253件中 11 - 20件表示
  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た市川崑

    映画では市川崑や伊丹十三作品の常連として活躍。特に市川作品では「金田一耕助シリーズ」全5作に皆勤出演出演しており、伊丹作品ではコミカルな役に起用されている(1970年代半ばに大作ブームで引っ張りだことなり、1977年から1979年の3年間で全国公開された大作の実に8割近くに出演した)。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た関根勤関根 勤

    「としつつも時には激昂する」という独特の芸風が人気を集め、関根勤のモノマネレパートリーの1人としても知られるようになる(モノマネは大滝公認)。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た不毛地帯

    映画では1952年(昭和27年)に公開した新藤兼人監督の『原爆の子』など民藝がユニット出演した作品などに端役で出演していたが、1955年(昭和30年)の『ここに泉あり』でまともな役を演じた。また当時、民藝が日活と提携契約していた関係で1960年代は日活のアクション映画などに、主に悪役で出演した。1970年代以降も巨悪や黒幕役を数多く演じ、山本薩夫監督の社会派映画『華麗なる一族』『金環蝕』『不毛地帯』で大物政治家を演じる一方、今井正監督の『あにいもうと』では、主人公の父親役でブルーリボン賞の助演男優賞(『不毛地帯』の演技と共に受賞)、キネマ旬報賞の助演男優賞、第1回報知映画賞の助演男優賞を受賞。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見たあなたへ

    2011年(平成23年)6月から7月にかけて行われた舞台『帰還』が最後の舞台出演となる。2012年(平成24年)春に体調を崩し、舞台『うしろ姿のしぐれてゆくか』への出演を取りやめた。10月2日午後3時17分、肺扁平上皮癌のため東京都内の自宅で死去した。。最後の作品となった映画『あなたへ』で共演した高倉健は、大滝との共演シーンで涙を流したと語っており、「あの芝居を間近で見て、あの芝居の相手でいられただけで、この映画に出て良かった、と思ったくらい、僕はドキッとしたよ。あの大滝さんのセリフ(「久しぶりに、きれいな海ば見た」)の中に、監督の思いも、脚本家の思いも、みんな入ってるんですよね」と振り返っている。戒名は瑞藝院秀聲居士。今上天皇から、一般の香典にあたる祭祀料を下賜された。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た宇野重吉

    2011年(平成23年)度文化功労者。名優の一人として舞台・テレビドラマ・映画・テレビコマーシャルと60年以上にわたり幅広く活躍。劇団民藝に所属し、宇野重吉没後には奈良岡朋子と共に代表を担っていた(法人の代表権は大滝が持つ形となり、奈良岡は取締役であった)。趣味は将棋。1987年から1988年頃にかけて活動した女優の大滝久美は次女。同期には奈良岡・内藤武敏がいる。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た日本テレビ放送網

    東京バイパス指令 第60話「もう一つの顔」(1969年、東宝 / NTV大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見たWOWOW

    朝食亭(2009年3月8日、WOWOW) - 日野下老人大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た讀賣テレビ放送

    乱歩R(2004年、YTV) - 小林芳雄大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た国際放映

    泣いてたまるか 第35話「翼あれば」(1967年、国際放映 / TBS)大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見たやずや

    やずやのCMの中では宇野に自らの声を「壊れたハーモニカ」と評された先述のエピソードを吐露している。これは暗に舞台演出家への転向を促されたものであった。大滝自身も自分は声も顔も悪く、若い頃より老け役を演じることが多かったと振り返っており、様々な老人役を演じた。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

253件中 11 - 20件表示

「大滝秀治」のニューストピックワード