253件中 21 - 30件表示
  • 大滝秀治

    大滝秀治から見たテレビ東京

    月曜・女のサスペンス / 第九の流れる家(1991年、TX) - 大出洋大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た報知映画賞

    映画では1952年(昭和27年)に公開した新藤兼人監督の『原爆の子』など民藝がユニット出演した作品などに端役で出演していたが、1955年(昭和30年)の『ここに泉あり』でまともな役を演じた。また当時、民藝が日活と提携契約していた関係で1960年代は日活のアクション映画などに、主に悪役で出演した。1970年代以降も巨悪や黒幕役を数多く演じ、山本薩夫監督の社会派映画『華麗なる一族』『金環蝕』『不毛地帯』で大物政治家を演じる一方、今井正監督の『あにいもうと』では、主人公の父親役でブルーリボン賞の助演男優賞(『不毛地帯』の演技と共に受賞)、キネマ旬報賞の助演男優賞、第1回報知映画賞の助演男優賞を受賞。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た奥村公延

    奥村公延とは将棋仲間だった。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た勝新太郎

    痛快! 河内山宗俊(1975年 - 1976年、勝プロ / CX) - 森田屋清蔵大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た内藤武敏

    2011年(平成23年)度文化功労者。名優の一人として舞台・テレビドラマ・映画・テレビコマーシャルと60年以上にわたり幅広く活躍。劇団民藝に所属し、宇野重吉没後には奈良岡朋子と共に代表を担っていた(法人の代表権は大滝が持つ形となり、奈良岡は取締役であった)。趣味は将棋。1987年から1988年頃にかけて活動した女優の大滝久美は次女。同期には奈良岡・内藤武敏がいる。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    2011年(平成23年)度文化功労者。名優の一人として舞台・テレビドラマ・映画・テレビコマーシャルと60年以上にわたり幅広く活躍。劇団民藝に所属し、宇野重吉没後には奈良岡朋子と共に代表を担っていた(法人の代表権は大滝が持つ形となり、奈良岡は取締役であった)。趣味は将棋。1987年から1988年頃にかけて活動した女優の大滝久美は次女。同期には奈良岡・内藤武敏がいる。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見たTBSテレビ

    慎太郎ミステリー・暗闇の声 / 雨の降る日は天気が悪い(1959年、KR大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た日本放送協会

    こどもの時間(NHK大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た日活

    映画では1952年(昭和27年)に公開した新藤兼人監督の『原爆の子』など民藝がユニット出演した作品などに端役で出演していたが、1955年(昭和30年)の『ここに泉あり』でまともな役を演じた。また当時、民藝が日活と提携契約していた関係で1960年代は日活のアクション映画などに、主に悪役で出演した。1970年代以降も巨悪や黒幕役を数多く演じ、山本薩夫監督の社会派映画『華麗なる一族』『金環蝕』『不毛地帯』で大物政治家を演じる一方、今井正監督の『あにいもうと』では、主人公の父親役でブルーリボン賞の助演男優賞(『不毛地帯』の演技と共に受賞)、キネマ旬報賞の助演男優賞、第1回報知映画賞の助演男優賞を受賞。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た山本薩夫

    映画では1952年(昭和27年)に公開した新藤兼人監督の『原爆の子』など民藝がユニット出演した作品などに端役で出演していたが、1955年(昭和30年)の『ここに泉あり』でまともな役を演じた。また当時、民藝が日活と提携契約していた関係で1960年代は日活のアクション映画などに、主に悪役で出演した。1970年代以降も巨悪や黒幕役を数多く演じ、山本薩夫監督の社会派映画『華麗なる一族』『金環蝕』『不毛地帯』で大物政治家を演じる一方、今井正監督の『あにいもうと』では、主人公の父親役でブルーリボン賞の助演男優賞(『不毛地帯』の演技と共に受賞)、キネマ旬報賞の助演男優賞、第1回報知映画賞の助演男優賞を受賞。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

253件中 21 - 30件表示

「大滝秀治」のニューストピックワード