320件中 41 - 50件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たマイケル・ジャクソン

    ピンク・レディー、キャンディーズ、AKB48、マイケル・ジャクソンは認めていない。「歌は歌。踊りは踊りで勝負しろ。歌と踊りは両立出来ない」と述べていた。『週刊現代』のコラムでは日本のアイドルを評し「若い娘集団にいい年をしたおじさんが夢中になるのは日本くらいだろう。」とAKB48について評している。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たツルネン・マルテイ

    こうした党との意見の違いによりわずか6か月で辞職。これに伴い、ツルネン・マルテイが繰り上げ当選した。辞職の弁では「日本の民主党がこれほどまでに反民主的な集団とは思わなかった」と述べた。辞職会見の時には、旧社会党系の民主党議員や社会民主党の女性議員が「巨泉さん辞めないでください!」と辞職する巨泉を止めようと説得する場面があった(この時は、福島瑞穂や辻元清美などの議員もいた)。この時巨泉は「これは辞めるって会見じゃないんです。もう辞めたんです!」と説得する女性議員に向かって述べた。比例代表で当選した議員がその党の路線への不満を理由に辞職することについて各方面から批判された。当時官房長官の福田康夫は会見で「職場放棄だ」と批判した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た財津一郎財津 一郎

    愛川欽也、財津一郎、玉置宏、藤村俊二、前田憲男ら、同じ1934年生まれの芸能人らと「昭和九年会」を結成した。前田は巨泉が司会を務める番組のテーマ曲を多く手掛けてた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たすぎやまこういち

    東京府東京市本所区(現:東京都墨田区)両国生まれ。千葉県に育つ。祖父は江戸切子の名人・大橋徳松(岐阜県出身)。実家は両国でカメラの部品製造・小売を生業とする「大橋商店」を経営していた。同じく実家がカメラ屋の萩本欽一とは店同士取引があり、幼い萩本と巨泉はその当時からの知り合いである。巨泉の実家製作のカメラ「ロールライト」の現存する2機は萩本とすぎやまこういちが所有している、とも語っていた。本所区立江東尋常小学校(現・墨田区立両国小学校)を経て、1943年7月から千葉県山武郡横芝町に疎開、横芝国民学校4年に編入。敗戦直後、横芝の自宅で叔父が所有するジャズレコードを見つけアメリカへの憧れが強くなる。1946年、千葉県立成東中学校 (旧制)に入学。1947年、東京両国に引き揚げる。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た赤松広隆

    後に巨泉が語ったところによると、中村敦夫らが結成したみどりの会議への移籍を一時真剣に考えたという(みどりの会議は選挙時に存在しなかったため、比例選出の議員でも移籍は可能だった)。また、当時党内で巨泉と意見が近く、鳩山らの執行部ともたびたび対立していた横路孝弘・赤松広隆・生方幸夫ら横路グループがもしも離党、新党結成へと踏み切っていたなら共に参加しただろうとも述べている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た徹子の部屋

    2015年10月14日、縦隔のリンパ節に2か所発見された腫瘍の除去手術を受ける。手術から5日後の10月19日にはゲストとして『徹子の部屋』の収録を行った(11月2日放送分)。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た投票券 (公営競技)

    2009年の著書『やめたら』では、三連単馬券について言及し、「三連単はギャンブラーの射幸心を煽る」と反対、否定的な考えを示した。また「マフィアのボスは三連単は買わない」とも言及した。また、三連複馬券や、馬単馬券についても同様に反対、否定的な見解を示した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た読売ジャイアンツ

    なお、早稲田大学在学中に俳人としての活動もしており、「巨泉」という芸名はこの時期に付けた俳号で、戦前の郷土玩具画家である川崎巨泉とは関係ない。アイデアが泉のように湧き出るようにと、最初「大泉」を考えたが、それでは、名字も名前も大がつくので、大の巨人ファンということから大を巨に変えて「巨泉」とした。2年後輩の寺山修司と出会った時に「こいつにはかなわん」と思って俳句の道から足を洗ったという。また1956年頃には、主にラジオ・テレビの音楽番組評論をする時のペンネームとして「池間 仙也」の名前も使っていた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た馬主

    大橋 巨泉(おおはし きょせん、1934年〈昭和9年〉3月22日 - 2016年〈平成28年〉7月12日)は、日本のタレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)、放送作家、エッセイスト、評論家(競馬評論家、音楽評論家、時事評論家)、馬主、政治家(参議院議員)、実業家・芸能プロモーター(オーケープロダクション=旧:大橋巨泉事務所創業者・元取締役会長兼エグゼグティブタレント、オーケーギフトショップグループ取締役社長)。オーケーエンタープライズ所属。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た小島正雄

    放送作家としてテレビの裏側にいた巨泉が、テレビ出演という表舞台に進出するきっかけになったのは『11PM』の開始だった。新番組の感想をディレクターに尋ねられた巨泉は「麻雀、競馬、ゴルフ、釣りなどの遊びを取り上げてみたら」と提案した。当時はテレビにとってギャンブルはまだタブーだった時代にもかかわらず巨泉の提案は受け入れられた。しかし、そのコーナーの進行役を務める適任者が見当たらなかったため、ディレクターは巨泉自身に出演をもちかけ、コーナー司会者として起用された。その後、番組全体の司会者であった小島正雄の急逝もあり、巨泉がメイン司会を務めることになった。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

320件中 41 - 50件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード

  • 始まってから大好きな番組でしたから一回は出たい出たいと事務所にアピールしてきました。

  • ドロ刑−警視庁捜査三課−

  • 先に進む