301件中 91 - 100件表示
  • 君錦利正

    君錦利正から見た番付番付

    以来、徐々に番付を上げてゆき、1960年(昭和35年)3月場所で新十両昇進。そして、翌1961年(昭和36年)7月場所に於いて、24歳で新入幕を果たした。君錦利正 フレッシュアイペディアより)

  • 天津風征夫

    天津風征夫から見た番付番付

    1967年3月場所…関取として迎えた最後の本場所。西十両13枚目で7勝8敗という星ながら、「番付削減」の煽りを受けて翌場所、幕下に降下する事となる(※注)。天津風征夫 フレッシュアイペディアより)

  • 大豪健嗣

    大豪健嗣から見た番付番付

    幕下までは順調に番付を上げたが、幕下上位で苦戦し出世が遅れた。1973年11月場所より弓取式を務め、十両に昇進した1975年3月場所でも弓取式を務めたことから、この1場所だけではあるが「関取による弓取式」として話題になった。大豪健嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 剣晃敏志

    剣晃敏志から見た番付番付

    剣晃は1997年5月場所後、大阪市内の病院に入院する。その後も初土俵以来初めての休場となった同年7月場所以後、一度も出場が無いまま全休を続けたために、番付は幕内から十両を通り越して幕下まで急降下した。この際に、検査によって病名が「汎血球減少症」と判明。抗がん剤など投薬の影響によって、剣晃の髷は全て抜け落ちてしまっていた。剣晃敏志 フレッシュアイペディアより)

  • 温泉番付

    温泉番付から見た番付番付

    温泉番付(おんせんばんづけ)とは、温泉地を大相撲の番付に見立てて格付けしたものである。温泉番付 フレッシュアイペディアより)

  • 大八洲晃

    大八洲晃から見た番付番付

    1932年2月場所 春秋園事件による番付編成変更により十両昇進。大八洲晃 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文治

    桂文治から見た番付番付

    上方3代目文治の弟子で、幕末に活躍。1853年の見立番付には、既に桂慶枝の名で東方前頭2枚目に位置しており、後に上方4代目文治を襲名。襲名時期は1855年春頃と推測される。改名順は、桂文枝から桂慶枝になり、文治を継いだと推測される。桂文治 フレッシュアイペディアより)

  • 及川煌久

    及川煌久から見た番付番付

    中学在学中に尾上部屋へ入門し、1952年1月場所にて15歳で初土俵を踏んだ。初めて番付に付いた時より、本名でもある「及川」の四股名で相撲を取った(下の名は途中で「太郎」から「煌久」に変えたが、上の名は廃業まで「及川」で通している)。及川煌久 フレッシュアイペディアより)

  • 江戸時代の出版

    江戸時代の出版から見た番付番付

    芝居番付 - 歌舞伎興行における番付。興行の内容や出演する役者について記す。その種類には町の往来に現在のポスターのように貼って人に見せる辻番付、また芝居の筋を絵で説明する絵本番付(芝居絵本ともいう)、出演する役者とその役割を記した役割番付があった。絵本番付と役割番付は表紙も本文も同じ紙の冊子形態で、二つ折りにして紙縒りで綴じるという簡略な装丁であった。江戸時代の出版 フレッシュアイペディアより)

  • 新序

    新序から見た番付番付

    相撲協会に入門した新弟子は、番付につく前に、前相撲をとる。そこで成績優秀な場合に、新序出世披露をうけ、翌場所から番付に載ることが一般的な流れである。新序 フレッシュアイペディアより)

301件中 91 - 100件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード