246件中 121 - 130件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たスピードシンボリ

    シンボリ牧場オーナーだった和田共弘、騎手・調教師だった野平祐二と親交が深く、スピードシンボリが海外遠征した際には、ロンシャン競馬場(フランス・パリ)へ両者と行動を共にした。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たカナダ

    1973年、カナダのバンクーバーに日本人観光客が日本語で買い物できる土産物店「オーケーギフトショップ」を開店し実業家に転進。その後、バンフとナイアガラ、オーストラリアのゴールドコーストとケアンズ、ニュージーランドのオークランドとクライストチャーチ(2011年にクイーンズタウンへ移転)にも店舗を開店し、幾多の倒産の危機を乗り越え、7店舗まで事業を拡大した。湾岸戦争、アメリカ同時多発テロ事件、クライストチャーチ地震などの影響があったものの、同店舗のみ取り扱う限定商品の販売、大手旅行代理店とのタイアップ(来店粗品や割引が効くクーポン券の配布)、日本語の通じる店員が常駐するなどの面で評判が良く商売は軌道に乗っている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た日曜競馬ニッポン

    1960年代から1980年代にかけ、テレビデビューとなった夜11時台のワイドショー番組『11PM』(日本テレビ系)や、クイズ番組『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』などの司会で名を馳せる。「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、競馬や野球、麻雀の評論でも活動し、ニッポン放送の競馬中継『大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン』のメインパーソナリティーも務めた。その後、1990年3月に「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない!」と『ギミア・ぶれいく』(TBS系)以外のテレビ・ラジオのすべてのレギュラー番組を降板。メディア業界から「セミリタイア」(後述)した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たニュージーランド

    1973年、カナダのバンクーバーに日本人観光客が日本語で買い物できる土産物店「オーケーギフトショップ」を開店し実業家に転進。その後、バンフとナイアガラ、オーストラリアのゴールドコーストとケアンズ、ニュージーランドのオークランドとクライストチャーチ(2011年にクイーンズタウンへ移転)にも店舗を開店し、幾多の倒産の危機を乗り越え、7店舗まで事業を拡大した。湾岸戦争、アメリカ同時多発テロ事件、クライストチャーチ地震などの影響があったものの、同店舗のみ取り扱う限定商品の販売、大手旅行代理店とのタイアップ(来店粗品や割引が効くクーポン券の配布)、日本語の通じる店員が常駐するなどの面で評判が良く商売は軌道に乗っている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た11PM

    1960年代から1980年代にかけ、テレビデビューとなった夜11時台のワイドショー番組『11PM』(日本テレビ系)や、クイズ番組『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』などの司会で名を馳せる。「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、競馬や野球、麻雀の評論でも活動し、ニッポン放送の競馬中継『大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン』のメインパーソナリティーも務めた。その後、1990年3月に「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない!」と『ギミア・ぶれいく』(TBS系)以外のテレビ・ラジオのすべてのレギュラー番組を降板。メディア業界から「セミリタイア」(後述)した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たアメリカンフットボール

    メジャーリーグ(MLB)評論家としても知られ、日本のMLB通タレントでもあり、メジャー30球団の選手名鑑を発売するほど精通している。また、アメリカンフットボールにも造詣が深く、参議院選挙出馬前は、NHK BS1でNFL中継の解説を担当したこともある。サンフランシスコ・フォーティナイナーズのファンを公言していた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た競馬

    1960年代から1980年代にかけ、テレビデビューとなった夜11時台のワイドショー番組『11PM』(日本テレビ系)や、クイズ番組『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』などの司会で名を馳せる。「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、競馬や野球、麻雀の評論でも活動し、ニッポン放送の競馬中継『大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン』のメインパーソナリティーも務めた。その後、1990年3月に「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない!」と『ギミア・ぶれいく』(TBS系)以外のテレビ・ラジオのすべてのレギュラー番組を降板。メディア業界から「セミリタイア」(後述)した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た野球

    1960年代から1980年代にかけ、テレビデビューとなった夜11時台のワイドショー番組『11PM』(日本テレビ系)や、クイズ番組『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』などの司会で名を馳せる。「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、競馬や野球、麻雀の評論でも活動し、ニッポン放送の競馬中継『大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン』のメインパーソナリティーも務めた。その後、1990年3月に「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない!」と『ギミア・ぶれいく』(TBS系)以外のテレビ・ラジオのすべてのレギュラー番組を降板。メディア業界から「セミリタイア」(後述)した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たスーパークイズスペシャル

    スーパークイズスペシャル(1994年春、日本テレビ)「11PM世界ダービーNo.1クイズ」のコーナー司会。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たワイドショー

    1960年代から1980年代にかけ、テレビデビューとなった夜11時台のワイドショー番組『11PM』(日本テレビ系)や、クイズ番組『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』などの司会で名を馳せる。「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、競馬や野球、麻雀の評論でも活動し、ニッポン放送の競馬中継『大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン』のメインパーソナリティーも務めた。その後、1990年3月に「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない!」と『ギミア・ぶれいく』(TBS系)以外のテレビ・ラジオのすべてのレギュラー番組を降板。メディア業界から「セミリタイア」(後述)した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

246件中 121 - 130件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード