318件中 81 - 90件表示
  • 大正製薬

    大正製薬から見たトヨタ自動車

    テレビ朝日系:「大正テレビ寄席」の筆頭提供から長らく提供番組が時間・曜日などを変えながらも続いている。水曜21時枠刑事ドラマのスポンサーは同業他社の小林製薬の筆頭からの交代と入れ替えで提供についてから実に12年以上スポンサーを続いているが、かつてはこれ以外に腸捻転時代にやっていたMBS制作の「仮面ライダーシリーズ」の複数社提供の1社、「ビタミンライフ」というミニ番組や朝日放送と共同制作で放送していた「火曜スーパーワイド」 → 「火曜ミステリー劇場」 → 「和田アキ子アワー」 → 月曜夜8時枠のドラマやクイズ番組 → 「ビートたけしのTVタックル」→「タイムショック21」の一時期提供などがあった。また「スーパーベースボール」の前身である「ゴールデンナイター」時代から長く同局系プロ野球中継の筆頭スポンサーでもあったが、近年は見かけない。2013年12月現在水曜21時枠刑事ドラマを除くと「ネオバラエティ」や「金曜ナイトドラマ」の複数社PT扱いとしてトヨタ自動車などと隔日交代で流れている。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見たアース製薬

    12月 - 初めての無臭性エアゾル殺虫剤『ワイパアエースゾル』発売(1976年(昭和51年)に『大正殺虫ゾル』へ名称変更され、2000年(平成12年)に白元へ商標権貸与した後は「ワイパア」の名称が復活、だが2014年(平成26年)の白元経営破綻以降は白元アースに継承されず、生産を中止し、親会社アース製薬の方針に則り「アースジェット」に集約された)大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た富士フイルムホールディングス

    10月 - 富士フイルムホールディングスが所有する富山化学工業の株式の一部を譲受。富山化学工業は当社と富士フイルムホールディングスの共同出資会社(合弁会社化)となる大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見たキヤノン

    ネイチァリングスペシャル(1985年 - 2003年、末期にはキヤノンと共に筆頭スポンサー番組)大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見たライオン (企業)

    この枠は「水曜特番」(2005年4月 - 9月)までは筆頭スポンサーだったが、『全員正解あたりまえ!クイズ』とその後の『ドリーム・プレス社』では基本的には各社扱いだったが時折筆頭スポンサーの回もあった。金曜夜8時枠の移動に伴い降板。なお、ライバルであるライオンの医薬品事業は中外製薬から譲渡したもので金曜夜8時枠のスポンサーであるライオンは2009年3月まで提供していた。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た日産自動車

    『木下恵介劇場』 - 『木下恵介アワー』の前身。なお、『木下恵介アワー』は日産自動車の一社提供。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見たファイザー

    1999年(平成11年)6月 - 日本初の壮年性脱毛症における発毛剤「リアップ」発売(アップジョン社が開発し、海外の販売名はロゲイン)大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た日本電気

    10月 - 情報システム関連業務をNECに委託大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た養命酒製造

    7月 - 養命酒製造との業務提携を発表大正製薬 フレッシュアイペディアより)

  • 大正製薬

    大正製薬から見た関西テレビ放送

    金曜プレステージ→土曜プレミアム - 木曜劇場からスポンサー枠を移動、ただし、2008年10月から30秒へ縮小し、2009年10月から『土曜プレミアム』へ移動。(残りもう30秒分は2008年10月から『サキヨミLIVE』の22時台中半枠の複数社の1社へ提供枠を移動したが、2009年4月からは『爆笑レッドシアター』へ提供枠を再移動している。『レッドシアター』終了後は関西テレビ制作の『グータンヌーボ』(バラパラ水曜日)に移動した(PT扱い)。平岩弓枝ドラマシリーズ以来長年続いたフジテレビ系列における大正製薬の筆頭提供番組は無くなった。大正製薬 フレッシュアイペディアより)

318件中 81 - 90件表示

「大正製薬」のニューストピックワード