394件中 101 - 110件表示
  • 桂ひな太郎

    桂ひな太郎から見た番付番付

    桃月亭 雛太郎(生没年不詳) - 明治30年代末に初代柳亭芝楽(後の5代目柳亭左楽)の門で芝鶴、後に師匠が芝楽が5代目左楽を襲名をきっかけに明治の末に左鶴となる。さらに1917年2月に桃月亭雛太郎となる、日露戦争に従軍し片足を失ったが日露戦争で戦友だった左楽に拾われた。なまりがひどく落語家の大成を諦め色物に転向し追分節の音曲師となった。1930年頃柳連、睦会の番付には確認できる。本名:矢代米作。桂ひな太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文蝶

    桂文蝶から見た番付番付

    天保時代からすでに東西の番付等に確認できる。前座名であった為か何人いたか不明。(『落語系圖』には初代桂文治、3代目桂文治の門に確認できる。)桂文蝶 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田山忠義

    藤田山忠義から見た番付番付

    1951年(昭和26年)には、高砂親方(横綱・前田山)を団長にしたアメリカ巡業のメンバーとして、大ノ海、八方山とともに渡米した。6月30日に日本を発ったのだが契約上のトラブルがあり、9月場所までに帰国が間に合わず3力士とも休場ということになってしまった。このときは、ハワイからはじまり、ロスアンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨーク、マイアミなど、全米各地を飛び回り公演している。結局、高砂親方は11月7日、八方山は12月31日、大ノ海と藤田山は翌年の1952年(昭和27年)1月9日に帰国することになった。帰国したときには同年1月場所の番付はすでに発表されており、藤田山は十両に陥落していた。しかし、1月12日初日の場所で十両優勝をなしとげ、1場所で幕内復帰を果たした。藤田山忠義 フレッシュアイペディアより)

  • 皇牙篤

    皇牙篤から見た番付編成会議番付

    2006年3月場所では、自己最高位となった東幕下4枚目で5勝2敗という成績を上げ、同年3月29日の番付編成会議において翌場所の十両昇進が決定した。5勝目を挙げた際に「十両に上がっても弓取りをしたい」とのコメントを残した。「弓取りを行う力士は出世しない」との言い伝えもあったが、本人は「目の前で結びの一番を見られることはこの上ない勉強になる」と意に介していなかった。また、初土俵から所要79場所(13年)での新十両は当時史上9位タイのスロー出世である。皇牙篤 フレッシュアイペディアより)

  • 杵屋六三郎

    杵屋六三郎から見た番付番付

    1714年に山村座番付に名がある。詳しいことは不明である。杵屋六三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 有明五郎

    有明五郎から見た番付番付

    1943年5月場所に再入幕を果たし、このとき有明と改名した。幕内でもなかなか勝てず、十両に落ちるほどではなかったものの、とうとう幕内在位中の勝ち越しもなく、1945年6月場所には十両に陥落、そこでも負け越しを続け、1945年11月場所限りで現役を引退した。結局、再入幕の1943年5月場所から、引退まで6場所連続の負け越しであった。一方、西前頭15枚目で迎えた1944年1月場所を7勝8敗と負け越しながら、翌5月場所では自己最高位の東前頭11枚目に番付を上げている。これは当時東西制をしいていたことの恩恵といわれている。有明五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 古今亭志ん生 (2代目)

    古今亭志ん生 (2代目)から見た番付番付

    1873年の落語番付に「盲ヘビ」と書かれたことに怒り版元に抗議したり1878年の寄席取締規則が発足された際的外れな批判をし拘束されたりと向こうみずなところもあった。古今亭志ん生 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 土橋亭里う馬

    土橋亭里う馬から見た番付番付

    最初初代船遊亭扇橋門下で名は不明。後に初代司馬龍生門下に転じ里ん太、2代目里ん馬から2代目龍生、さらに土橋亭里う馬(初代)を名乗った。2代目立川焉馬の贔屓を受け、1848年秋に2代目焉馬が発行したと推測される番付には西の大関で「土橋亭立川龍馬」となっている。材木町に住んでいたが後に八丁堀に転居している。土橋亭里う馬 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居清満

    鳥居清満から見た番付番付

    二代目鳥居清倍の門下でその次男といわれる。俗称を米三、亀治または亀次郎。鳥居派の伝統的な画法を遵守し宝暦時代の後期から明和期に鳥居派で活躍、役者絵、美人画を描いた。延享4年(1747年)刊行の黒本『対面之琵琶』が初筆の作品とされ、清満が13歳の時であった。黒本のほか、黄表紙など草双紙の挿絵、番付絵、芝居看板絵等の作品が多い。四色以上の色を用いた多色の一枚絵も残す。また肉筆浮世絵にも才を広げている。紅摺絵に秀作が見られるが、殊に大々判の「百人一首」の女性群像などが良く、その力量が窺える。あぶな絵には清楚なエロティシズムが溢れていて頽廃的なところが無いので、見るべきものが多い。絵看板においても新機軸を出した。享年51。墓所は豊島区の染井墓地。法名は広善院要道日達信士。鳥居清満 フレッシュアイペディアより)

  • サムソン・クツワダ

    サムソン・クツワダから見た番付番付

    1962年1月場所にて轡田の四股名で初土俵、1964年1月場所で二瀬海に改名したものの伸び悩み、幕下23枚目の番付となった1967年9月場所限りで廃業した(この9月場所は休場しており、実質土俵を務めたのは同年の7月場所限り)。サムソン・クツワダ フレッシュアイペディアより)

394件中 101 - 110件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード