301件中 21 - 30件表示
  • 露天風呂

    露天風呂から見た番付番付

    露天風呂番付(ろてんぶろばんづけ)は、温泉番付の一種であり、露天風呂が有名な温泉地を番付したものである。作成されたのは1981年で、野口冬人の手で編集された。露天風呂番付における西の横綱は湯原温泉の「砂湯」、東の横綱は宝川温泉である。湯原温泉には大きな露天風呂番付のモニュメントが掲示されており、温泉地のシンボルとなっている。露天風呂 フレッシュアイペディアより)

  • 木村庄之助 (20代)

    木村庄之助 (20代)から見た番付番付

    所属は伊勢ノ海部屋、のち出羽海部屋。明治後期?昭和初期の大相撲界を支えた近代名行司の第一人者で、行司史上屈指の名人と言われている。人望、見識ともにそなわり名行司の証とも言われる「松翁」の称号を番付上に冠した。8代式守伊之助の弟子で、のち養子になった。土俵態度、裁きともに秀で角界内では一目置かれていた。行司生活54年間に裁いた取組で差し違えはわずか2番のみであったという。木村庄之助 (20代) フレッシュアイペディアより)

  • 下座音楽

    下座音楽から見た番附番付

    明治以前の文献では「外座」という文字が多く使われており、「下座」よりも古くから伝えられている呼称である。「座」とは座る場所で常に定まって演奏する居所という意味で、能舞台の正面囃子方の座る場所を囃子座というが、初期歌舞伎でも同じく一定の常座で演奏された。番附、給金附などの面には唄・三味線・笛・小鼓・太鼓・太鼓と役附が頭に書かれていたのだが、これらの演奏者は常座以外の場所で演奏するので外座と称すという説もある。また、江戸時代には劇場附すなわち座附の専属演奏家の中に旗本の次男など冷飯喰いという有産階級の遊蕩児が楽屋へ入って助演したため座附の者と区別するため外座と称したともいわれる。下座音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋錦博

    嶋錦博から見た番付番付

    1943年に上京し、元横綱・宮城山が率いる芝田山部屋へ入門。同年5月場所にて、14歳で初土俵を踏んだ。しかし、翌年11月場所で番付に四股名が載るまでに3場所も前相撲を取るなど、当初は苦戦した。嶋錦博 フレッシュアイペディアより)

  • 丹下日出夫

    丹下日出夫から見た番付番付

    元ホースニュース・馬の編集者。井崎脩五郎の後輩で師弟関係にあたる。同紙では中央競馬の関東版の本紙予想を担当していた。また、2008年3月30日まで、日曜日の『中央競馬ワイド中継』(独立UHF放送局)に出演し、「丹下日出夫の今日の丹券」コーナーでメインレースの予想と共にクラシック有力馬の番付を発表していた。2008年9月からは毎日新聞社に所属し、同紙にて中央競馬の本紙予想を担当。丹下日出夫 フレッシュアイペディアより)

  • 式守与太夫 (10代)

    式守与太夫 (10代)から見た番付番付

    当時、式守清三郎を名乗っていた1966年11月から1982年9月まで番付書き(戦後3人目)を担当し能筆としても知られた。式守与太夫 (10代) フレッシュアイペディアより)

  • 格付け

    格付けから見た番付番付

    番付 - 力士の能力に応じたグループ分け。相撲の番付では横綱、大関、関脇、小結、平幕の順に順位付ける。格付け フレッシュアイペディアより)

  • 禊鳳英二

    禊鳳英二から見た番付番付

    その後は十両から幕内下位に在ったが、1969年5月場所中、今度は左大腿部を負傷してしまった。結局この2つの怪我のため、以降は番付を大きく落とし、西幕下9枚目まで下がった同年9月場所を最後に25歳という若さで廃業した。禊鳳英二 フレッシュアイペディアより)

  • 星取表

    星取表から見た番付番付

    大相撲では、取組の勝敗を星取で表す。日本相撲協会は本場所終了後星取表を作成・発行している。星取表は幕内・十両力士の勝敗と対戦相手を一覧にしたものであり、これを基準に翌場所の番付が編成される。幕下以下は幕下以下成績表という簡略化されたものが作成される。1956年(昭和31年)3月場所からは決まり手が掲載されるようになった。現存する最古の星取表は1761年(宝暦11年)10月の冬場所のものである。星取表 フレッシュアイペディアより)

  • 高錦昭應

    高錦昭應から見た番付番付

    現役晩年は幕下44枚目まで番付を落とし、1963年11月場所を最後に29歳で廃業。高錦昭應 フレッシュアイペディアより)

301件中 21 - 30件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード