前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示
  • 幸福実現党

    幸福実現党から見た大江康弘大江康弘

    全国政党を標榜しており、全国47都道府県すべてに支部や拠点を持つが、3度の国政選挙と全国各地の地方選挙に公認候補者を擁立しているが、一度も当選していない。ただし2010年5月から12月まで参議院議員の大江康弘が入党しており、その間は国会に議席を確保していた実績がある。幸福実現党 フレッシュアイペディアより)

  • 新党改革

    新党改革から見た大江康弘大江康弘

    2010年4月23日、自民党を離党した舛添要一を新代表として政党名を「新党改革」に変更し、自民党との統一会派「自由民主党・改革クラブ」を解消。舛添以外に第22回参議院議員通常選挙で自民党の公認を得られなかった矢野哲朗・小池正勝が入党したが、改革クラブ結党時のメンバーであった大江康弘と唯一の衆議院議員であった中村喜四郎との2名が舛添への反発から離党した。大江はその後幸福実現党に入党、中村は新会派「自由民主党・無所属の会」を結成し、引き続き自民党との統一会派で活動している。新党改革 フレッシュアイペディアより)

  • 第174回国会

    第174回国会から見た大江康弘大江康弘

    中村喜四郎衆議院議員と大江康弘参議院議員は舛添への反発から23日までに新党改革への不参加及び、新たに一人会派「改革クラブ」を衆参でそれぞれ立ち上げて引き続き自民党との統一会派を維持する方針を表明。第174回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢グループ

    小沢グループから見た大江康弘大江康弘

    小沢を中心に旧自由党出身の議員の結束は固いが、渡辺秀央、大江康弘のように小沢と対立し離党した議員や藤井裕久、平野達男のように党内の反小沢の立場に転じた議員もいる。一方、一新会のメンバーの場合他のグループに参加しているメンバーも多く、結束は自由党出身議員と比べ幾分緩い傾向がある。小沢グループ フレッシュアイペディアより)

  • 第22回参議院議員通常選挙

    第22回参議院議員通常選挙から見た大江康弘大江康弘

    新党改革は、自民党執行部批判を繰り返していた舛添要一と一部議員が自民党を離党し、衆院選後自民党と連立会派を組んでいた改革クラブに加わり、これを名称変更するかたちで発足。自民党との連立会派を解消し、舛添が代表となった。比例区での10議席確保を目標にしている。これに反発した中村喜四郎と大江康弘が改革クラブを離党した。第22回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 総務会

    総務会から見た大江康弘大江康弘

    現在では自由民主党に設置されており、細田博之が総務会長を務めている。また、改革クラブ(現・新党改革)は2008年の結党時から2010年4月の党名変更まで総務会が設置されており、大江康弘(2010年4月に離党)が総務会長を務めていた。総務会 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会 (会派)

    無所属の会 (会派)から見た大江康弘大江康弘

    参議院では、無所属の大江康弘と自由民主党が参議院内で組んでいる統一会派「自由民主党・無所属の会」である。同会派はそもそも「自由民主党」の名称であったが、第21回参議院議員通常選挙で民主党の比例区で当選した後離党(その後一時改革クラブや幸福実現党に所属)した大江は、第23回参議院議員通常選挙までは自民党に入党すると参議院議員を失職(民主党名簿記載候補が繰り上げ当選する)ため、非党員だが会派に迎え活躍させるために会派名を「自由民主党・無所属の会」に変更した。なお、自民党は2010年4月まで参議院においても改革クラブと統一会派「自由民主党・改革クラブ」を結成しており、大江も当時まで改革クラブに所属していたため、再び自民党会派に復帰したことになる。さらに2012年1月19日たちあがれ日本が加わり、「自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会」となったが、たちあがれ日本は太陽の党を経て日本維新の会に合流したため、同年12月に旧たちあがれ日本の2名は会派を離脱し、現在の名称に戻っている。また、自民党を離党していた長谷川大紋も2012年11月の自民党復党前の同年8月から無所属ながらこの会派に所属していた。無所属の会 (会派) フレッシュアイペディアより)

  • 清水信次

    清水信次から見た大江康弘大江康弘

    2001年(平成13年)、自由党党首(当時)小沢一郎の要請を受け、「最後のご奉公」と第19回参議院議員通常選挙に自由党候補として比例代表区から立候補した。結果は落選であったが、自由党第4位として当選した大江康弘(得票4,3801)とは僅差の第5位(43,027票)の次点であった。清水信次 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺博史

    渡辺博史から見た大江康弘大江康弘

    4月9日の参議院本会議では、渡辺の副総裁人事案に対し、自由民主党や公明党だけでなく、民主党と統一会派を構成する国民新党の全議員が賛成した。さらに、民主党からは渡辺秀央、大江康弘、藤原正司が賛成し、犬塚直史、風間直樹は棄権、桜井充、木俣佳丈は欠席するなど、造反議員が相次いだため、票差は6票差にまで迫ったものの不同意となった。2007年から2009年までのねじれ国会下の中で参議院で不同意となった人事案件の中では票差が最小となったが、民主党内では渡辺副総裁案に賛成する議員が多く出る中で、最終的に反対という方針を決定したことにおいて党内意思決定過程の問題を露呈し、3人の造反議員の招くことになった(後述)。それに対し、衆議院では渡辺の人事案は同意された。両院から同意されなかったことで、渡辺の副総裁就任は不可となった。渡辺博史 フレッシュアイペディアより)

  • 和歌山県議会

    和歌山県議会から見た大江康弘大江康弘

    大江康弘 - 現参議院議員(自由民主党・無所属の会)和歌山県議会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
23件中 1 - 10件表示