246件中 91 - 100件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たディープインパクト (競走馬)

    ディープインパクトの引退が発表された際、ファン、記者などのマスコミとも「来年も走ってほしかった」という意見が多勢だった中、巨泉はただ一人「あんな小さい体で来年も現役だの、海外遠征だの冗談じゃないよ!!」と陣営の引退の判断を支持した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た引退

    「セミリタイア」は巨泉が出演中の全番組を降板する際の記者会見で使った表現で、完全に芸能界・放送界と縁を切る「リタイア」ではないことを強調したものである。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たクライストチャーチ

    1973年、カナダのバンクーバーに日本人観光客が日本語で買い物できる土産物店「オーケーギフトショップ」を開店し実業家に転進。その後、バンフとナイアガラ、オーストラリアのゴールドコーストとケアンズ、ニュージーランドのオークランドとクライストチャーチ(2011年にクイーンズタウンへ移転)にも店舗を開店し、幾多の倒産の危機を乗り越え、7店舗まで事業を拡大した。湾岸戦争、アメリカ同時多発テロ事件、クライストチャーチ地震などの影響があったものの、同店舗のみ取り扱う限定商品の販売、大手旅行代理店とのタイアップ(来店粗品や割引が効くクーポン券の配布)、日本語の通じる店員が常駐するなどの面で評判が良く商売は軌道に乗っている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たNFL

    メジャーリーグ(MLB)評論家としても知られ、日本のMLB通タレントでもあり、メジャー30球団の選手名鑑を発売するほど精通している。また、アメリカンフットボールにも造詣が深く、参議院選挙出馬前は、NHK BS1でNFL中継の解説を担当したこともある。サンフランシスコ・フォーティナイナーズのファンを公言していた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た24時間テレビ 「愛は地球を救う」

    24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ) 1978年の総合司会。この時、番組のシンボルでもある黄色いTシャツを着ることはなく、スーツにネクタイ姿で出演していた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た開運!なんでも鑑定団

    現在では、『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)や、『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』、『爆笑問題の日曜サンデー』(ともにTBSラジオ)、『吉田照美 ソコダイジナトコ』(文化放送)などにゲスト出演する程度である。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た自衛隊

    アメリカ同時多発テロ事件を非難する国会決議には、「アメリカを支持する」との文言を理由に民主党でただ1人反対。また、インド洋への自衛隊派遣に伴う事後承認にも反対するなど、短期間でいわゆる「造反」を連発した。また、8月6日の民主党両院総会では、巨泉は当時の鳩山由紀夫代表に「社会主義インターナショナルに加盟しセンターレフト(中道左派)の党としての性格を鮮明にせよ」と迫ったが、鳩山代表から「民主党のコンセンサスではない」と却下されている(当時も現在でも民主党には明確なコンセンサスはない)。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た麻雀

    1960年代から1980年代にかけ、テレビデビューとなった夜11時台のワイドショー番組『11PM』(日本テレビ系)や、クイズ番組『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』などの司会で名を馳せる。「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、競馬や野球、麻雀の評論でも活動し、ニッポン放送の競馬中継『大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン』のメインパーソナリティーも務めた。その後、1990年3月に「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない!」と『ギミア・ぶれいく』(TBS系)以外のテレビ・ラジオのすべてのレギュラー番組を降板。メディア業界から「セミリタイア」(後述)した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た早稲田大学

    アメリカへ行くには英語の習得が必要と考え、当時朝鮮戦争の特需もあり、家業のカメラ商売に役立つと親を説得しアテネフランセ英語科で英語を学ぶ。日本大学第一中学校・高等学校を卒業し、ジャーナリストになってアメリカへ行こうと早稲田大学第一政治経済学部新聞学科(現在は廃科)へ進学するも中退。大学生の頃はほとんど勉強をせず、テストではカンニングをしていたという。大学卒業を諦めた理由は、当時の大学は一般教養部があり、1年次から2年次に理数系科目の単位取得が必修であったため、理科、数学が全くできず、単位取得の見込みが望めなかったためである。後に「早稲田大学を中退したタレントは出世する」という伝説のはしりとなった。早稲田大学の学生時代から当時ブームだったモダンジャズ、コンサートの司会者として活躍していた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たアロハシャツ

    J-SIDE(アロハシャツ姿で「ナウいジェイ!」「パソコンでJ-SIDE、これフツーだよね。ケータイでJ-SIDE、これがナウイ」「ナウイ? ヒサシブリニキイタ」)大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

246件中 91 - 100件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード