320件中 121 - 130件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た自衛隊

    アメリカ同時多発テロ事件を非難する国会決議には、「アメリカを支持する」との文言を理由に民主党でただ1人反対。また、インド洋への自衛隊派遣に伴う事後承認にも反対するなど、短期間でいわゆる「造反」を連発した。また、8月6日の民主党両院総会では、巨泉は鳩山に「社会主義インターナショナルに加盟しセンターレフト(中道左派)の党としての性格を鮮明にせよ」と迫ったが、鳩山から「民主党のコンセンサスではない」と却下されている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た麻雀

    1960年代から1980年代にかけ、テレビデビューとなった日本テレビ『11PM』や、TBS『クイズダービー』、MBS・TBS『世界まるごとHOWマッチ』などの司会で名を馳せる。「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、競馬や野球、麻雀の評論でも活動し、ニッポン放送『大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン』のメインパーソナリティーも務めた。その後、1990年3月に「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない!」とTBS『ギミア・ぶれいく』以外のテレビ・ラジオのすべてのレギュラー番組を降板し、メディア業界から「セミリタイア」(後述)した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たバンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)

    1973年、カナダのバンクーバーに日本人観光客が日本語で買い物できる土産物店「オーケーギフトショップ」を開店し実業家に転進。その後、バンフとナイアガラ、オーストラリアのゴールドコーストとケアンズ、ニュージーランドのオークランドとクライストチャーチ(2011年にクイーンズタウンへ移転)にも店舗を開店し、幾多の倒産の危機を乗り越え、7店舗まで事業を拡大した。湾岸戦争、アメリカ同時多発テロ事件、クライストチャーチ地震などの影響があったものの、同店舗のみ取り扱う限定商品の販売、大手旅行代理店とのタイアップ(来店粗品や割引が効くクーポン券の配布)、日本語の通じる店員が常駐するなどの面で評判が良く商売は軌道に乗っている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た愛称

    番組共演者にニックネームを付けるのを得意としていた。『クイズダービー』では、黒鉄ヒロシには「裏切りたぬき」、篠沢秀夫には「教授」、はらたいらには「宇宙人」、竹下景子には「三択の女王」、常連ゲストの松崎しげるには「クイズの帝王」とそれぞれ付けた。また『世界まるごとHOWマッチ』では、石坂浩二には「兵ちゃん」(本名の武藤兵吉に因む)、ケント・ギルバートには「ネギルバート」(「値切る」と「ギルバート」の語呂合わせ)、チャック・ウィルソンには「ケチャック」(「ケチ」と「チャック」の語呂合わせ)とそれぞれ付けた。このようによく出演者にニックネームを付けて呼ぶというやり方は、前田武彦に倣ったものであった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た夫婦別姓

    選択的夫婦別姓制度導入について賛同する。「たとえ多数が現状に満足していても、不利を蒙る少数派のために法律は変更すべき」「頑なに同姓以外認めないのは、世界中で日本国だけになってしまった」と述べる。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た万年筆

    1969年に放映されたパイロット万年筆のCMで譜面台の上で万年筆を走らせながらしゃべった「みじかびの きゃぷりきとれば すぎちょびれ すぎかきすらの はっぱふみふみ」という台詞が当時の流行語となる。この台詞は巨泉のアドリブだったといわれているが、一時は巨泉のものまねを演じる際に枕詞のように用いられることも多かった。この台詞は後に昭和万葉集(1980年発刊)に短歌として収録されている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た片岡物産

    片岡物産(モンカフェ)大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た競馬エイト

    競馬評論家としても積極的に活動していた。「プロの調教師が出してくる以上、八分以上の出来」にあるとして、出走各馬の調教を見ないで予想したことから、書斎派の筆頭格であった。サンケイスポーツや、1980年代後半まで「巨泉でバッチリ」のタイトルで競馬エイトの競馬予想のコーナーで執筆していたほか、『中央競馬ダイジェスト』(フジテレビ系・土曜深夜放送分)や『日曜競馬ニッポン』(ニッポン放送)に出演していた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たオーケープロダクション

    大橋 巨泉(おおはし きょせん、1934年〈昭和9年〉3月22日 - 2016年〈平成28年〉7月12日)は、日本のタレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)、放送作家、エッセイスト、評論家(競馬評論家、音楽評論家、時事評論家)、馬主、政治家(参議院議員)、実業家・芸能プロモーター(オーケープロダクション=旧:大橋巨泉事務所創業者・元取締役会長兼エグゼグティブタレント、オーケーギフトショップグループ取締役社長)。オーケーエンタープライズ所属。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たイースト (テレビ制作会社)

    2009年2月12日、同年4月にオーケープロダクションが設立40周年になるのを期に、オーケープロダクションがイーストの完全子会社となり、それと同時に巨泉自身もオーケープロダクションの取締役会長を退任した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

320件中 121 - 130件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード