301件中 41 - 50件表示
  • 北部先囃子

    北部先囃子から見た番付番付

    10月上旬にその年の例大祭に向け募集を始める。参加、不参加は自由。小学生のみ「番組」(いわゆる番付)が存在し、上位にいけばいくほど上手ということになる。3~4人一組で毎年22番組ほどできる。そのうちで最高位の1番組は憧れであり、この北部先囃子のみ「黒バチ--漆塗り」が無料で配布される。北部先囃子 フレッシュアイペディアより)

  • 柳亭左龍 (初代)

    柳亭左龍 (初代)から見た番付番付

    1875年の『諸芸人名録』には「落語之部」の「上等之部」に位置している。番付も明治の中期頃まで高位置を常にキープしていた。柳亭左龍 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 出羽嵐大輔

    出羽嵐大輔から見た番付番付

    高校時代は柔道部に所属していた。進路に迷っていたところ、両国(現・境川親方)を紹介され、卒業後に出羽海部屋に入門。3月場所に初土俵を踏んだ。腰の重さを生かした押し相撲で、着実に番付を上げて行った。出羽嵐大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 根岸流 (書風)

    根岸流 (書風)から見た番付番付

    根岸流(ねぎしりゅう)は、相撲字と呼ばれる江戸文字の一種で、江戸の相撲会所(現在の相撲協会)にあっては番付版元であった三河屋根岸治右衛門兼吉(みかわや ねぎしじえもん けんきち)が創始したと伝えられる書風。根岸流 (書風) フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川貞信 (5代目)

    長谷川貞信 (5代目)から見た番付番付

    4代目長谷川貞信及び中村貞以の門人。本名は長谷川笑子。4代目長谷川貞信の長女。父に絵を学んだ後、中村貞以に師事した。主に国立文楽劇場の絵看板、松竹座や南座の番付の挿絵を描いている。平成15年(2003年)、5代目長谷川貞信を襲名した。 長谷川貞信 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 外ヶ濱信行

    外ヶ濱信行から見た番付番付

    1984年に伊勢ノ海部屋に入門。本名の「欠端」の四股名で同年5月場所に初土俵を踏んだ。当時現役プロ野球選手だった兄・光則の実弟であることから、各スポーツ新聞の星取表の「幕下以下の注目力士」の欄でしばしば「大洋欠端投手の弟」として採り上げられ、注目を集めた。入門から約4年で幕下に昇進し、一時は十両昇進も狙える地位まで番付を上げた事もあったが、故障などから幕下中?下位と三段目上位の往復を続け苦戦するなど、次第に勢いに陰りが出始めた。その間、四股名は「欠端」→「花ノ力」→「欠端」→「外ヶ濱」と変わり、また1994年の兄・光則の現役引退等もあってか、マスコミ・角界関係者・地元後援者等の間での注目や期待の度合も年を追うごとに薄まり、1998年11月場所終了後に引退を表明。そして1999年1月場所を最後に彼の名は番付から消えることとなった。外ヶ濱信行 フレッシュアイペディアより)

  • 天竜三郎

    天竜三郎から見た番付番付

    1932年(昭和7年)1月場所を前に、大関大ノ里以下、出羽海部屋の西方全関取が中国料理店「春秋園」に立てこもり、天竜が主謀者となり相撲協会の体質の改善、力士の待遇の向上などを要求し、大日本新興力士団を結成、いわゆる「春秋園事件」を起こす。またこれに呼応して朝潮(男女ノ川)、鏡岩ら東方の有志も脱退して革新力士団を結成、大相撲界に激震が走った。天竜ら新興力士団が同年2月に根岸で旗揚げ興行を挙行したときは多くの観衆で賑わった。一方、残留組は2月になって急遽、改正番付を発行して国技館で2月場所を開催したが閑古鳥が鳴く有様だった。両力士団はその後合併したが、その年の暮れ、力士団のうち半数はが協会帰参を決め、大ノ里、天竜らは関西角力協会を設立して、関西を拠点に独自に興行し協会に対抗した。しかし、玉錦、双葉山らの台頭で東京の相撲協会が隆盛を取り戻すと、帰参を希望する力士も増え、1937年(昭和12年)に関西角力協会を解散した。天竜三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 清瀬海孝行

    清瀬海孝行から見た番付番付

    新十両で迎えた2007年(平成19年)11月場所は、日大の1年先輩である境澤に決定戦で敗れ優勝は逃すが13勝2敗の好成績を残し、東十両11枚目の番付でありながら番付を一気に上げて2008年(平成20年)1月場所において新入幕を果たした。わずか1場所での十両通過は、大輝煌以来17年ぶり13人目の快挙となった。2008年1月場所の番付発表があった2007年12月に初めて髷姿で現れた。清瀬海孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 栃天晃正嵩

    栃天晃正嵩から見た番付番付

    三段目下位であった2011年1月場所で途中休場し負け越したため、翌5月技量審査場所の順席にて関取昇進後初の序二段へ陥落(1984年3月場所以来162場所ぶり)。その場所限りで引退した。栃天晃正嵩 フレッシュアイペディアより)

  • 花柳壽輔 (初代)

    花柳壽輔 (初代)から見た番付番付

    1848年4月、中村座の公演にて、初めて花柳芳次郎の名が番付に載り、これが花柳流の始まりといわれる。「花柳」という姓は、吉原きっての遊女屋の主人だった玉屋山三郎の雅号「花柳園清喜」が由来で、吉原に戻った芳次郎を贔屓にしていた玉屋が、自らの雅号を名乗るよう勧めたといわれる。振付師に戻った芳次郎は、玉屋やかつて縁のあった役者たちの後ろ盾を得て、次第に活躍の場を広げる。特に十二代目市村羽左衛門、四代目中村歌右衛門は芳次郎の技量を買い、羽座衛門は自らが座元を務める市村座の立振付師に芳次郎を採用した。加えて1849年には、天保の改革によって江戸を追放されたかつての師・幡谷重蔵(七代目市川團十郎)が江戸に戻る。重蔵は自らの俳号「壽海老人」の一字を芳次郎に贈り、同年9月から番付には「花柳壽助」の名が載るようになった。有力な後援者を数多く得た壽助は、江戸三座全てで振付をつとめるようになる。花柳壽輔 (初代) フレッシュアイペディアより)

301件中 41 - 50件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード