前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
394件中 1 - 10件表示
  • すもうねこ

    すもうねこから見た番付番付

    四股名は「まりも海一美」。先場所の番付は大関。角界でも指折りのイケメン力士。頼れる兄弟子でねこ関憧れの人。バツイチのキャバ嬢と結婚、現在2児の父。イヌ派。すもうねこ フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た番付番付

    江戸の他にも、この時期には京都や大坂に相撲の集団ができた。当初は朝廷の権威、大商人の財力によって看板力士を多く抱えた京都、大坂相撲が江戸相撲をしのぐ繁栄を見せた。興行における力士の一覧と序列を定めた番付も、この頃から、相撲場への掲示用の板番付だけでなく、市中に広めるための木版刷りの形式が始まった。現存する最古の木版刷りの番付は、江戸では1757年のものであるが、京都や大坂では、それよりも古いものが残されている。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 雪見山堅太夫

    雪見山堅太夫から見た番付番付

    雪見山堅太夫(ゆきみやま けんだゆう、生没年不詳)は、江戸勧進相撲が初めて木版刷りの縦一枚番付を発行した1757年(宝暦7年)10月場所の東大関に記載された力士である。宝暦7年10月場所以降江戸勧進相撲の番付が現在の日本相撲協会まで連綿と続いていることから雪見山を初代の大関に擬する向きもあるが、元々相撲興行は京・大坂が本場であり番付自体も京で1699年(元禄12年)、大坂で1702年(元禄15年)のものから写本や板番付等の形式で宝暦7年以前に50場所分近く残されていることもあり言葉遊びの域を出るものではない。雪見山堅太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 式守勘太夫 (5代)

    式守勘太夫 (5代)から見た番付番付

    相撲字に関しては「名人」と称され能筆で、永らく番付の書き手(戦後2人目)を務めた(1952年1月 - 1966年9月、行司引退後も停年まで務めた)。読売新聞東京本社発行、隔月刊「大相撲」(2010年9月号を最後に休刊)の表紙題字1は5代勘太夫の書によるものである(目次欄に「題字・鏡山勘太夫」と記載されている)。式守勘太夫 (5代) フレッシュアイペディアより)

  • 杵屋彌十郎

    杵屋彌十郎から見た番付番付

    初代彌十郎まはた初代杵屋正次郎の門弟。1768年11月に江戸森田座顔見世番付に初めて名を見る。1779年に市村座で初めて大薩摩のタテを弾く。1781年11月に森田座でタテ三味線となる。初代杵屋巳太郎が1783年11月に市村座で2代目彌十郎を襲名。1802年11月に市村座が名を見る最後。杵屋彌十郎 フレッシュアイペディアより)

  • 鯉ノ勢寅雄

    鯉ノ勢寅雄から見た番付番付

    同場所では番付外と新序で共に好成績を残したため、翌場所では序ノ口を飛び越して、序二段に付け出された。鯉ノ勢寅雄 フレッシュアイペディアより)

  • 玉ひで

    玉ひでから見た番付番付

    1852年(嘉永5年) :店に専念し始めた3代目・山田鐡之助の時代から繁盛し始め、この年、名物店番付『江戸五高昇薫』内「しゃもなべ」(軍鶏鍋部門)に「四谷御門内万蔵金 ミソヤシンミチ大はし 住吉丁玉てつ 馬道桜や スキヤカシ中嶋」とあり、江戸屈指の鳥料理店5店の一つとして紹介される。もっとも当時は格式高く庶民には縁遠い店であった。玉ひで フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (25代)

    木村庄之助 (25代)から見た番付番付

    1971年末、大相撲史上初の行司のストライキを起こした。行司一同が日本相撲協会の改革案を不満として一日ストに入った時の行司最高責任者であり、その直後の1972年1月場所8日目、関脇貴ノ花対横綱北の富士戦の取り組みで物言いがつき、行司差し違えと判断され、進退伺いを拒否したため協会からの処分は出場停止となった。同時にストの責任者ということもあり、3月場所直前に自ら相撲協会に辞表を提出、停年を前にして退職した(番付編成後に退職したため、3月場所の番付には「木村庄之助」と記載されたままとなる)。協会は、11月場所までは庄之助を空席とし、翌1973年1月場所より立行司22代式守伊之助を26代庄之助に昇格させた。木村庄之助 (25代) フレッシュアイペディアより)

  • 両國梶之助 (國岩)

    両國梶之助 (國岩)から見た番付番付

    引退後は入間川部屋を創設して多くの力士を育成しながら、常陸山を補佐する。1922年に常陸山が没すると、その跡を継いで出羽ノ海部屋を率いたが、その際に常陸山への敬意として「ノ」を外して「出羽海部屋」と改めた。その後は常陸山が生前に角界随一の名門部屋に育て上げた部屋を盛り立て、最終的には番付の片側を出羽海一門で占めるほどの隆盛を極めた。年寄・出羽海としても武藏山武・両國梶之助(瓊ノ浦)・五ツ嶋奈良男・新海幸藏・笠置山勝一など、戦前の大相撲を代表する力士を多数育成した。両國梶之助 (國岩) フレッシュアイペディアより)

  • ヒット商品番付

    ヒット商品番付から見た番付番付

    ヒット商品番付(ヒットしょうひんばんづけ)とは、その年に記録的な売り上げとなった、もしくは流行した商品やサービス、事象といった、いわゆる「ヒット商品」を、その年の社会情勢や消費動向などさまざまな観点をもとに、ヒットの度合いを相撲の番付になぞらえて発表するランキングである。毎年年末ごろに発表され、その年の流行や経済情勢を反映する指標として使われることが多い。ヒット商品番付 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
394件中 1 - 10件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード