246件中 61 - 70件表示
  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たTBSテレビ

    本名・大橋 克巳(おおはし かつみ)。芸名の「巨泉」はもともとは自身の俳号である。多くの芸能人や関係者が「巨泉」「巨泉さん」と呼び、「大橋さん」と呼ばれることは皆無に近い。『世界まるごとHOWマッチ』(MBS・TBS系)では「巨ちゃん」と呼ばれたことがある。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たTBSラジオ&コミュニケーションズ

    まだ評価の高くない人間の才能を見抜く眼に優れていることで知られており、関口宏の司会者としての素質を関口自身が司会した『スター千一夜』(フジテレビ系)の時から評価していた。また、『大学対抗バンド合戦』(TBSラジオ)のMCをつとめた際、学生バンドの司会として出場したタモリの才能を認めており、芸能界入り直後から積極的に自身の番組に起用。漫才師としての活動が主だった頃のビートたけしを、『世界まるごとHOWマッチ』にレギュラー出演させた。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見たニッポン放送

    1960年代から1980年代にかけ、テレビデビューとなった夜11時台のワイドショー番組『11PM』(日本テレビ系)や、クイズ番組『クイズダービー』『世界まるごとHOWマッチ』などの司会で名を馳せる。「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズ通り、競馬や野球、麻雀の評論でも活動し、ニッポン放送の競馬中継『大橋巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン』のメインパーソナリティーも務めた。その後、1990年3月に「56歳になったし、身を引いて司会業は長くやるものではない!」と『ギミア・ぶれいく』(TBS系)以外のテレビ・ラジオのすべてのレギュラー番組を降板。メディア業界から「セミリタイア」(後述)した。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た野平祐二

    シンボリ牧場オーナーだった和田共弘、騎手・調教師だった野平祐二と親交が深く、スピードシンボリが海外遠征した際には、ロンシャン競馬場(フランス・パリ)へ両者と行動を共にした。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た大平透

    巨泉が総合司会を務めていた『ギミア・ぶれいく』の1コーナーのアニメ『笑ゥせぇるすまん』の主人公・喪黒福造役の声優・大平透とは50年来の大の親友。喪黒福造のモデルは巨泉自身である。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た川崎巨泉

    なお、早稲田大学在学中に俳人としての活動もしており、「巨泉」という芸名はこの時期に付けた俳号で、戦前の郷土玩具画家である川崎巨泉とは関係ない。2年後輩の寺山修司と出会った時に「こいつにはかなわん」と思って俳句の道から足を洗ったという。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た筒美京平

    『おれは天下の百面相』(作詞:井上ひさし、作曲:筒美京平、1969年発売、『巨泉のスター百面相』(フジテレビ)主題歌)大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た岩浪洋三

    『ジャズ・ヴォーカル名盤100』(岩浪洋三と共著) ISBN 978-4062566063大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た福留功男

    現在は、11月から翌年4月までオーストラリアとニュージーランドに、6月から9月までカナダに滞在し、経営するギフトショップの管理の傍ら、ゴルフを楽しむなどの生活を送っている。この太陽の動きに合わせ居住地を移動する生活形式をひまわり生活と呼んでいる。日本に帰国するのは5月と9月から10月末までの約3ヶ月間だけで、この期間はバラエティ番組にゲスト出演している。外国がとても好きなようだが、以前、福留功男の『ベストタイム』に出演した折、寿司を食べてビールを飲んでご満悦の様子で「日本人でよかった」とコメントした。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

  • 大橋巨泉

    大橋巨泉から見た谷岡一郎

    競馬評論家としても積極的に活動していた。「プロの調教師が出してくる以上、八分以上の出来」にあるとして、出走各馬の調教を見ないで予想したことから、書斎派の筆頭格であった。サンケイスポーツや、1980年代後半まで「巨泉でバッチリ」のタイトルで競馬エイトの競馬予想のコーナーで執筆していたほか、『中央競馬ダイジェスト』(フジテレビ系・土曜深夜放送分)や『日曜競馬ニッポン』(ニッポン放送)に出演していた。「府中の千八、展開要らず」、「競馬は所詮いい加減なもの」いう競馬格言は、巨泉が作ったもの。血統と展開と騎手で推理し、しばしば長距離の逃げ馬を的中させていた(トーヨーアサヒが勝った1973年のダイヤモンドステークスなど)。谷岡一郎が「本命2000円、対抗1000円、穴・大穴・枠流し500円」で巨泉の予想と結果をGIレースのみ計算した結果、戻って来る金は賭け金の80.83%であった(谷岡一郎『ツキの法則』)。これでは負け越しだが、競馬の控除率が25%前後であることから、平均してそれ以上の戻りがあった巨泉の予想を優れたものと結論づけている。また、巨泉の予想の影響力が大きく、巨泉が本命に推した馬がそのまま実際の本命(倍率が最低)になったことも多々あり、その結果巨泉の回収率は下がっていると指摘。もし巨泉が予想を公表せず、自分一人で買う金額も決めていたなら、もっと回収率は上がった可能性があるとしている。大橋巨泉 フレッシュアイペディアより)

246件中 61 - 70件表示

「大橋巨泉」のニューストピックワード