253件中 31 - 40件表示
  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た今井正

    映画では1952年(昭和27年)に公開した新藤兼人監督の『原爆の子』など民藝がユニット出演した作品などに端役で出演していたが、1955年(昭和30年)の『ここに泉あり』でまともな役を演じた。また当時、民藝が日活と提携契約していた関係で1960年代は日活のアクション映画などに、主に悪役で出演した。1970年代以降も巨悪や黒幕役を数多く演じ、山本薩夫監督の社会派映画『華麗なる一族』『金環蝕』『不毛地帯』で大物政治家を演じる一方、今井正監督の『あにいもうと』では、主人公の父親役でブルーリボン賞の助演男優賞(『不毛地帯』の演技と共に受賞)、キネマ旬報賞の助演男優賞、第1回報知映画賞の助演男優賞を受賞。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た新藤兼人

    映画では1952年(昭和27年)に公開した新藤兼人監督の『原爆の子』など民藝がユニット出演した作品などに端役で出演していたが、1955年(昭和30年)の『ここに泉あり』でまともな役を演じた。また当時、民藝が日活と提携契約していた関係で1960年代は日活のアクション映画などに、主に悪役で出演した。1970年代以降も巨悪や黒幕役を数多く演じ、山本薩夫監督の社会派映画『華麗なる一族』『金環蝕』『不毛地帯』で大物政治家を演じる一方、今井正監督の『あにいもうと』では、主人公の父親役でブルーリボン賞の助演男優賞(『不毛地帯』の演技と共に受賞)、キネマ旬報賞の助演男優賞、第1回報知映画賞の助演男優賞を受賞。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た江口隆哉

    江口隆哉の考案した体操でハップという掛け声を云わされたことからあだ名はハップであった。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た大久保忠教

    決闘鍵屋の辻 荒木又右衛門(1993年、NTV) - 大久保彦左衛門大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た山田太一 (脚本家)

    テレビ朝日開局40周年2000年山田太一スペシャルドラマ そして、友だち(2000年、テレビ朝日)大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見たアントン・チェーホフ

    帝国劇場で研究生募集のチラシを見たのがきっかけとなり、1948年(昭和23年)に東京民衆芸術劇場附属俳優養成所に1期生で入所後、1949年(昭和24年)に『風の吹く一幕』で初舞台を踏む。しかし同劇団の創設者である宇野重吉に甲高く、かすれた独特の声を指して「おまえの声は壊れたハーモニカのようだから、演劇には向かないと思う」と評され、演出部へ移った。1950年(昭和25年)の民藝創設に参加し、旗揚げ公演のチェーホフの『かもめ』に出演する。1952年(昭和27年)には『冒した者』の代役に起用されたことがきっかけで俳優に転じ、正式に劇団員となった。長年裏方ばかりの不遇時代が続くが、1970年(昭和45年)の舞台『審判』の演技で紀伊國屋演劇賞を受賞。時に45歳での受賞であった。以来、民藝の看板俳優のひとりとして数多くの舞台に出演した。『巨匠』『浅草物語』『らくだ』などが舞台の代表作であり、演劇賞も多く受賞している(下述)。2011年(平成23年)には多年に亘る演劇活動に対する功績を評価され、文化功労者に推挙された。大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た西園寺公望

    落日燃ゆ(2009年3月15日、東映 / EX) - 西園寺公望※テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た内田康夫

    「浅見光彦シリーズ」第40弾「棄霊島」(2011年5月6日(金曜プレステージ)・2011年5月7日(土曜プレミアム)、CX) - 桧山泰造※内田康夫作家30周年記念二夜連続特別企画大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た浅草ふくまる旅館

    浅草ふくまる旅館 第2シリーズ(2007年、TBS) - 清水辰三郎大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

  • 大滝秀治

    大滝秀治から見た母べえ

    母べえ(2008年、松竹) - 野村医師大滝秀治 フレッシュアイペディアより)

253件中 31 - 40件表示

「大滝秀治」のニューストピックワード