226件中 21 - 30件表示
  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た毎日放送

    隠し目付参上 第6話「からくり三太はなぜ泣いたか」(1976年、三船プロ / MBS) - からくり御前大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見たやずや

    2002年(平成14年)から俳優の岸部一徳と共演している大日本除虫菊(金鳥)のCMでは、迫真かつユーモラスな演技を見せ、このCMは2004年(平成16年)に東京コピーライターズクラブ賞のグランプリを受賞した。タレントの関根勤の物真似(大滝本人公認)のレパートリーの人物としても知られている。また、やずやのCMの中では宇野に自らの声を「壊れたハーモニカ」と評された先述のエピソードを吐露している。これは暗に舞台演出家への転向を促されたものであった。大滝自身も自分は声も顔も悪く、若い頃より老け役を演じることが多かったと振り返っており、様々な老人役を演じた。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た日曜劇場

    東芝日曜劇場 第321回「冬の女」(1963年1月27日、TBS)大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た奈良岡朋子奈良岡 朋子

    2011年(平成23年)度文化功労者。名優の一人として舞台・テレビドラマ・映画・テレビコマーシャルと60年以上にわたり幅広く活躍。劇団民藝に所属し、宇野重吉没後には奈良岡朋子と共に代表を担っていた(法人の代表権は大滝が持つ形となり、奈良岡は取締役であった)。趣味は将棋。1987年から1988年頃にかけて活動した女優の大滝久美は次女。同期には奈良岡・内藤武敏がいる。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た勝新太郎

    痛快! 河内山宗俊(1975年 - 1976年、勝プロ / CX) - 森田屋清蔵大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た内藤武敏

    2011年(平成23年)度文化功労者。名優の一人として舞台・テレビドラマ・映画・テレビコマーシャルと60年以上にわたり幅広く活躍。劇団民藝に所属し、宇野重吉没後には奈良岡朋子と共に代表を担っていた(法人の代表権は大滝が持つ形となり、奈良岡は取締役であった)。趣味は将棋。1987年から1988年頃にかけて活動した女優の大滝久美は次女。同期には奈良岡・内藤武敏がいる。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た江口隆哉

    テレビドラマでも現代劇・時代劇で悪役から、刑事ドラマ『特捜最前線』での船村一平刑事役で1977年より8年間レギュラー出演など、幅広く活躍。同ドラマは代表作の一つとなった。主演作には1975年(昭和50年)から1981年(昭和56年)にかけて地方の巡査を演じた『うちのホンカン』があり、第1作は第23回日本民間放送連盟賞最優秀賞を受賞。飄々としつつも、時には激昂する独特の芸風が人気を集めた。江口隆哉の考案した体操でハップという掛け声を云わされたことから綽名はハップであった。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た大久保忠教

    決闘鍵屋の辻 荒木又右衛門 ※高橋英樹主演(1993年、NTV) - 大久保彦左衛門大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た西園寺公望

    落日燃ゆ(2009年3月15日、東映 / EX) - 西園寺公望 ※テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見たアントン・チェーホフ

    帝国劇場で研究生募集のチラシを見たのがきっかけとなり、1948年(昭和23年)に東京民衆芸術劇場附属俳優養成所に1期生で入所後、1949年(昭和24年)に『風の吹く一幕』で初舞台を踏む。しかし劇団民藝の創設者である宇野重吉に甲高く、かすれた独特の声を指して「おまえの声は壊れたハーモニカのようだから、演劇には向かないと思う」と評され、演出部へ移った。1950年(昭和25年)の民藝創設に参加し、旗揚げ公演のチェーホフの『かもめ』に出演する。1952年(昭和27年)には『冒した者』の代役に起用されたことがきっかけで俳優に転じ、正式に劇団員となった。長年裏方ばかりの不遇時代が続くが、1970年(昭和45年)の舞台『審判』の演技で紀伊國屋演劇賞を受賞。時に45歳での受賞であった。以来、民藝の看板俳優のひとりとして数多くの舞台に出演した。2005年(平成17年)には『巨匠』『浅草物語』の演技で読売演劇大賞及び最優秀男優賞を、2009年(平成21年)には『らくだ』の演技で文化庁芸術祭(演劇部門・関東参加公演の部)大賞を受賞している。2011年(平成23年)には多年に亘る演劇活動に対する功績を評価され、文化功労者に推挙された。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

226件中 21 - 30件表示