23件中 11 - 20件表示
  • 民社協会

    民社協会から見た大江康弘大江康弘

    大江康弘(2回、比例区、民主党除籍後改革クラブ所属)民社協会 フレッシュアイペディアより)

  • 玉置和郎

    玉置和郎から見た大江康弘大江康弘

    玉置の元秘書に、元自民党参議院議員会長の村上正邦、参議院議員の大江康弘などがいる。玉置和郎 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤敏郎

    武藤敏郎から見た大江康弘大江康弘

    3月12日付の『讀賣新聞』、『朝日新聞』、『日本経済新聞』、『中日新聞』(含む『東京新聞』)、『毎日新聞』、『産経新聞』といった主要各紙は、民主党に対し自制を促す社説を一斉に掲載した。しかし、同日行われた参議院における採決では、民主、共産、社民、国民新などの反対多数により武藤と伊藤は不同意となった。民主党の方針に対し、第一生命経済研究所のアナリストからは「武藤氏と副総裁候補の白川方明(まさあき)氏は、共に現在の福井俊彦日銀総裁の路線を継承すると述べたのに、両氏で同意・不同意を分ける理屈はどこにあるのか」との指摘がなされている。なお、参議院での採決時は民主党など野党系会派から造反議員が相次ぎ、川上義博、広田一、森田高は採決を棄権、大江康弘、木俣佳丈、松下新平は採決を欠席している。3月13日、衆議院は本会議にて史上二度目となる同意人事の賛否を問う討論を開催した後、武藤の総裁就任に同意した。武藤敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • 姫井由美子

    姫井由美子から見た大江康弘大江康弘

    2008年8月28日、渡辺秀央、大江康弘ら共に新党・改革クラブ(現・新党改革)の結成に参加する意向を明らかにし、その日の昼に民主党に離党届を提出した。しかし、菅直人らの説得を受け翌日にすぐさま翻意した。その後、記者会見にて今後も民主党員として頑張る旨の報告をした。この離党騒ぎは、不倫スキャンダルや自著出版騒動などで民主党内に居場所がなくなっていたためとされる。県連とのしこりは大きく残ったが、菅や岡山選出の江田五月参院議長のとりなしで事なきを得る。尚、菅の本籍は元々岡山であり、妻(旧姓は姫井)の出身地でもある。姫井由美子 フレッシュアイペディアより)

  • 除名

    除名から見た大江康弘大江康弘

    渡辺秀央、大江康弘(2008年):渡辺は改革クラブへ移籍し代表、大江は改革クラブ、幸福実現党を経て、自由民主党へ移籍。除名 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た大江康弘大江康弘

    14日 - 大江康弘参議院議員が幸福実現党に入党。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢一郎

    小沢一郎から見た大江康弘大江康弘

    説明する努力に欠け、側近が離れる一因であるとも指摘された。小沢から離反した者として、杉山憲夫、熊谷弘、船田元、岡田克也、二階俊博、野田毅、小池百合子、西川太一郎、高橋嘉信、渡辺秀央、大江康弘、西村眞悟、藤井裕久、中塚一宏、階猛、黄川田徹、平野達男らが挙げられる。小沢一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 谷垣禎一

    谷垣禎一から見た大江康弘大江康弘

    2011年(平成23年)8月30日の菅内閣総辞職に伴う内閣総理大臣指名選挙では、衆議院では自民党議員の他に無所属の鳩山邦夫からも票を得た。参議院では一回目は民主党代表野田佳彦に次ぐ2位となり、野田との決選投票では、たちあがれ日本、公明党、無所属の大江康弘、長谷川大紋からも支持を受けた。谷垣禎一 フレッシュアイペディアより)

  • 中村喜四郎

    中村喜四郎から見た大江康弘大江康弘

    2010年4月23日、自民党を離党していた舛添要一らが改革クラブに入党した。同日、舛添は党代表に就任し、改革クラブは新党改革へ改称。しかし中村、大江康弘参議院議員の2人は舛添の入党、党首就任に反発し、それぞれ改革クラブを離党した。その後は自民党の院内会派である「自由民主党・無所属の会」に入会した。中村喜四郎 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺秀央

    渡辺秀央から見た大江康弘大江康弘

    2008年(平成20年)4月9日の日本銀行副総裁人事でも党方針に反して大江康弘と共に政府提案に賛成票を投じた。しかし、自由党と保守党との分裂時に自由党に残ったこと、民由合併の際に民主党への合流に躊躇する西村眞悟や藤島正之を説得していることや、新潟における社民・連合との連携を強化していることから、他の政策対応から保守的とは分類できるものの必ずしも親自民とは言えなかった。渡辺秀央 フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示