前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
363件中 1 - 10件表示
  • 日本ヴィックス

    日本ヴィックスから見た大正製薬大正製薬

    1997年 便秘薬「コーラック」の日本での事業を大正製薬へ譲渡。日本ヴィックス フレッシュアイペディアより)

  • 玉川美沙 たまなび

    玉川美沙 たまなびから見た大正製薬大正製薬

    15:35 たまなび ヘッドライン (雲海酒造、マロニー株式会社、大正製薬玉川美沙 たまなび フレッシュアイペディアより)

  • 土屋義彦

    土屋義彦から見た大正製薬大正製薬

    次弟・昭二(現大正製薬会長)、三弟・祐三。土屋家は大工を営み、父澄男は家業から技術を習得し内務省技師となって潮来町に赴任していた。土屋義彦 フレッシュアイペディアより)

  • 石井絹治郎

    石井絹治郎から見た大正製薬大正製薬

    大正製薬の創業者・初代社長で、薬剤師の地位向上のため尽力した。また後に三代目社長となる上原正吉の素質を見抜き育て上げた。55年と短い生涯にも関わらず多数の事業を成し遂げた実業家でもある。石井絹治郎 フレッシュアイペディアより)

  • よしもと新喜劇

    よしもと新喜劇から見た大正製薬大正製薬

    やがて大正製薬がスポンサーに付き、「サモン日曜お笑い劇場」の名前で日曜正午から45分間に渡り放送された。また、初期〔1962年12月2日〜1963年秋〕の頃、当時MBSのキー局であったNET(現:テレビ朝日)をはじめ同系列全国同時ネットで放送された。しかし、笑いの嗜好がまったく異なる関東では受け入れられず、NETは翌1963年(昭和38年)6月、水曜日昼枠で地元芸人を中心とした『テレビ寄席』を立ち上げる。MBSでは『テレビ寄席』もネット受けするが、今度は逆に近畿圏の視聴者が東京の寄席に馴染めないという理由で低迷。関東での好評によって『テレビ寄席』が日曜正午へ移動した同年10月の改編で、MBSは『テレビ寄席』を、NETも『サモン日曜お笑い劇場』の放送を互いに打ち切りあった。よしもと新喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • 一社提供

    一社提供から見た大正製薬大正製薬

    大正製薬「大正製薬Human Scienceスペシャル」 - 年1回特番一社提供 フレッシュアイペディアより)

  • 石井輝司

    石井輝司から見た大正製薬大正製薬

    石井 輝司(いしい てるじ、1915年1月5日 ? 1996年)は、大正製薬の2代目社長。石井輝司 フレッシュアイペディアより)

  • 富山化学工業

    富山化学工業から見た大正製薬大正製薬

    2002年9月に大正製薬と資本・業務提携を行い、同年10月に同社との合弁で医療用医薬品の販売を行う大正富山医薬品を設立。2008年には富士フイルムホールディングスを加えた3社で戦略的資本・業務提携を結んだうえで、株式公開買い付けにより富士フイルムホールディングスの傘下に入った。その際、富士フイルムホールディングスが保有する株式の一部を大正製薬に譲渡したことにより、富士フイルムホールディングスと大正製薬が出資する企業となった。富山化学工業 フレッシュアイペディアより)

  • 上原明

    上原明から見た大正製薬大正製薬

    上原 明(うえはら あきら、1941年4月5日 - )は、大正製薬代表取締役会長兼社長。上原明 フレッシュアイペディアより)

  • 滝川英治

    滝川英治から見た大正製薬大正製薬

    趣味は音楽・映画鑑賞・将棋・料理・バスケットボール・スポーツなど。特技はスキー・ビリヤード。語学力は英検2級、TOEFL520点。共同テレビアナウンサーの滝川クリステルは従姉。また、キャスターの目黒陽子は姉。2002年から2007年3月の5年間に渡り、大正製薬『リポビタンD』のCMにケイン・コスギのパートナーとして起用されていた。滝川英治 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
363件中 1 - 10件表示

「大正製薬」のニューストピックワード