363件中 21 - 30件表示
  • 藤山愛一郎

    藤山愛一郎から見た大正製薬大正製薬

    1941年に僅か44歳で日本商工会議所会頭に就任した。第二次世界大戦下の1943年には大正製薬創業者の石井絹治郎の葬儀委員長を務めた。藤山愛一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 風吹ジュン

    風吹ジュンから見た大正製薬大正製薬

    長年、大正製薬のCM(頭痛にナロンエース)に出演していたことでも知られる。風吹ジュン フレッシュアイペディアより)

  • 矢島正明

    矢島正明から見た大正製薬大正製薬

    CMやテレビ番組のナレーションも数多く担当しており、1960年代から80年代にかけて、日産自動車のCMナレーション(車種CM、キャッチフレーズ、日産自動車グループ各社CM)を長い期間にわたって務めていた。1970年代のクイズブームにはTBS『ベルトクイズQ&Q』(第1回から最終回まで一貫して出演)、テレビ朝日『クイズタイムショック』シリーズ(1969年のスタートから2012年現在も特番として継続中)の出題を担当。タイムショックの司会者や番組のスタイルは番組改編ごとにいくつか変わっているが、出題者は40年以上一貫して矢島である。クイズ番組独特の一問一答の緊迫感を醸し出す出題スタイルを確立した。大正製薬、スタジオジブリ制作映画のCMナレーションも長い期間にわたって、これらは現在も継続して務めている。矢島正明 フレッシュアイペディアより)

  • 白元

    白元から見た大正製薬大正製薬

    パラジクロルベンゼン系衣服用防虫剤「パラゾール」を始め、冷蔵庫用脱臭剤「ノンスメル」、使い捨てカイロ「ホッカイロ」、ピレスロイド系衣服用防虫剤「ミセスロイド」、保冷枕「アイスノン」など息の長いヒット商品が多く、業界屈指のロングセラーメーカーとして知られる。また、2001年(平成13年)より、大正製薬からの商標貸与によって殺虫剤事業に参入している他、キング化学や大三を傘下に収めたことで、「快適ガードプロ」や「バスキング」をはじめとする衛生用品・入浴剤事業にも参入した。白元 フレッシュアイペディアより)

  • 堀長文

    堀長文から見た大正製薬大正製薬

    大学を卒業後、1961年に東映東京撮影所に入社。主に深作欣二に師事し、社員監督の立場で数々の作品に携わるが、監督としてはあまり作品にタッチできなかった。主な助監督作品に『刑事くん』『ジャイアントロボ』など。1971年放映の『キイハンター』の一編にて監督デビュー。その後、『Gメン'75』で助監督兼監督を務めたり、大正製薬の『リポビタンD』のテレビコマーシャル演出などに携わるが、1983年より鈴木武幸プロデューサーの招きで、『科学戦隊ダイナマン』より特撮作品の演出に進出。翌年の『超電子バイオマン』ではメイン監督に就任。同作品で映画監督デビューも果たす。以後『電撃戦隊チェンジマン』及び『超新星フラッシュマン』でもパイロットを演出。堀長文 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 裕之

    渡辺裕之から見た大正製薬大正製薬

    1980年にコカ・コーラのテレビコマーシャルで芸能活動を開始。2年後に出演した大正製薬の「リポビタンD」のテレビコマーシャルの中で使われた「ファイトー!」「イッパーツ!」というキャッチフレーズは同商品の200億本販売の原動力となると同時に渡辺自身も端整な顔立ちと鍛え上げられた肉体で一躍人気を博す。渡辺裕之 フレッシュアイペディアより)

  • 長谷部瞳

    長谷部瞳から見た大正製薬大正製薬

    大正製薬 コーラックII ぽっこりおなか篇長谷部瞳 フレッシュアイペディアより)

  • コーラック

    コーラックから見た大正製薬大正製薬

    コーラック (Colac) とは、日本の大手医薬品メーカーである大正製薬から発売されている便秘薬のブランド名である。コーラック フレッシュアイペディアより)

  • 一般用医薬品

    一般用医薬品から見た大正製薬大正製薬

    アイリス、アイリスガード、アイリスネオ、こどもアイリスなど(大正製薬一般用医薬品 フレッシュアイペディアより)

  • ミノキシジル

    ミノキシジルから見た大正製薬大正製薬

    ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張剤として開発された成分。後に発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)®の商品名で売られている。日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップ®シリーズが市販されている。ミノキシジル フレッシュアイペディアより)

363件中 21 - 30件表示

「大正製薬」のニューストピックワード