)に毎日放送へ入社。第5代社長斎藤守慶が営業局の中心だった昭和40年代から50年代にかけ、部下として主に営業畑を歩んだ。1975年(昭和50年)のネットチェンジは東京支社テレビ営業部配属で迎え『ストロンガー』から『スーパー1』までの『仮面ライダー』シリーズのTBS系列移行を推進。『まんが日本昔ばなし』の立ち上げでは川内康範と組み、『世界まるごとHOWマッチ』では制作会社イーストと組んで大橋巨泉とビートたけしを結び付け大ヒット、巨泉のセミリタイアを5年延長させた。山本雅弘 (毎日放送) フレッシュアイペディアより)

  • ゲバゲバ一座のちょんまげ90分!

    ゲバゲバ一座のちょんまげ90分!から見た大橋巨泉大橋巨泉

    1971年3月まで同時間帯で放送されていた『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』の後継番組で、それまでとは趣向を変え、軽快なテンポの時代劇風ショートコント番組にまとめていた。このリニューアルで、大橋巨泉と前田武彦による司会パートは無くなった。ゲバゲバ一座のちょんまげ90分! フレッシュアイペディアより)

  • 居作昌果

    居作昌果から見た大橋巨泉大橋巨泉

    TBS在籍時代、ドリフ以外にも同い年で早稲田大学の同期でもあった大橋巨泉の担当として公私共に交流があった。『クイズダービー』を司会の巨泉の発案から共にプロデューサーとして立ち上げたことで知られる。1976年新春の番組開始当初、後年知られるものよりも複雑なルールが災いし最低4.4%という低視聴率で、上層部から再三打ち切り勧告が出された。しかし、スポンサーのロート製薬側の意向もあり存続し、後年知られるルールに単純化したところ秋頃には視聴率は20%を超え、TBSを代表する看板番組となった。同年暮れの打ち上げ会において、居作は「番組があたることはいいですな。ついこの前まで"スポンサーを替えても番組を変える"といってた人からもおホメの言葉をいただけるんですから」と打ち切り勧告をしていた営業部長、編成部長、制作部長に毒づき、慌てて彼らはその場から姿を消したという。巨泉は「おい、あんなこと言っていいのかい?」と心配したが、居作は「なあに、あのくらい言ってちょうどいいのさ」と平気な顔で返したという。居作昌果 フレッシュアイペディアより)

293件中 61 - 70件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード