前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
301件中 1 - 10件表示
  • 四股名

    四股名から見た番付番付

    改名するときは、各場所の千秋楽から番付編成会議までの間に改名届を提出し、編成会議において承認される。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 雪見山堅太夫

    雪見山堅太夫から見た番付番付

    雪見山堅太夫(ゆきみやま けんだゆう、生没年不詳)は、永い大相撲の歴史上、江戸時代に乱立された看板大関など、便宜上存在した大関も含め、全ての大関の始祖とされ、初代大関に認定されている力士である(但し、それ以前の大関に相当する番付・称号に該当する者は除く)。雪見山堅太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 力士会

    力士会から見た番付番付

    毎場所ごとに番付発表の翌日に開催され、ここで新十両昇進力士の紹介や引退力士への記念品贈呈、関取衆の身体測定(身長・体重)などが行われる。また、引退相撲に関しては力士会は無償で出場することが慣例となっている。力士会 フレッシュアイペディアより)

  • 和晃敏郎

    和晃敏郎から見た番付番付

    以来、着実に番付を上げてゆき、1965年5月場所で十両へ昇進した。だが、軽量と生来の気の弱さが災いし、その後十両下位と幕下を往復する生活が3年以上続いた。しかし、徐々に十両でも成績が残せるようになり、1969年9月場所で新入幕を果たした。和晃敏郎 フレッシュアイペディアより)

  • ヒット商品番付

    ヒット商品番付から見た番付番付

    ヒット商品番付(?しょうひんばんづけ)とは、その年に記録的な売り上げとなった、もしくは流行した商品やサービス、事象といった、いわゆる「ヒット商品」を、その年の社会情勢や消費動向などさまざまな観点をもとに、ヒットの度合いを相撲の番付になぞらえて発表するランキングである。毎年年末ごろに発表され、その年の流行や経済情勢を反映する指標として使われることが多い。ヒット商品番付 フレッシュアイペディアより)

  • 北天佑勝彦

    北天佑勝彦から見た番付番付

    1976年1月場所、本名の千葉で初土俵。1978年1月場所、幕下昇進を機に北天佑勝彦と改名。幕下時代の1979年7月場所では三保ヶ関部屋の力士が流行性肝炎に多数感染。北天佑もその一人で初日から休場するも8日目から出場している。1980年3月場所、東幕下2枚目で7戦全勝で幕下優勝を果たし、翌5月場所に19歳で十両昇進。十両を3場所で通過して同年11月場所20歳で新入幕。入幕3場所目の1981年3月場所横綱若乃花から初金星を獲得。翌5月場所では9勝6敗で初の敢闘賞を受賞し、7月場所で小結昇進。以後3場所連続で小結を保つも、ケガによる休場のため一度は幕尻まで下がる。しかし徐々に番付を戻し1982年9月場所では若乃花、千代の富士の両横綱から金星を獲得し10勝5敗の成績で2度目の敢闘賞。翌11月場所で小結に復帰。その場所では8勝7敗と勝ち越し殊勲賞を受賞。さらに新関脇の1983年1月場所で11勝4敗。3月場所は12勝3敗の成績を挙げ、初の大関挑戦となった5月場所では14勝1敗で初優勝を果たした。これにより大関昇進目安条件の三役3場所33勝を大幅に上回る37勝8敗で推挙された。北天佑勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 麒麟児和春

    麒麟児和春から見た番付番付

    1979年(昭和54年)に左膝を負傷して十両陥落。その後小結まで番付を戻すが1981年(昭和56年)以降になると、次第に上位には通じなくなり、幕内上位では負け越し、番付が下がると勝ち越すというパターンの繰り返しが続き、いわゆるエレベーター力士として引退まで幕内に長く留まった。昭和天皇も「麒麟児は今度は勝ち越す番だね。下位に下がったから」と言ったエピソードがあり、引退まで殆どがこの星取りパターンだった。麒麟児和春 フレッシュアイペディアより)

  • 若羽黒朋明

    若羽黒朋明から見た番付番付

    中学3年生の時、当時の立浪親方(元小結・緑嶌)に誘われ、立浪部屋へ入門。1949年10月場所にて、14歳で初土俵を踏んだ。翌年1月場所より番付に名が載ったが、四股名はどうしても若の字が欲しいと言うので、部屋の大先輩である横綱・羽黒山に因んだ「若羽黒」に決まった。これに先立つ新弟子検査の時に、入門前の稽古で体重が基準より不足していたので、草深少年は水をガブ飲みして体重計に乗った。だが、21貫(78.75kg)と言われ不思議に思って体重計を見ると、立会人の白玉親方(元前頭10・大八洲)が体重計に足を片方乗せて助けていたそうである。ちなみに白玉親方は、立浪部屋の部屋付き親方であった。若羽黒朋明 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た番付番付

    江戸の他にも、この時期には京都や大坂に相撲の集団ができた。当初は朝廷の権威、大商人の財力によって看板力士を多く抱えた京都、大坂相撲が江戸相撲をしのぐ繁栄を見せた。興行における力士の一覧と序列を定めた番付も、この頃から、相撲場への掲示用の板番付だけでなく、市中に広めるための木版刷りの形式が始まった。現存する最古の木版刷りの番付は、江戸では1757年のものであるが、京都や大坂では、それよりも古いものが残されている。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 杵屋彌十郎

    杵屋彌十郎から見た番付番付

    初代彌十郎まはた初代杵屋正次郎の門弟。1768年11月に江戸森田座顔見世番付に初めて名を見る。1779年に市村座で初めて大薩摩のタテを弾く。1781年11月に森田座でタテ三味線となる。初代杵屋巳太郎が1783年11月に市村座で2代目彌十郎を襲名。1802年11月に市村座が名を見る最後。杵屋彌十郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
301件中 1 - 10件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード