394件中 91 - 100件表示
  • 一の谷崇帥

    一の谷崇帥から見た番付番付

    中学時代は野球部に所属していたため、相撲経験は無かった。しかし相撲が盛んな地域であったため、父の勧めにより中学卒業と同時に中村部屋に入門。1992年3月場所に初土俵を踏んだ。初土俵から4年で幕下まで番付を上げたが、定着するまでに時間が掛ったため幕下と三段目を往復する生活が続いた。2000年頃から幕下に定着。幕下中位で一進一退が続いた時期も長かったが、2003年後半から幕下上位でも勝ち越せるようになった。2004年1月場所には最高位の東幕下4枚目まで番付を上げ4勝3敗と勝ち越し、翌3月場所に十両に昇進。軽量の体格を生かした速攻相撲が得意で諸差しになると力を発揮したが、やや立合い負けするところがあり、5勝10敗と負け越し幕下に陥落した。同年7月場所にも十両に復帰したがまた1場所で陥落している。それ以来、十両から遠ざかり、幕下の土俵で十両復帰を目指して相撲を取り続けていたが、2006年7月場所を途中休場し、翌場所から3場所連続全休。2007年3月場所では西序二段28枚目まで番付を落とし、その後三段目上位まで番付を戻したものの、ひざの故障のため、2008年1月場所後の2月8日に引退届を提出、3月場所後に引退が発表された。一の谷崇帥 フレッシュアイペディアより)

  • 若瀬川剛充

    若瀬川剛充から見た番付番付

    酒田第三中学校を卒業後、上京して伊勢ヶ濱部屋に入門し、1978年3月場所で初土俵を踏んだ。以来、順調に番付を上げて行き、1980年9月場所では18歳の若さで十両に昇進した。この頃には、後の大関・北天佑と共に「北若時代」を築くことが期待されていた。当初は十両に定着できなかったが、2度目の再十両の場所であった1982年7月場所で11勝4敗の成績で十両優勝を果たすと2場所連続して勝ち越し、1983年1月場所で新入幕を果たした。若瀬川剛充 フレッシュアイペディアより)

  • 清水川元吉

    清水川元吉から見た番付番付

    幕下時代から、左を差して寄るか、宮相撲で鍛え上げた粘り強い足腰を生かして右上手を取ってから引き付けて吊り出す取り口だったが、1921年の巡業で小松山から「左が強いから右四つに組んで寄り、相手が堪える端に左上手から投げを打つように」との指導を受け、切れ味の鋭い上手投げを完成させた。この新たな取り口と、観客をも緊張させるほどの土俵度胸の良さを武器に、1923年1月場所において新入幕を果たした。一度は十両へ陥落したもののすぐに戻るなど、将来の花形力士と期待されたが、人気に溺れて遊興に現を抜かすようになった。さらにヤクザが絡む事件を起こして本場所を続けて放棄したため、大日本相撲協会も看過できず、師匠・二十山が破門を宣告した。更に1928年には番付からも名前が削除され、廃業となった。清水川元吉 フレッシュアイペディアより)

  • 五街道雲助

    五街道雲助から見た番付番付

    五海堂(または五海道)雲輔(または雲助) - (嘉永7年(1830年)11月15日 - 没年月日不詳)。本名、秋田 亀吉。『名前欄』に1890年11月に五明楼山輔、1893年6月に雲輔で開業届けが出ている。その後番付などに10年近く記載されている。五街道雲助 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (32代)

    木村庄之助 (32代)から見た番付番付

    31代庄之助同様、やはり事務能力に長けており、兄弟子の28代庄之助は自身が停年退職後、「番付は書かなかったが咸喬時代から相撲字においてはかなりの能筆だった。当時の行司の中では彼が一番だろう」と認めている。場内アナウンス等、どの面においても抜群だと言われている。木村庄之助 (32代) フレッシュアイペディアより)

  • オープン選手権

    オープン選手権から見た番付番付

    NWA会長のフリッツ・フォン・エリックから「アメリカのマットを空っぽにする気か?」といわれたともいう空前の豪華メンバーを集めた副産物として、総当たりリーグ戦は不可能となった(この当時は20人総当たりリーグ戦規模の長期シリーズは珍しくなかったが、このメンバーをそれだけの間拘束するのが困難だった)。トーナメントではファンの期待に応えられないとして、「大相撲形式」と称する独自のシステムが採用され、ファン投票によって参加選手の番付表を作成、それに従って対戦を組んでいくことになった。以下の参加選手一覧はその投票結果の順番である。外国人選手に関してはNWA・AWAの各プロモーターからの推薦という形式が取られた。オープン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 綾川五郎次 (大正)

    綾川五郎次 (大正)から見た番付番付

    1883年11月2日に青森県南津軽郡(現:青森県黒石市)で生まれる。幼少期から宮相撲で活躍して力士を志し、旧姓盛岡中学校を中退して高砂部屋へ入門、1905年1月場所で序ノ口から初土俵を踏んだ。1910年6月場所で十両に昇進し、1914年1月場所で新入幕を果たした。入幕後は負け越しがなく、鳳谷五郎を二度破るなど「鳳キラー」として活躍、1915年5月場所で小結へ、1916年5月場所で関脇へ昇進したが、腎結石のために初日の取り組みに出場(黒星)のみで残りを全休、それ以降も不振で番付が降下していった。また、高砂の襲名争いに敗れたことで入間川部屋へ移籍した。綾川五郎次 (大正) フレッシュアイペディアより)

  • 三升家勝太郎

    三升家勝太郎から見た番付番付

    三升屋 勝太郎 - 1852年の番付に確認できる、それ以外不明。三升家勝太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 春日王克昌

    春日王克昌から見た番付番付

    延期されていた韓国公演は2004年2月14?15日にソウル市中区の奨忠体育館で、同年2月18日に釜山(プサン)市内の社稷(サジク)体育館で開催された。この際の春日王の番付は十両であったため、本来なら海外公演には参加できないところであったが、相撲協会の特別の配慮で参加できることとなり、横綱朝青龍以下の幕内力士40名に春日王を加えた41名の力士により行われた。春日王は土佐ノ海らとともに、ソウル市内や釜山市内にある地元初等学校や日本人学校小学部を親善訪問して生徒たちに稽古をつけたり、公演のプログラムにおいては、観衆に対し大相撲について解説するスピーチを行ったり、本人以外全て幕内力士で構成されたトーナメント戦で横綱朝青龍を破るなど善戦し、地元の観客を大いに沸かせた。春日王克昌 フレッシュアイペディアより)

  • 露天風呂

    露天風呂から見た番付番付

    露天風呂番付(ろてんぶろばんづけ)は、温泉番付の一種であり、露天風呂が有名な温泉地を番付したものである。作成されたのは1981年で、野口冬人の手で編集された。露天風呂番付における西の横綱は湯原温泉の「砂湯」、東の横綱は宝川温泉である。湯原温泉には大きな露天風呂番付のモニュメントが掲示されており、温泉地のシンボルとなっている。露天風呂 フレッシュアイペディアより)

394件中 91 - 100件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード