473件中 31 - 40件表示
  • 木村文乃

    木村文乃から見た大正製薬大正製薬

    大正製薬 リポビタンファイン(2012年4月 - ) - 文乃 役木村文乃 フレッシュアイペディアより)

  • 福士 秀樹

    福士秀樹から見た大正製薬大正製薬

    大正製薬「ヴィックスドロップ/フルーツベル篇」(テレビ・Web)福士秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • 西村和彦

    西村和彦から見た大正製薬大正製薬

    1991年、「ファイト、一発!」でお馴染みの大正製薬(リポビタンD)のCMに起用され、名が全国に知れ渡る。西村和彦 フレッシュアイペディアより)

  • 田中邦衛

    田中邦衛から見た大正製薬大正製薬

    1988年(昭和63年)から1995年(平成7年)まで出演した大正製薬「大正漢方胃腸薬」の年末のテレビCMでは歌って踊るエンターテイナーぶりを披露。コラムニストのナンシー関から絶賛を受け、作家の小林信彦からも高く評価された。田中邦衛 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー日本代表

    ラグビー日本代表から見た大正製薬大正製薬

    中3日のスコットランド代表戦では前半7-12で折り返す。しかし、レイドローの正確なキックに苦しめられる。さらに後半トライを重ねられ10-45で敗れた。第3戦サモア代表に26-5で勝利し初のW杯1大会2勝目と通算3勝目を挙げた。第4戦でもアメリカ代表に28-18で勝利し大会3勝目通算4勝目を挙げるも、勝ち点で南アフリカとスコットランドを下回り、初の1次リーグ突破はならず1次リーグ敗退の連続記録は8大会連続に伸びてしまった。W杯において3勝したチームが1次リーグ敗退となるのは史上初である。国内外のメディアからは「最強の敗者」等と言われる。ラグビー日本代表のオフィシャル(公式)スポンサーの大正製薬は選手、スタッフ全員に1人当たり100万円で合計5000万円の報奨金を贈呈すると発表した。ラグビー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 堀長文

    堀長文から見た大正製薬大正製薬

    大学を卒業後、1961年に東映東京撮影所に入社。主に深作欣二に師事し、社員監督の立場で数々の作品に携わるが、監督としてはあまり作品にタッチできなかった。主な助監督作品に『刑事くん』『ジャイアントロボ』など。1971年放映の『キイハンター』の一編にて監督デビュー。その後、『Gメン'75』で助監督兼監督を務めたり、大正製薬の『リポビタンD』のテレビコマーシャル演出などに携わるが、1983年よりプロデューサーの鈴木武幸からの招きで、『科学戦隊ダイナマン』より特撮作品の演出を担当。翌年の『超電子バイオマン』ではメイン監督に就任。同作品で映画監督デビューも果たす。以後『電撃戦隊チェンジマン』及び『超新星フラッシュマン』でもパイロットを演出。堀長文 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 裕之

    渡辺裕之から見た大正製薬大正製薬

    1980年にコカ・コーラのテレビコマーシャルで芸能活動を開始。2年後に出演した大正製薬の「リポビタンD」CM中で使われた「ファイトー!」「イッパーツ!」のキャッチフレーズが同商品の200億本販売の原動力となり、同時に自身の端整な顔立ちと鍛え上げられた肉体も話題となり、一躍人気を博す。渡辺裕之 フレッシュアイペディアより)

  • コマーシャルメッセージ

    コマーシャルメッセージから見た大正製薬大正製薬

    ファイト!一発!(大正製薬:リポビタンD 勝野洋、宮内淳ほか)コマーシャルメッセージ フレッシュアイペディアより)

  • 三浦貴大

    三浦貴大から見た大正製薬大正製薬

    大正製薬「リポビタンD」のCMの16代目CMキャラクターに起用されて注目を集める。三浦貴大 フレッシュアイペディアより)

  • パブロン

    パブロンから見た大正製薬大正製薬

    パブロン フレッシュアイペディアより)

473件中 31 - 40件表示

「大正製薬」のニューストピックワード