246件中 11 - 20件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た愛川欽也愛川 欽也

    愛川欽也、財津一郎、玉置宏、藤村俊二、前田憲男ら、同じ1934年生まれの芸能人たちと「昭和九年会」を結成している。前田は巨泉が司会を務める番組のテーマ曲を多く手がけている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た石坂浩二石坂 浩二

    なお巨泉は50歳には「セミリタイア」をする人生設計を描いていたが、各方面からの慰留、また49歳の時に司会を始めた『世界まるごとHOWマッチ』に本人の意向で起用したビートたけしや石坂浩二との絡みが楽しかったこともあり、56歳まで仕事を継続した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た芳村真理芳村 真理

    現在では「セミリタイア」は、早くから蓄財しておき仕事が好調の内に辞め、悠々自適に過ごしながら余裕のあるときに仕事もする、という意味合いの言葉として定着しているが、これにもちろん巨泉の、絶頂にも係わらず仕事をすっぱりと終わらせたことと、以降の生活スタイルが源泉である(なお、同じような形で芸能活動の一線からのリタイアをした司会者としては上岡龍太郎や芳村真理らがいる。いずれも巨泉と同じく司会者の大御所として絶頂を極めていた50代でリタイアを宣言している)。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たキャンディーズ

    ピンク・レディー、キャンディーズ、AKB48、マイケル・ジャクソンは認めていない。「歌は歌。踊りは踊りで勝負しろ。歌と踊りは両立出来ない」と述べていた。週刊現代のコラムでは日本のアイドルを評し「若い娘集団にいい年をしたおじさんが夢中になるのは日本くらいだろう。」とAKB48について評している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た玉置宏

    愛川欽也、財津一郎、玉置宏、藤村俊二、前田憲男ら、同じ1934年生まれの芸能人たちと「昭和九年会」を結成している。前田は巨泉が司会を務める番組のテーマ曲を多く手がけている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た井森美幸井森 美幸

    特に『クイズダービー』内で巨泉は女性出演者に対して、よく下の名前で呼んでいた。例として、長年の「4枠」レギュラーだった竹下景子には「けいこちゃん」、2枠レギュラーだった山崎浩子には「ひろこ」など。但し、山崎の後の2枠レギュラーだった井森美幸に対しては、「みゆき」よりも上の苗字の「イモリ」で呼ぶことが多かった。また、2004年5月に放送されたクイズダービー復活版では、当時既に50歳となっていた竹下に対しても「けいこちゃん」と呼んでいた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た所ジョージ所 ジョージ

    タモリ、ビートたけし、明石家さんま、所ジョージ、島田紳助、ダウンタウン、爆笑問題・太田光らから番組に出演するたびに「日本に帰ってくるな」「お前の番組出てやるよ(と言って頼んでもいないのに出演してくる)」などの「悪口」を言われている。「バラエティは生放送じゃなきゃダメ。今の番組はすぐにスタッフの意向でハサミを入れる(カットする)から、出演者の面白さが全部切り取られている」「映画は監督のもの、テレビはホストのもの」が口癖。なお、本人も日本に帰ってきた際、オファーがあれば収録番組にも出演するが、実際自身が観る番組は『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)や深夜のニュースショーなど、生放送の番組だけだという。なお、現在では『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)も頻繁に見ていると、ゲスト出演した際に発言している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た竹下景子竹下 景子

    特に『クイズダービー』内で巨泉は女性出演者に対して、よく下の名前で呼んでいた。例として、長年の「4枠」レギュラーだった竹下景子には「けいこちゃん」、2枠レギュラーだった山崎浩子には「ひろこ」など。但し、山崎の後の2枠レギュラーだった井森美幸に対しては、「みゆき」よりも上の苗字の「イモリ」で呼ぶことが多かった。また、2004年5月に放送されたクイズダービー復活版では、当時既に50歳となっていた竹下に対しても「けいこちゃん」と呼んでいた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た関口宏関口 宏

    まだ評価の高くない人間の才能を見抜く眼に優れていることで知られており、関口宏の司会者としての素質を関口自身が司会した『スター千一夜』(フジテレビ系)の時から評価していた。また、『大学対抗バンド合戦』(TBSラジオ)のMCをつとめた際、学生バンドの司会として出場したタモリの才能を認めており、芸能界入り直後から積極的に自身の番組に起用。漫才師としての活動が主だった頃のビートたけしを、『世界まるごとHOWマッチ』にレギュラー出演させた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た小倉智昭

    さらに、東京12チャンネル(現・テレビ東京)アナウンサーで、競馬実況を担当していた小倉智昭を誘い自身の所属事務所に入れた。その後島田紳助の司会者としての才能やバラエティ番組とは無縁の歌手や俳優の相性を見抜いて紳助自身が司会する番組に出演させてブレイクさせる能力を評価しており、巨泉は日本に滞在する時に紳助が司会していた番組に出演する事があった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

246件中 11 - 20件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード