前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • 全国高等学校ラグビーフットボール大会

    全国高等学校ラグビーフットボール大会から見た大畑大介大畑大介

    本大会から神戸製鋼グループが特別協賛社となり、「KOBELCOスポーツスペシャル」として再スタートするが、放送体制は2002年度(第82回)大会からとほとんど変更されないまま。ただし従来から行っていた準決勝当日の地上波テレビ中継放送は廃止(決勝前日の1月6日深夜に大会ハイライトをJNN系列向けのネットセールス枠で放送)され、決勝戦のみが生放送(ネットセールス枠)される。インターネットでは準々決勝と準決勝を動画生中継配信する。またサンテレビジョンの中継が中止された。この大会以後、神戸製鋼所ラグビー部(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)・大畑大介選手がシーズン中にもかかわらず出演。ハイライトでは中川剛と共に注目の1試合のプレー解説を行い、決勝戦では副音声のゲスト解説を担当。全国高等学校ラグビーフットボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • 最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦

    最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦から見た大畑大介大畑大介

    世界歴代2位(ラグビー記録)-13m50cm(大畑大介)最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦 フレッシュアイペディアより)

  • ラグビー日本代表

    ラグビー日本代表から見た大畑大介大畑大介

    平尾の辞任を受け、宿澤広朗が強化委員長に就任し、現場復帰することになった。宿澤は、自身の出身校である早稲田大学を含めた、日本ラグビー界にはびこる「学閥」の排除の意味も込めて、監督時代に東芝府中の黄金時代を築いた、東海大学出身の向井昭吾を監督に招聘した。向井は東芝府中監督時代、「PからGO」のキャッチフレーズを掲げ、ペナルティを与えられたら間髪入れず素早い攻撃を仕掛けるという戦法を駆使し、日本選手権3連覇などの実績を挙げた。また「PからGO」の戦法は、体格に劣る日本代表にも合致していると思われた。しかも、向井時代の代表選手には、大畑大介と小野澤宏時というフィニッシャーがいたからなおさらだった。しかし、「速いラグビー」が売りであるがゆえに、他国チームは逆に、日本はスクラムやラインアウトといったセットプレーが弱点と考え、とりわけ列強諸国は、そこを重点的に突いてきたが、日本はほとんどそれに対応できなかった。結果、向井時代にテストマッチでアジア諸国以外のチームから勝ち星を得たのは、2001年におけるカナダと、2002年におけるロシアの2勝のみ。2003年のワールドカップでは、スコットランド、フランス、フィジー、アメリカにそれぞれ完敗し、3大会連続の全敗を記録してしまった。大会終了後、監督の向井に加え、強化委員長の宿澤もそれぞれ辞任した。ラグビー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンサバーブス・クラブ

    ノーザンサバーブス・クラブから見た大畑大介大畑大介

    NSW州最高峰のプレミアシップリーグに所属しており、大畑大介(神戸製鋼)をはじめ、毎年のように日本人選手がラグビー留学するチームとしても有名。また、オーストラリア遠征を行う日本のラグビーチームと試合を行うなど、日本とのつながりは深い。ジャージは赤と黒の横縞で短パンは黒。日系企業からのサポートを受けている。ノーザンサバーブス・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 京都産業大学ラグビー部

    京都産業大学ラグビー部から見た大畑大介大畑大介

    大畑大介(WTB・CTB・FB、1997年度主将。元日本代表。元 神戸製鋼コベルコスティーラーズ所属/東海大仰星高出身)京都産業大学ラグビー部 フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・キャンピージ

    デイヴィッド・キャンピージから見た大畑大介大畑大介

    また、テストマッチでのトライ数64は2006年に大畑大介に更新されるまで世界記録だった。デイヴィッド・キャンピージ フレッシュアイペディアより)

  • トライ (ラグビー)

    トライ (ラグビー)から見た大畑大介大畑大介

    2012年5月6日現在、テストマッチ通算最多トライ記録は大畑大介の69トライである。トライ (ラグビー) フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学付属仰星高等学校・中等部

    東海大学付属仰星高等学校・中等部から見た大畑大介大畑大介

    大畑大介(元神戸製鋼コベルコスティーラーズ・TB)9期生東海大学付属仰星高等学校・中等部 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た大畑大介大畑大介

    5月14日 - 近鉄花園ラグビー場で行われたラグビー・リポビタンDチャレンジ日本vsグルジア戦にて、大畑大介がテストマッチ通算65トライの世界新記録達成。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1975年のスポーツ

    1975年のスポーツから見た大畑大介大畑大介

    11月11日 - 大畑大介(大阪府、ラグビー)1975年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示