216件中 71 - 80件表示
  • 大正製薬

    大正製薬から見た市川染五郎 (7代目)

    六世市川染五郎(現:九世松本幸四郎)/七世市川染五郎親子大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た近江俊郎

    乙羽信子→武原英子→長山藍子→中田喜子、川谷拓三、愛川欽也/榊原郁恵、近江俊郎→坂上二郎(共に榊原と競演)/三田佳子、後藤久美子→小田茜(共に三田と共演)/竹下景子、末永遥→西秋愛菜→小林沙弥→杉本友莉亜→瑠川あつこ(いずれも竹下の娘役として出演)/松嶋菜々子大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た石井輝司

    初代社長の死去により2代目社長に息子、石井輝司が就任しその後に上原正吉が第3代目社長として就任した。ところが、上原が社長に就任する際、株で半ば強引に乗っ取り、その後、当時多数勤務していた創業者一族である石井家と、その親族(石井絹治郎の妻ムメ方の豊島家一族など)を大幅に解雇するなど、創業者一族である石井家とその親戚筋とは確執がある。上原正吉は埼玉県杉戸町出身で、甥にあたる土屋義彦も当社社員から政治家に転じたことで、埼玉県とは財界的な繋がりが深い。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た松本幸四郎 (9代目)

    六世市川染五郎(現:九世松本幸四郎)/七世市川染五郎親子大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見たコンビニエンスストア

    規制緩和に伴いコンビニエンスストアなどでリポビタンD(医薬部外品)の販売開始大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た一般用医薬品

    「ワシのマーク」の社章で広く知られ、一般の薬局やドラッグストアで市販される大衆薬ではトップシェアを誇る。創業者の時代より無借金経営で知られる(連結ベースでは子会社に短期借入金があるが、長期借入金は連結ベースでも全くない)。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た総力報道!THE NEWS

    久米宏のテレビってヤツは!?(毎日放送制作・TBS系、ドリーム・プレス社が水曜20時から金曜20時の枠移動に伴い降板して以降、2年ぶりの提供スポンサー。2009年3月で番組終了。提供枠は2009年4月-2010年3月26日「総力報道!THE NEWS」の19時台前半月曜日・金曜日へ移動していた。また、系列局がない秋田県や福井県でもローカルセールスゾーンを利用して、別番組にも提供していた。なお、2009年12月28日放送予定分は年末特番、2010年3月29日放送予定分は「関口宏の東京フレンドパークII春の2時間スペシャル」にそれぞれ振替提供していた。2010年1月1日放送予定分は休止。「総力報道!-」の番組終了に伴い2010年4月以降は別番組へ)大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見たバレーボールワールドカップ

    上記の『白い巨塔』編成の間各社扱いで提供。この年の『バレーボールワールドカップ』では2回筆頭スポンサーとして番組提供をした。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見たグータンヌーボ

    金曜プレステージ→土曜プレミアム(同系)※2007年10月よりスポンサー(木曜劇場から移動)ただし、2008年10月より30秒へ縮小し、2009年10月より「土曜プレミアム」へ移動。(残りもう30秒分は2008年10月から「サキヨミLIVE」の22時台中半枠複数社の1社へ提供枠移動していたが、2009年4月からは「爆笑レッドシアター」へ提供枠を再移動している。さらに2010年10月以降は関西テレビ制作の「グータンヌーボ」に再々移動。(PT扱い)平岩弓枝ドラマシリーズ以来長年続いたフジテレビ系列に於ける大正製薬の筆頭提供番組はなくなった。)大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た製薬会社

    大正製薬株式会社(たいしょうせいやく、英語:Taisho Pharmaceutical Co.,Ltd.)は、石井絹治郎が設立した東京都豊島区高田に本社を置く製薬会社である。栄養ドリンクのロングセラー「リポビタンD」の製造発売元として、その名を広く知られている。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

216件中 71 - 80件表示

「大正製薬」のニューストピックワード