大相撲の番付 ニュース&Wiki etc.

番付(ばんづけ)は大相撲における力士の順位表。正式には「番付表」という。ここから転じてその他さまざまなものの順位付けの意味でも用いられる(長者番付など)。格下のものが上位のものを倒す「番狂わせ」などの言葉はここから発している。すでに江戸時代にはこの形式を借りて、古典園芸植物の品種や各地の名所、温泉、三味線演奏家、遊女、本… (出典:Wikipedia)

「大相撲の番付」Q&A

  • Q&A

    spichan_woody_hug_smileさんに回答リクエストです 今場所は横…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月29日 12:40

  • Q&A

    大相撲の「番付外」とは序の口より下のことを指すのでしょうか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月27日 16:05

  • Q&A

    大相撲に関する質問です。千秋楽の取組で、なぜ稀勢の里対琴奨菊の取組がなく、どちらも平…

    [続きを読む]

    回答数:7質問日時 - 2016年11月27日 10:42

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「番付」のつながり調べ

  • 桂文治

    桂文治から見た番付

    上方3代目文治の弟子で、幕末に活躍。1853年の見立番付には、既に桂慶枝の名で東方前頭2枚目に位置しており、後に上方4代目文治を襲名。襲名時期は1855年春頃と推測される。改名順は、桂文枝から桂慶枝になり、文治を継いだと推測される。(桂文治 フレッシュアイペディアより)

  • 入婿

    入婿から見た番付

    相撲界では相撲部屋や年寄名跡を継承する際に、親方の娘を有力な力士と結婚させて後継者とすることが現在でも多く、この場合入婿の形を取る。近年では琴ノ若(現佐渡ヶ嶽親方)や金親(先代宮城野親方)がその有名な例である。これは前述の商家の入婿の例に似ているが、ある程度番付を上げた人間に後継者が限定される(例外はあるが、それでも関取を長く務めるのが最低条件)ので、使用人出身の商家の入婿よりは立場は強いと思われ、夫婦関係の破綻によって年寄株を没収されるわけでもない。(入婿 フレッシュアイペディアより)

「番付」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「大相撲の番付」のニューストピックワード