前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
320件中 1 - 10件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た石坂浩二

    番組共演者にニックネームを付けるのを得意としていた。『クイズダービー』では、黒鉄ヒロシには「裏切りたぬき」、篠沢秀夫には「教授」、はらたいらには「宇宙人」、竹下景子には「三択の女王」、常連ゲストの松崎しげるには「クイズの帝王」とそれぞれ付けた。また『世界まるごとHOWマッチ』では、石坂浩二には「兵ちゃん」(本名の武藤兵吉に因む)、ケント・ギルバートには「ネギルバート」(「値切る」と「ギルバート」の語呂合わせ)、チャック・ウィルソンには「ケチャック」(「ケチ」と「チャック」の語呂合わせ)とそれぞれ付けた。このようによく出演者にニックネームを付けて呼ぶというやり方は、前田武彦に倣ったものであった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た永六輔

    2015年11月3日、腸閉塞の疑いで入院。13日にいったん退院した後、27日に再び入院、30日に開腹手術を受けた。軽い腸閉塞で、がんの転移もなく、手術は成功した。12月9日に退院。21日放送のTBSラジオ『六輔七転八倒九十分』へのゲスト出演が予定されていたが、リンパ節除去手術の影響で声がかすれることから出演を見送った。その後、2016年2月4日放送分の『徹子の部屋』に永六輔とともにゲスト出演している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たビートたけしビートたけし

    なお巨泉は50歳には「セミリタイア」をする人生設計を描いていたが、各方面からの慰留、また49歳の時に司会を始めた『世界まるごとHOWマッチ』に本人の意向で起用した石坂浩二やビートたけしとの絡みが楽しかったこともあり、56歳まで仕事を継続した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た前田武彦

    最初の妻マーサ三宅と結婚後、中野区野方へ住まいを移し、実家の大橋商店に勤め始めるも「自分にはサラリーマン生活は無理」とすぐに辞める。ジャズ喫茶に出入りするうち、ジャズ評論家・放送作家からテレビ司会者に進出、弁舌家のマルチタレントとして人気を得る。この方面では、やはり放送作家出身の前田武彦と人気を二分し、この2人で日本テレビ『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』の司会を務めた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た篠沢秀夫

    番組共演者にニックネームを付けるのを得意としていた。『クイズダービー』では、黒鉄ヒロシには「裏切りたぬき」、篠沢秀夫には「教授」、はらたいらには「宇宙人」、竹下景子には「三択の女王」、常連ゲストの松崎しげるには「クイズの帝王」とそれぞれ付けた。また『世界まるごとHOWマッチ』では、石坂浩二には「兵ちゃん」(本名の武藤兵吉に因む)、ケント・ギルバートには「ネギルバート」(「値切る」と「ギルバート」の語呂合わせ)、チャック・ウィルソンには「ケチャック」(「ケチ」と「チャック」の語呂合わせ)とそれぞれ付けた。このようによく出演者にニックネームを付けて呼ぶというやり方は、前田武彦に倣ったものであった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た王貞治

    巨泉の訃報を受け、芸能界では追悼のコメントが多く寄せられた。『クイズダービー』のレギュラー解答者として巨泉と共演した篠沢秀夫は「巨泉さんは大物で真の天才です」、竹下景子は「私のコンサートや舞台、ドラマにもよくダメ出ししてくれた」とそれぞれコメントした。また『世界まるごとHOWマッチ』で共演した石坂浩二は「たくさんの巨泉さんの姿と言葉が頭の中を巡っています」とコメントし、ビートたけしは「長嶋(茂雄)さんと王(貞治)さんがジャイアンツの全盛期だとしたら、テレビの全盛期は大橋巨泉じゃないかって」と7月23日放送の『新・情報7days ニュースキャスター』で語った。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たピンク・レディー

    『11PM』ではお色気だけでなく硬派の社会ネタ「巨泉の考えるシリーズ」が月曜日を中心に行われており、当時のプロデューサーがたまたまアメリカ合衆国での福祉取材中に見た「レイバー・デイ・テレソン」をヒントに、「考えるシリーズ」内で行われた「世界の福祉」を取り上げた番組からの派生企画として『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』に発展。日テレ開局25周年記念の目玉企画として行われた記念すべき第1回放送(1978年8月26日-8月27日)で、萩本欽一、ピンク・レディーらとともに総合司会を担当している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たタモリ

    お別れの会は2016年9月5日に「大橋巨泉さんを偲ぶ会」と題して東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で営まれた。偲ぶ会には黒柳徹子、王貞治、石坂浩二、ビートたけし、タモリ、関口宏、竹下景子、小倉智昭、菅直人ら芸能・スポーツ・政財界から約600人が参列し、弔辞は黒柳、王、関口が読み上げた。偲ぶ会が行われた会場には、「思い出コーナー」と題した、巨泉が司会を務めた看板番組『クイズダービー』と『世界まるごとHOWマッチ』の番組セットが復刻展示された。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た竹下景子竹下 景子

    特に『クイズダービー』内で巨泉は女性出演者に対して、よく下の名前で呼んでいた。例として、長年の「4枠」レギュラーだった竹下景子には「けいこちゃん」、2枠レギュラーだった山崎浩子には「ひろこ」など。ただし、山崎の後の2枠レギュラーだった井森美幸に対しては、「みゆき」よりも上の苗字の「イモリ」で呼ぶことが多かった。また2015年5月に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』内の、クイズダービー復活版(巨泉の生前最後の同番組特番司会)でも、当時既に61歳となっていた竹下に対して「けいこちゃん」と呼んでいた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た萩本欽一萩本 欽一

    東京府東京市本所区(現:東京都墨田区)両国生まれ。千葉県に育つ。祖父は江戸切子の名人・大橋徳松(岐阜県出身)。実家は両国でカメラの部品製造・小売を生業とする「大橋商店」を経営していた。同じく実家がカメラ屋の萩本欽一とは店同士取引があり、幼い萩本と巨泉はその当時からの知り合いである。巨泉の実家製作のカメラ「ロールライト」の現存する2機は萩本とすぎやまこういちが所有している、とも語っていた。本所区立江東尋常小学校(現・墨田区立両国小学校)を経て、1943年7月から千葉県山武郡横芝町に疎開、横芝国民学校4年に編入。敗戦直後、横芝の自宅で叔父が所有するジャズレコードを見つけアメリカへの憧れが強くなる。1946年、千葉県立成東中学校 (旧制)に入学。1947年、東京両国に引き揚げる。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
320件中 1 - 10件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード