394件中 21 - 30件表示
  • 格付け

    格付けから見た番付番付

    番付 - 力士の能力に応じたグループ分け。相撲の番付では横綱、大関、関脇、小結、平幕の順に順位付ける。格付け フレッシュアイペディアより)

  • 外ヶ濱信行

    外ヶ濱信行から見た番付番付

    1984年に伊勢ノ海部屋に入門。本名の「欠端」の四股名で同年5月場所に初土俵を踏んだ。当時現役プロ野球選手だった兄・光則の実弟であることから、各スポーツ新聞の星取表の「幕下以下の注目力士」の欄でしばしば「大洋欠端投手の弟」として採り上げられ、注目を集めた。入門から約4年で幕下に昇進し、一時は十両昇進も狙える地位まで番付を上げた事もあったが、故障などから幕下中?下位と三段目上位の往復を続け苦戦するなど、次第に勢いに陰りが出始めた。その間、四股名は「欠端」→「花ノ力」→「欠端」→「外ヶ濱」と変わり、また1994年の兄・光則の現役引退等もあってか、マスコミ・角界関係者・地元後援者等の間での注目や期待の度合も年を追うごとに薄まり、1998年11月場所終了後に引退を表明。そして1999年1月場所を最後に彼の名は番付から消えることとなった。外ヶ濱信行 フレッシュアイペディアより)

  • おらおら学園

    おらおら学園から見た番付番付

    おらおら学園を開くと、「でっぱつ」ボタンの下に「番付」ボタンがある。ここには、おらおら学園をプレイした者の得点が299位まで表示される。このランキングは、週2回(日曜、水曜深夜)リセットされ、リセットされてからまたリセットされるまでの間のランキングは左側に、月間のランキングは右側に表示されている。ただし、299位の得点より下の得点を取った場合は表示されない。最高点は、基本的には3万点の時が多い。2万点以上を取ればランキングに載る確率が高い。おらおら学園 フレッシュアイペディアより)

  • 張出

    張出から見た番付番付

    張出(はりだし)とは大相撲の用語で、番付の欄外に四股名が載ること。張出 フレッシュアイペディアより)

  • 二瀬川政一

    二瀬川政一から見た番付番付

    1931年5月場所初土俵、その後ゆっくりではあったが着実に昇進し、1940年5月場所新入幕を果たした。ところがこの場所、横綱双葉山をはじめ上位陣に休場者が多く、相手方の横綱男女ノ川の対戦相手を番付の上から数えていくと、二瀬川にあたってしまったので、13日目、前日まで5勝7敗であったのに対戦が組まれ、敗れて負け越してしまった。しかし、5勝10敗の成績では十両に落ちる危険があったのだが、横綱との対戦があったため、翌1941年1月場所には、張出前頭という形で幕内にとどまることができた。これが幸いしたか、そのあと6場所連続して勝ち越し、大関時代の前田山に連勝したりもし、一気に関脇まで駆け上がった。突き押し相撲のわりには安定した取り口であったので、大関の声もかかったが、新関脇の1944年1月場所から二枚鑑札で朝日山部屋を継いだことの苦労や、その場所の負傷、途中休場のために大関の夢も砕け、その後は勝ち越しも1場所しかなく、1947年6月場所限りで現役を引退、部屋経営に専念した。弟弟子の高津山が関脇に昇進、二瀬山も幕内上位で活躍し、部屋の将来も開けるかというところで急逝、その後の朝日山部屋は中堅部屋で終始することになってしまった。二瀬川政一 フレッシュアイペディアより)

  • 朝陽丸勝人

    朝陽丸勝人から見た番付番付

    2002年(平成14年)3月場所、幕下15枚目格付け出しで初土俵を踏んだ。順調に番付を上げて行き、2003年(平成15年)1月場所には西幕下2枚目で早くも新十両のチャンスを掴んだが、あと2つ勝てば新十両という5番相撲で大怪我をしてしまった。ひざが反対に折れ曲がり靭帯を3本切断して、3カ月の入院で5場所連続全休となった。2004年(平成16年)1月場所で復帰したときには番付を序二段まで下げたが、1年ぶりの出場を全勝優勝で飾った。しかし今度は左目の網膜剥離を患い再度入院して2回の手術を行い、5月場所は序二段に陥落したが再度の序二段優勝を果した。朝陽丸勝人 フレッシュアイペディアより)

  • 順席

    順席から見た番付番付

    順席 フレッシュアイペディアより)

  • 下座音楽

    下座音楽から見た番附番付

    明治以前の文献では「外座」という文字が多く使われており、「下座」よりも古くから伝えられている呼称である。「座」とは座る場所で常に定まって演奏する居所という意味で、能舞台の正面囃子方の座る場所を囃子座というが、初期歌舞伎でも同じく一定の常座で演奏された。番附、給金附などの面には唄・三味線・笛・小鼓・太鼓・太鼓と役附が頭に書かれていたのだが、これらの演奏者は常座以外の場所で演奏するので外座と称すという説もある。また、江戸時代には劇場附すなわち座附の専属演奏家の中に旗本の次男など冷飯喰いという有産階級の遊蕩児が楽屋へ入って助演したため座附の者と区別するため外座と称したともいわれる。下座音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 今雲灘右エ門

    今雲灘右エ門から見た番付番付

    今雲 灘右エ門(いまぐも なだえもん、 )は、江戸時代の大相撲の第65代大関。番付上は「奥州」頭書。今雲灘右エ門 フレッシュアイペディアより)

  • 不動堂岡右衞門

    不動堂岡右衞門から見た番付番付

    不動堂 岡右衞門(ふどうどう おかえもん、 )は、江戸時代の大相撲の第41代大関。番付上は「九州」頭書。不動堂岡右衞門 フレッシュアイペディアより)

394件中 21 - 30件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード