320件中 21 - 30件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た玉置宏

    愛川欽也、財津一郎、玉置宏、藤村俊二、前田憲男ら、同じ1934年生まれの芸能人らと「昭和九年会」を結成した。前田は巨泉が司会を務める番組のテーマ曲を多く手掛けてた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た関口宏関口 宏

    お別れの会は2016年9月5日に「大橋巨泉さんを偲ぶ会」と題して東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で営まれた。偲ぶ会には黒柳徹子、王貞治、石坂浩二、ビートたけし、タモリ、関口宏、竹下景子、小倉智昭、菅直人ら芸能・スポーツ・政財界から約600人が参列し、弔辞は黒柳、王、関口が読み上げた。偲ぶ会が行われた会場には、「思い出コーナー」と題した、巨泉が司会を務めた看板番組『クイズダービー』と『世界まるごとHOWマッチ』の番組セットが復刻展示された。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た愛川欽也愛川 欽也

    愛川欽也、財津一郎、玉置宏、藤村俊二、前田憲男ら、同じ1934年生まれの芸能人らと「昭和九年会」を結成した。前田は巨泉が司会を務める番組のテーマ曲を多く手掛けてた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た黒柳徹子黒柳 徹子

    お別れの会は2016年9月5日に「大橋巨泉さんを偲ぶ会」と題して東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で営まれた。偲ぶ会には黒柳徹子、王貞治、石坂浩二、ビートたけし、タモリ、関口宏、竹下景子、小倉智昭、菅直人ら芸能・スポーツ・政財界から約600人が参列し、弔辞は黒柳、王、関口が読み上げた。偲ぶ会が行われた会場には、「思い出コーナー」と題した、巨泉が司会を務めた看板番組『クイズダービー』と『世界まるごとHOWマッチ』の番組セットが復刻展示された。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た井森美幸井森 美幸

    特に『クイズダービー』内で巨泉は女性出演者に対して、よく下の名前で呼んでいた。例として、長年の「4枠」レギュラーだった竹下景子には「けいこちゃん」、2枠レギュラーだった山崎浩子には「ひろこ」など。ただし、山崎の後の2枠レギュラーだった井森美幸に対しては、「みゆき」よりも上の苗字の「イモリ」で呼ぶことが多かった。また2015年5月に放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』内の、クイズダービー復活版(巨泉の生前最後の同番組特番司会)でも、当時既に61歳となっていた竹下に対して「けいこちゃん」と呼んでいた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たチャック・ウィルソンチャック・ウィルソン

    番組共演者にニックネームを付けるのを得意としていた。『クイズダービー』では、黒鉄ヒロシには「裏切りたぬき」、篠沢秀夫には「教授」、はらたいらには「宇宙人」、竹下景子には「三択の女王」、常連ゲストの松崎しげるには「クイズの帝王」とそれぞれ付けた。また『世界まるごとHOWマッチ』では、石坂浩二には「兵ちゃん」(本名の武藤兵吉に因む)、ケント・ギルバートには「ネギルバート」(「値切る」と「ギルバート」の語呂合わせ)、チャック・ウィルソンには「ケチャック」(「ケチ」と「チャック」の語呂合わせ)とそれぞれ付けた。このようによく出演者にニックネームを付けて呼ぶというやり方は、前田武彦に倣ったものであった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た井上ひさし

    「おれは天下の百面相」(作詞:井上ひさし、作曲:筒美京平、1969年7月5日発売、『巨泉のスター百面相』(フジテレビ)主題歌)大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た長嶋茂雄

    巨泉の訃報を受け、芸能界では追悼のコメントが多く寄せられた。『クイズダービー』のレギュラー解答者として巨泉と共演した篠沢秀夫は「巨泉さんは大物で真の天才です」、竹下景子は「私のコンサートや舞台、ドラマにもよくダメ出ししてくれた」とそれぞれコメントした。また『世界まるごとHOWマッチ』で共演した石坂浩二は「たくさんの巨泉さんの姿と言葉が頭の中を巡っています」とコメントし、ビートたけしは「長嶋(茂雄)さんと王(貞治)さんがジャイアンツの全盛期だとしたら、テレビの全盛期は大橋巨泉じゃないかって」と7月23日放送の『新・情報7days ニュースキャスター』で語った。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た松崎しげる松崎 しげる

    番組共演者にニックネームを付けるのを得意としていた。『クイズダービー』では、黒鉄ヒロシには「裏切りたぬき」、篠沢秀夫には「教授」、はらたいらには「宇宙人」、竹下景子には「三択の女王」、常連ゲストの松崎しげるには「クイズの帝王」とそれぞれ付けた。また『世界まるごとHOWマッチ』では、石坂浩二には「兵ちゃん」(本名の武藤兵吉に因む)、ケント・ギルバートには「ネギルバート」(「値切る」と「ギルバート」の語呂合わせ)、チャック・ウィルソンには「ケチャック」(「ケチ」と「チャック」の語呂合わせ)とそれぞれ付けた。このようによく出演者にニックネームを付けて呼ぶというやり方は、前田武彦に倣ったものであった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た徳光和夫

    『クイズダービー』の司会を巨泉から引き継いだ徳光和夫は、自身の『クイズダービー』初収録の時に1時間弱かかった時に番組スタッフから「巨泉さんは(クイズダービーの)収録を毎回35分くらいで済ませていた」と聞かされ、「『(巨泉さんは)司会の天才だ』と、改めて自分との能力差に愕然とした」ことを語っている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

320件中 21 - 30件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード