前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示
  • 大畑大介

    大畑大介から見た関西テレビ放送

    2010年より株式会社スポーツカンパニーとマネジメント契約したが、2010-11トップリーグ開幕を前に同シーズンを最後に引退することを表明。2011年1月9日、リーグ最終戦の豊田自動織機戦で右ひざを断裂。これを最後に選手生活にピリオドを打つこととなった。なお、この右ひざの手術の翌日、外泊許可を取って「さんまのまんま」の収録に参加している(放映日は関西テレビ 2011年1月29日、フジテレビ 2011年2月6日)。高校の同級生であるテキサス・レンジャーズ(当時)の建山義紀投手とボストン・レッドソックスの上原浩治投手が出演すると云うことで、3人揃うのは滅多にないから、とのことであった。大畑大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑大介

    大畑大介から見たフジテレビジョン

    2010年より株式会社スポーツカンパニーとマネジメント契約したが、2010-11トップリーグ開幕を前に同シーズンを最後に引退することを表明。2011年1月9日、リーグ最終戦の豊田自動織機戦で右ひざを断裂。これを最後に選手生活にピリオドを打つこととなった。なお、この右ひざの手術の翌日、外泊許可を取って「さんまのまんま」の収録に参加している(放映日は関西テレビ 2011年1月29日、フジテレビ 2011年2月6日)。高校の同級生であるテキサス・レンジャーズ(当時)の建山義紀投手とボストン・レッドソックスの上原浩治投手が出演すると云うことで、3人揃うのは滅多にないから、とのことであった。大畑大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑大介

    大畑大介から見た箕内拓郎

    2006年アジア選手権(兼ワールドカップアジア最終予選)では主将を務める。2004年にも1度務めたが、当時の主将だった箕内拓郎の代役としてだった。大畑大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑大介

    大畑大介から見た建山義紀

    2010年より株式会社スポーツカンパニーとマネジメント契約したが、2010-11トップリーグ開幕を前に同シーズンを最後に引退することを表明。2011年1月9日、リーグ最終戦の豊田自動織機戦で右ひざを断裂。これを最後に選手生活にピリオドを打つこととなった。なお、この右ひざの手術の翌日、外泊許可を取って「さんまのまんま」の収録に参加している(放映日は関西テレビ 2011年1月29日、フジテレビ 2011年2月6日)。高校の同級生であるテキサス・レンジャーズ(当時)の建山義紀投手とボストン・レッドソックスの上原浩治投手が出演すると云うことで、3人揃うのは滅多にないから、とのことであった。大畑大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑大介

    大畑大介から見た上原浩治

    2010年より株式会社スポーツカンパニーとマネジメント契約したが、2010-11トップリーグ開幕を前に同シーズンを最後に引退することを表明。2011年1月9日、リーグ最終戦の豊田自動織機戦で右ひざを断裂。これを最後に選手生活にピリオドを打つこととなった。なお、この右ひざの手術の翌日、外泊許可を取って「さんまのまんま」の収録に参加している(放映日は関西テレビ 2011年1月29日、フジテレビ 2011年2月6日)。高校の同級生であるテキサス・レンジャーズ(当時)の建山義紀投手とボストン・レッドソックスの上原浩治投手が出演すると云うことで、3人揃うのは滅多にないから、とのことであった。大畑大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑大介

    大畑大介から見た日本テレビ放送網

    ラグビー中継(日本テレビ、JSPORTS)解説者大畑大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑大介

    大畑大介から見た7人制ラグビー

    1999年の香港セブンズで、日本代表は下位チームによるトーナメントグループ(プレートトーナメント)に回ったが、その決勝のスコットランド戦の終了間際、大畑は自陣ゴール前から、「大会史上最高」とも評された独走トライで日本を逆転勝利に導き、プレートトーナメント出場国の選手としては史上初のMVPを獲得した。大畑大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑大介

    大畑大介から見た珠久美穂子

    サタ☆スポ(FM OSAKA、JFN系列一部地域ネット)珠久美穂子とともにパーソナリティを担当大畑大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑大介

    大畑大介から見たヤコ・ファン・デル・ヴェストハイゼン

    2008-2009シーズン・トップリーグ第1節NEC戦で復活。元南アフリカ代表ヤコ・ファン・デル・ヴェストハイゼンのパスをカット。一気に50mを走りきり、復活トライをあげた。その後チームは、トップリーグプレーオフに進出するが、2009年2月1日の準決勝東芝戦で左肩を亜脱臼。そのまま退場した。大畑大介 フレッシュアイペディアより)

  • 大畑大介

    大畑大介から見た客員教授

    2010年シーズンを最後に現役を引退した。引退後は神戸製鋼コベルコスティーラーズのアンバサダー(大使)やSPORTS JAPAN アンバサダーとして、全国各地や各種メディアなどでラグビーの振興・普及活動を展開。また、2012年6月からは追手門学院大学地域文化創造機構の客員特別教授に就任している。大畑大介 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
73件中 1 - 10件表示

「大畑大介」のニューストピックワード