大滝秀治 ニュース&Wiki etc.

大滝 秀治(おおたき ひでじ、1925年(大正14年)6月6日 - 2012年(平成24年)10月2日)は、日本の俳優・ナレーター。本名同じ。身長167cm、体重63kg、血液型O型、ふたご座。東京府東京市本郷区(現・東京都文京区)出身。生まれは母の実家・新潟県柏崎市。 (出典:Wikipedia)

「大滝秀治」Q&A

  • Q&A

    必殺シリーズで、印象に残る悪役ベスト3と言えば、イマケンこと今井健二さん、スガカンこ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年4月18日 16:31

  • Q&A

    JR留萌・増毛 12月4日 廃止 悲しいですか 高倉健の映画 「駅・ST…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年4月9日 07:00

  • Q&A

    本日3・11は、東日本大震災の忘れ得ぬ日付ですが、没後22年と俳優高品格の命日でもあ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年3月11日 19:42

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「大滝秀治」のつながり調べ

  • 10月2日

    10月2日から見た大滝秀治

    2012年 - 大滝秀治、俳優(* 1925年)(10月2日 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の熱い日々 謀殺・下山事件

    日本の熱い日々 謀殺・下山事件から見た大滝秀治

    劇団俳優座の映画部門会社が製作したため、出演者の大半は俳優座の所属俳優である。主人公の矢田記者役は、矢代と名を変えて仲代達矢が演じた。このほか脚色のため、事件関係者や旅館などの名前をいくつか変えてある。事件の鍵を握る男を演じた隆大介の演技も注目を浴びた。『日本列島』で謎の謀略家・涸沢(からさわ)を演じた大滝秀治が、本作でも謀略家・唐沢を演じている。当時まだ若手だった役所広司も無名の記者役で出演している。なお、下山定則総裁当人は記録映像部分に登場するが、劇中の役は数カット出ているだけで、俳優名はとくにクレジットされていない。(日本の熱い日々 謀殺・下山事件 フレッシュアイペディアより)