前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
246件中 1 - 10件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たビートたけしビートたけし

    まだ評価の高くない人間の才能を見抜く眼に優れていることで知られており、関口宏の司会者としての素質を関口自身が司会した『スター千一夜』(フジテレビ系)の時から評価していた。また、『大学対抗バンド合戦』(TBSラジオ)のMCをつとめた際、学生バンドの司会として出場したタモリの才能を認めており、芸能界入り直後から積極的に自身の番組に起用。漫才師としての活動が主だった頃のビートたけしを、『世界まるごとHOWマッチ』にレギュラー出演させた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たタモリ

    まだ評価の高くない人間の才能を見抜く眼に優れていることで知られており、関口宏の司会者としての素質を関口自身が司会した『スター千一夜』(フジテレビ系)の時から評価していた。また、『大学対抗バンド合戦』(TBSラジオ)のMCをつとめた際、学生バンドの司会として出場したタモリの才能を認めており、芸能界入り直後から積極的に自身の番組に起用。漫才師としての活動が主だった頃のビートたけしを、『世界まるごとHOWマッチ』にレギュラー出演させた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たテレビ東京

    さらに、東京12チャンネル(現・テレビ東京)アナウンサーで、競馬実況を担当していた小倉智昭を誘い自身の所属事務所に入れた。その後島田紳助の司会者としての才能やバラエティ番組とは無縁の歌手や俳優の相性を見抜いて紳助自身が司会する番組に出演させてブレイクさせる能力を評価しており、巨泉は日本に滞在する時に紳助が司会していた番組に出演する事があった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たAKB48

    ピンク・レディー、キャンディーズ、AKB48、マイケル・ジャクソンは認めていない。「歌は歌。踊りは踊りで勝負しろ。歌と踊りは両立出来ない」と述べていた。週刊現代のコラムでは日本のアイドルを評し「若い娘集団にいい年をしたおじさんが夢中になるのは日本くらいだろう。」とAKB48について評している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た島田紳助

    さらに、東京12チャンネル(現・テレビ東京)アナウンサーで、競馬実況を担当していた小倉智昭を誘い自身の所属事務所に入れた。その後島田紳助の司会者としての才能やバラエティ番組とは無縁の歌手や俳優の相性を見抜いて紳助自身が司会する番組に出演させてブレイクさせる能力を評価しており、巨泉は日本に滞在する時に紳助が司会していた番組に出演する事があった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たフジテレビジョン

    まだ評価の高くない人間の才能を見抜く眼に優れていることで知られており、関口宏の司会者としての素質を関口自身が司会した『スター千一夜』(フジテレビ系)の時から評価していた。また、『大学対抗バンド合戦』(TBSラジオ)のMCをつとめた際、学生バンドの司会として出場したタモリの才能を認めており、芸能界入り直後から積極的に自身の番組に起用。漫才師としての活動が主だった頃のビートたけしを、『世界まるごとHOWマッチ』にレギュラー出演させた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た日本テレビ放送網

    最初の妻マーサ三宅と結婚後、中野区野方へ住まいを移し、実家の大橋商店に勤め始めるも「自分にはサラリーマン生活は無理」とすぐに辞める。ジャズ喫茶に出入りするうち、ジャズ評論家・放送作家からテレビ司会者に進出、弁舌家のマルチタレントとして人気を得る。この方面では、やはり放送作家出身の前田武彦と人気を二分し、この2人で日本テレビのバラエティー番組『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』の司会を務めた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たパイロットコーポレーション

    1969年に放映されたパイロット万年筆のCMで譜面台の上で万年筆を走らせながらしゃべった「みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ すぎかきすらの はっぱふみふみ」という台詞が当時の流行語となる。この台詞は巨泉のアドリブだったといわれているが、一時は巨泉のものまねを演じる際に枕詞のように用いられることも多かった。この台詞は後に昭和万葉集(1980年発刊)に短歌として収録されている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たピンク・レディー

    ピンク・レディー、キャンディーズ、AKB48、マイケル・ジャクソンは認めていない。「歌は歌。踊りは踊りで勝負しろ。歌と踊りは両立出来ない」と述べていた。週刊現代のコラムでは日本のアイドルを評し「若い娘集団にいい年をしたおじさんが夢中になるのは日本くらいだろう。」とAKB48について評している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た山崎浩子山閲浩子

    特に『クイズダービー』内で巨泉は女性出演者に対して、よく下の名前で呼んでいた。例として、長年の「4枠」レギュラーだった竹下景子には「けいこちゃん」、2枠レギュラーだった山崎浩子には「ひろこ」など。但し、山崎の後の2枠レギュラーだった井森美幸に対しては、「みゆき」よりも上の苗字の「イモリ」で呼ぶことが多かった。また、2004年5月に放送されたクイズダービー復活版では、当時既に50歳となっていた竹下に対しても「けいこちゃん」と呼んでいた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
246件中 1 - 10件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード