320件中 11 - 20件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たケント・ギルバート

    番組共演者にニックネームを付けるのを得意としていた。『クイズダービー』では、黒鉄ヒロシには「裏切りたぬき」、篠沢秀夫には「教授」、はらたいらには「宇宙人」、竹下景子には「三択の女王」、常連ゲストの松崎しげるには「クイズの帝王」とそれぞれ付けた。また『世界まるごとHOWマッチ』では、石坂浩二には「兵ちゃん」(本名の武藤兵吉に因む)、ケント・ギルバートには「ネギルバート」(「値切る」と「ギルバート」の語呂合わせ)、チャック・ウィルソンには「ケチャック」(「ケチ」と「チャック」の語呂合わせ)とそれぞれ付けた。このようによく出演者にニックネームを付けて呼ぶというやり方は、前田武彦に倣ったものであった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た菅直人

    2001年(平成13年)に当時民主党の幹事長だった菅直人が参議院議員選挙への出馬を依頼した。これを受け、最大野党民主党から第19回参議院議員選挙の比例代表候補として立候補した。当時、既に外国暮らしをしていて「選挙運動のために帰国するつもりはない。党の方で選挙運動をして、私を当選させておいてくれ。」と言っていたが、さすがに反発が強く、帰国して選挙運動をして、党内第1位で当選(小泉フィーバーで自民党圧勝)。当選後すぐにアメリカ同時多発テロ事件が起き、これをきっかけに安全保障問題をめぐっての当時民主党代表・鳩山由紀夫ら当時の党執行部との考えの違いが鮮明になる。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たはらたいら

    番組共演者にニックネームを付けるのを得意としていた。『クイズダービー』では、黒鉄ヒロシには「裏切りたぬき」、篠沢秀夫には「教授」、はらたいらには「宇宙人」、竹下景子には「三択の女王」、常連ゲストの松崎しげるには「クイズの帝王」とそれぞれ付けた。また『世界まるごとHOWマッチ』では、石坂浩二には「兵ちゃん」(本名の武藤兵吉に因む)、ケント・ギルバートには「ネギルバート」(「値切る」と「ギルバート」の語呂合わせ)、チャック・ウィルソンには「ケチャック」(「ケチ」と「チャック」の語呂合わせ)とそれぞれ付けた。このようによく出演者にニックネームを付けて呼ぶというやり方は、前田武彦に倣ったものであった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た日本テレビ放送網

    最初の妻マーサ三宅と結婚後、中野区野方へ住まいを移し、実家の大橋商店に勤め始めるも「自分にはサラリーマン生活は無理」とすぐに辞める。ジャズ喫茶に出入りするうち、ジャズ評論家・放送作家からテレビ司会者に進出、弁舌家のマルチタレントとして人気を得る。この方面では、やはり放送作家出身の前田武彦と人気を二分し、この2人で日本テレビ『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』の司会を務めた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たパイロットコーポレーション

    パイロットコーポレーション(パイロット・エリート万年筆。このCMで発した「はっぱふみふみ」が流行語に)大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たフジテレビジョン

    ビートポップス(フジテレビ) 1966年 - 1970年大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たサントリー

    サントリー(サントリービール純生。「さすがわかってらっしゃる」)大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た山崎浩子山閲浩子

    特に『クイズダービー』内で巨泉は女性出演者に対して、よく下の名前で呼んでいた。例として、長年の「4枠」レギュラーだった竹下景子には「けいこちゃん」、2枠レギュラーだった山崎浩子には「ひろこ」など。ただし、山崎の後の2枠レギュラーだった井森美幸に対しては、「みゆき」よりも上の苗字の「イモリ」で呼ぶことが多かった。また2015年5月に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』内の、クイズダービー復活版(巨泉の生前最後の同番組特番司会)でも、当時既に61歳となっていた竹下に対して「けいこちゃん」と呼んでいた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た芳村真理

    その後「セミリタイア」は、早くから蓄財しておき仕事が好調の内に辞め、悠々自適に過ごしながら余裕のある時に仕事もする、という意味合いの言葉として定着しているが、これに勿論巨泉の、絶頂にも係わらず仕事をすっぱりと終わらせたことと、以後の生活スタイルが源泉である(なお、同じような形で芸能活動の一線からのリタイアをした司会者としては上岡龍太郎や芳村真理らがいる。いずれも巨泉と同じく司会者の大御所として絶頂を極めていた50代でリタイアを宣言している)。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たキャンディーズ

    ピンク・レディー、キャンディーズ、AKB48、マイケル・ジャクソンは認めていない。「歌は歌。踊りは踊りで勝負しろ。歌と踊りは両立出来ない」と述べていた。『週刊現代』のコラムでは日本のアイドルを評し「若い娘集団にいい年をしたおじさんが夢中になるのは日本くらいだろう。」とAKB48について評している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

320件中 11 - 20件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード