61件中 11 - 20件表示
  • 大江康弘

    大江康弘から見た2009年

    2009年4月、慶応義塾大学法学部政治学科通信教育課程入学。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た渡辺秀央

    いわゆる“南京大虐殺”なる現象は虚構でありでっち上げであると主張する映画「南京の真実」の賛同者でもある。いわゆる“従軍慰安婦問題”に関して、当時の日本政府・軍による強制はなかったと主張。アメリカ合衆国下院121号決議に反対した。2006年9月14日の東京都文京区で行われた講演で、「民主党はバラバラでまとまりがなく、チャンスが到来してもそれを生かすどころか自らピンチへと変える。」と民主党の手法を批判。「民主党には政権を任せられない、この党が政権をとったら一週間で日本は終わりである」、「本当は私も民主党を辞めたい」とも述べる。2008年1月11日、臨時国会の参議院本会議で、政府提出の新テロ対策特別措置法案採決を欠席し、民主党提出の対案の採決の際には議場に戻って賛成した。また、道路特定財源の暫定税率廃止に反対し、2008年1月23日、都道府県議会議員が主催する道路特定財源堅持集会に参加するなどしたため、民主党執行部から辞職勧告を受けたが、この処分を不服として、弁護士を通じ内容証明郵便を党本部に送った上で「比例代表選出の議員には、自分の意思や政治家としての独立性はないのか。(党方針に)反対するなら議席を返上せよなんて、いまだかつて聞いたことがない」と述べた。また、2008年3月に任期を迎えた日本銀行総裁の次期総裁人事においても政府案に賛成、4月の日銀副総裁人事でも渡辺秀央と共に民主党党方針(反対)に反して政府案に賛成。6月11日に民主党が提出した首相問責決議には「体調不良」を理由に欠席。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た玉置和郎

    和歌山県西牟婁郡白浜町出身。和歌山県立田辺高等学校、芦屋大学教育学部卒業後、玉置和郎の秘書を務める。1979年、和歌山県議会議員初当選、県議会議員を5期務める。県議時代は長らく自民党に所属する。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た政治家

    大江 康弘(おおえ やすひろ、1953年(昭和28年)12月4日 ‐ )は、日本の政治家。現・参議院議員(2期)。過去に和歌山県議会副議長を務めた。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た除名

    2008年8月28日、渡辺と共に民主党を離党し、新党・改革クラブ結成に参加。9月22日、大江ら改革クラブ議員は民主党から除籍処分を受ける。10月、大江は、地元の後援会における講演で「民主党は国家国益を考えず、選挙、政局一点張りで政権政党を担う党ではないと判断した」と離党理由を述べた。また、次の衆院選では二階俊博支持を表明。二階は2003年に自民党に復党し、自民党総務局長・自民党国会対策委員長・自民党総務会長・経済産業大臣などを歴任していた。改革クラブ所属議員たちは当時の与党・自民党への復帰(自民党にいたことがない大江にとっては新加入)、政権入りを念頭に置いており、明確な提携のないものの、自民党への協力姿勢が強かった。2009年3月6日、大江は、参議院予算委員会の質問に立つも、政府・自民党への忠誠を強調、冒頭「忠実な紀州犬」を例にとって自民党麻生内閣に尽くすことを表明した。2009年8月の第45回衆議院議員総選挙で所属議員が落選、政党要件を失い、かつ所属議員が参院議員だけとなった。更に自民党が野党に転落したため政権入りの目的は達せられなかったが、改革クラブは自民党との提携を維持し、参議院で自民党と統一会派「自由民主党・改革クラブ」を結成した。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た県知事

    独りになった大江は、翌月の2010年5月11日に宗教法人幸福の科学を母体とする幸福実現党への入党を表明し、14日付で入党し選挙対策本部長に就任する。幸福の科学には入信しないと述べ、実際入信しなかった。7か月後の2010年12月27日、幸福実現党を離党する。同年11月の沖縄県知事選で、幸福実現党が独自候補を擁立したことに反発し、11月上旬に離党届を提出していたという。入党の翌日に選挙対策本部長の肩書きを外す等、入党前とは違う指示を受けたことをはじめ「政治の現場で経験を生かす」という事がほとんど受け入れられなかったことも離党の原因としている。また7月の第22回参議院議員通常選挙の幸福実現党の結果に、大江は党と異なり「惨敗」という評価を下していた。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た政党交付金

    2010年4月23日、改革クラブが舛添要一を代表にし新党改革に党名を変更した。大江はこれを「政党交付金目当ての偽装新党」と批判し、同党から離党する。大江のことを無二の子分だと思ってきた渡辺秀央からは相当詰られたと伝えられる。同党からは他にも離脱者が出、自民党との統一会派は解消、同党は自民党と完全に袂を分かった。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た問責決議

    いわゆる“南京大虐殺”なる現象は虚構でありでっち上げであると主張する映画「南京の真実」の賛同者でもある。いわゆる“従軍慰安婦問題”に関して、当時の日本政府・軍による強制はなかったと主張。アメリカ合衆国下院121号決議に反対した。2006年9月14日の東京都文京区で行われた講演で、「民主党はバラバラでまとまりがなく、チャンスが到来してもそれを生かすどころか自らピンチへと変える。」と民主党の手法を批判。「民主党には政権を任せられない、この党が政権をとったら一週間で日本は終わりである」、「本当は私も民主党を辞めたい」とも述べる。2008年1月11日、臨時国会の参議院本会議で、政府提出の新テロ対策特別措置法案採決を欠席し、民主党提出の対案の採決の際には議場に戻って賛成した。また、道路特定財源の暫定税率廃止に反対し、2008年1月23日、都道府県議会議員が主催する道路特定財源堅持集会に参加するなどしたため、民主党執行部から辞職勧告を受けたが、この処分を不服として、弁護士を通じ内容証明郵便を党本部に送った上で「比例代表選出の議員には、自分の意思や政治家としての独立性はないのか。(党方針に)反対するなら議席を返上せよなんて、いまだかつて聞いたことがない」と述べた。また、2008年3月に任期を迎えた日本銀行総裁の次期総裁人事においても政府案に賛成、4月の日銀副総裁人事でも渡辺秀央と共に民主党党方針(反対)に反して政府案に賛成。6月11日に民主党が提出した首相問責決議には「体調不良」を理由に欠席。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た白浜町

    和歌山県西牟婁郡白浜町出身。和歌山県立田辺高等学校、芦屋大学教育学部卒業後、玉置和郎の秘書を務める。1979年、和歌山県議会議員初当選、県議会議員を5期務める。県議時代は長らく自民党に所属する。大江康弘 フレッシュアイペディアより)

  • 大江康弘

    大江康弘から見た発達障害

    発達障害の支援を考える議員連盟大江康弘 フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示