320件中 31 - 40件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た天野ひろゆき天野 ひろゆき

    テレビ出演の時にかけている黒縁の眼鏡は伊達眼鏡(俗に言う巨泉メガネ)である。極度の近視のため視力が悪く、テレビ出演時に眼鏡をかけるとレンズが光を反射し視聴者はテレビを見難くなるとの理由からコンタクトレンズを着用していたが、「眼鏡を外すと誰だかわからない」との指摘を受けコンタクトレンズをつけ、レンズの入っていないフレームのみの眼鏡を着用しテレビ出演をしている。これは後に、天野ひろゆきや久保田雅人などに影響を与えることになった。近視と加齢で晩年までに加齢性網膜剥離、緑内障、加齢黄斑変性を発症している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た横路孝弘

    後に巨泉が語ったところによると、中村敦夫らが結成したみどりの会議への移籍を一時真剣に考えたという(みどりの会議は選挙時に存在しなかったため、比例選出の議員でも移籍は可能だった)。また、当時党内で巨泉と意見が近く、鳩山らの執行部ともたびたび対立していた横路孝弘・赤松広隆・生方幸夫ら横路グループがもしも離党、新党結成へと踏み切っていたなら共に参加しただろうとも述べている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た生方幸夫

    後に巨泉が語ったところによると、中村敦夫らが結成したみどりの会議への移籍を一時真剣に考えたという(みどりの会議は選挙時に存在しなかったため、比例選出の議員でも移籍は可能だった)。また、当時党内で巨泉と意見が近く、鳩山らの執行部ともたびたび対立していた横路孝弘・赤松広隆・生方幸夫ら横路グループがもしも離党、新党結成へと踏み切っていたなら共に参加しただろうとも述べている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た辻元清美

    こうした党との意見の違いによりわずか6か月で辞職。これに伴い、ツルネン・マルテイが繰り上げ当選した。辞職の弁では「日本の民主党がこれほどまでに反民主的な集団とは思わなかった」と述べた。辞職会見の時には、旧社会党系の民主党議員や社会民主党の女性議員が「巨泉さん辞めないでください!」と辞職する巨泉を止めようと説得する場面があった(この時は、福島瑞穂や辻元清美などの議員もいた)。この時巨泉は「これは辞めるって会見じゃないんです。もう辞めたんです!」と説得する女性議員に向かって述べた。比例代表で当選した議員がその党の路線への不満を理由に辞職することについて各方面から批判された。当時官房長官の福田康夫は会見で「職場放棄だ」と批判した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た鳩山由紀夫

    2001年(平成13年)に当時民主党の幹事長だった菅直人が参議院議員選挙への出馬を依頼した。これを受け、最大野党民主党から第19回参議院議員選挙の比例代表候補として立候補した。当時、既に外国暮らしをしていて「選挙運動のために帰国するつもりはない。党の方で選挙運動をして、私を当選させておいてくれ。」と言っていたが、さすがに反発が強く、帰国して選挙運動をして、党内第1位で当選(小泉フィーバーで自民党圧勝)。当選後すぐにアメリカ同時多発テロ事件が起き、これをきっかけに安全保障問題をめぐっての当時民主党代表・鳩山由紀夫ら当時の党執行部との考えの違いが鮮明になる。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た藤田伸二

    ディープインパクトの引退が発表された際、ファン、記者などのマスコミとも「来年も走ってほしかった」という意見が多勢だった中、巨泉はただ1人「あんな小さい体で来年も現役だの、海外遠征だの冗談じゃないよ!!」と陣営の引退の判断を支持した。その他、藤田伸二騎手の著書「騎手の一分」の感想を『週刊現代』の自身のコーナー「今週の遺言」(2013年7月8日発売号)で述べたりもしていた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た小倉智昭

    お別れの会は2016年9月5日に「大橋巨泉さんを偲ぶ会」と題して東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪で営まれた。偲ぶ会には黒柳徹子、王貞治、石坂浩二、ビートたけし、タモリ、関口宏、竹下景子、小倉智昭、菅直人ら芸能・スポーツ・政財界から約600人が参列し、弔辞は黒柳、王、関口が読み上げた。偲ぶ会が行われた会場には、「思い出コーナー」と題した、巨泉が司会を務めた看板番組『クイズダービー』と『世界まるごとHOWマッチ』の番組セットが復刻展示された。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た上岡龍太郎

    その後「セミリタイア」は、早くから蓄財しておき仕事が好調の内に辞め、悠々自適に過ごしながら余裕のある時に仕事もする、という意味合いの言葉として定着しているが、これに勿論巨泉の、絶頂にも係わらず仕事をすっぱりと終わらせたことと、以後の生活スタイルが源泉である(なお、同じような形で芸能活動の一線からのリタイアをした司会者としては上岡龍太郎や芳村真理らがいる。いずれも巨泉と同じく司会者の大御所として絶頂を極めていた50代でリタイアを宣言している)。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た福島瑞穂

    こうした党との意見の違いによりわずか6か月で辞職。これに伴い、ツルネン・マルテイが繰り上げ当選した。辞職の弁では「日本の民主党がこれほどまでに反民主的な集団とは思わなかった」と述べた。辞職会見の時には、旧社会党系の民主党議員や社会民主党の女性議員が「巨泉さん辞めないでください!」と辞職する巨泉を止めようと説得する場面があった(この時は、福島瑞穂や辻元清美などの議員もいた)。この時巨泉は「これは辞めるって会見じゃないんです。もう辞めたんです!」と説得する女性議員に向かって述べた。比例代表で当選した議員がその党の路線への不満を理由に辞職することについて各方面から批判された。当時官房長官の福田康夫は会見で「職場放棄だ」と批判した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た藤村俊二

    愛川欽也、財津一郎、玉置宏、藤村俊二、前田憲男ら、同じ1934年生まれの芸能人らと「昭和九年会」を結成した。前田は巨泉が司会を務める番組のテーマ曲を多く手掛けてた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

320件中 31 - 40件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード