394件中 61 - 70件表示
  • 山の井鷲之助

    山の井鷲之助から見た番付番付

    鳥取藩の抱えとして、1821年2月場所で初土俵を踏んだ。子供の時から力が強く、地引網の一方を1人で受け持って引いたというエピソードが残っているほど体格が非常に恵まれていたため、西張出前頭2枚目(のち番付の改訂が行われて、小結)に付出された。この場所は2勝3敗2休2分1無の成績だったが、次の1821年10月場所では西関脇に昇進。この場所では5勝4敗1無の成績を挙げ、次の1822年1月場所では7勝3敗の優勝次点の成績を挙げた(優勝相当成績者は有馬山龍右エ門で7勝2敗1無だった)。しかし、これからの活躍が期待された矢先の6月2日に急死した。数え28(満26?27歳)の短い生涯だった。山の井鷲之助 フレッシュアイペディアより)

  • 愛宕山武司

    愛宕山武司から見た番付番付

    初土俵の場所では番付外と新序で続けて好成績を収めたため、翌場所では序ノ口を飛び越して、序二段に付け出された。愛宕山武司 フレッシュアイペディアより)

  • 北部先囃子

    北部先囃子から見た番付番付

    10月上旬にその年の例大祭に向け募集を始める。参加、不参加は自由。小学生のみ「番組」(いわゆる番付)が存在し、上位にいけばいくほど上手ということになる。3~4人一組で毎年22番組ほどできる。そのうちで最高位の1番組は憧れであり、この北部先囃子のみ「黒バチ--漆塗り」が無料で配布される。北部先囃子 フレッシュアイペディアより)

  • 白川関右エ門

    白川関右エ門から見た番付番付

    宝暦7年(1757年)10月場所、西大関として登場。大関を務めたのはこの場所限りで、次の宝暦8年(1758年)3月場所は西前頭3枚目に番付を下げた。その次の同年10月場所は二段目に落ち、以後幕内(上段)と二段目を往復していた。宝暦11年(1761年)10月場所から下の名を志賀右エ門(しがえもん、志賀右衛門)と改名している。明和6年(1769年)11月、破傷風で急死。初土俵入りの年齢から逆算して、20?30代の若さで没したと推算される。白川関右エ門 フレッシュアイペディアより)

  • 由良ノ海楫五郎

    由良ノ海楫五郎から見た番付番付

    幼少の頃から実力があるとみなされ、1816年3月に四海浪 吉五郎(しかいなみ きちごろう)の名前で初土俵を踏んだ際には、いきなり西前頭6枚目に附出された(幕内付出。江戸時代に横行した。幕下付出の項を参照)。しかし厳しいプロである大相撲の世界は甘くなく、1818年2月場所千秋楽の荒戸川戦で白星を挙げるまで丸2年勝てない日が続いた。この間、同場所で記録した八十嶋冨五郎の26連敗を塗り替える27連敗の最多連敗記録を樹立した。当然の如く番付は急降下し、この場所後二段目10枚目以下(現在で言うと幕下陥落)になってしまった。1821年2月場所で、西二段目10枚目(現在で言うと再十両)に昇格するも1勝3敗と負け越し、再度跳ね返された。由良ノ海楫五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲 (雑誌)

    大相撲 (雑誌)から見た番付番付

    かつては月刊誌で年12回発売(1958年(昭和33年)より)されていた。その場合、奇数月は「○場所展望号」、偶数月は「○場所総決算号」と呼ばれた(○には初、春、夏、名古屋、秋、九州の各場所名が入る)。展望号は番付発表当日に、総決算号は場所終了から4日後の木曜日(番付編成会議の翌日)に発売された。展望号には、新入幕が予想される力士の初土俵以来の対戦相手つき星取表が掲載されていた。総決算号には、その場所15日間の主な取組の写真、取り口解説、識者による総評座談会が掲載されていた。大相撲 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 小柳常吉 (明治)

    小柳常吉 (明治)から見た番付番付

    1858年1月場所で初土俵(二段目〈現在の幕下〉)を踏んだ。1861年10月場所5日目に千草山と改名し、徳島藩のお抱え力士となった。1866年3月場所で東十両9枚目(十枚目格)に昇進。その場所で、いきなり7勝1敗の優勝次点の好成績を挙げた(優勝相当成績は同じ徳島藩お抱えの千羽ヶ嶽兵右エ門〈8勝1分け〉)。十両時代は快進撃を続け、十両昇進から4場所後の1868年6月場所で新入幕を果たした。その直前の1867年11月場所は、千羽ヶ嶽が7日目の國見山半五郎戦で引き起こした勝負結果を巡るトラブルにより、お抱え元の徳島藩第13代藩主・蜂須賀斉裕によって、千羽ヶ嶽や鬼面山谷五郎(後の第13代横綱)と共にこの場所を強制にボイコットさせられる羽目に追いやられた。この場所では東十両筆頭で1勝2敗7休という成績に終わっていたが、事情が勘案されめでたく入幕を果たすことができた。幕内でも実力を遺憾なく発揮し、たびたび優勝争いに加わっていた。1871年4月場所で西小結に昇進。同年には小柳の好成績に惚れ込んだ山内容堂によって、お抱え元を土佐山内家に変更されようとしたが、断ったという逸話もある(後に相生松五郎が承諾し、綾瀬川山左エ門の四股名を容堂から貰って、大関まで昇進した)。1873年4月場所で西関脇に昇進したが、その場所後に高砂浦五郎の高砂改正組に同調して東京相撲を離脱したため、次の12月場所では番付から小柳の名前が墨で消されるというペナルティーを受けたこともあった(幕内の番付に空位ができたのは、それから2007年11月場所で時津風部屋力士暴行死事件の影響を受けて急遽現役を引退して、16代時津風を襲名した時津海正博(当時西前頭11枚目)まで134年間出なかった)。高砂改正組は1878年まで存続したが、小柳自身は間もなく袂を分かち、翌1874年12月場所で西小結張出で東京相撲に復帰した。しかし、復帰後は以前と打って変わって低迷小柳常吉 (明治) フレッシュアイペディアより)

  • 及川煌久

    及川煌久から見た番付番付

    なお、初めて番付に付いた時より、本名でもある「及川」を名乗った(下の四股名は途中で「太郎」から「煌久」に変えたが、上の名は廃業まで「及川」で通している)。及川煌久 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋錦博

    嶋錦博から見た番付番付

    1943年に上京し、元横綱・宮城山が率いる芝田山部屋へ入門。同年5月場所にて、14歳で初土俵を踏んだ。しかし、翌年11月場所で番付に四股名が載るまでに3場所も前相撲を取るなど、当初は苦戦した。嶋錦博 フレッシュアイペディアより)

  • 芳村孝次郎

    芳村孝次郎から見た番付番付

    僧侶の出身。2代目芳村伊三郎の門弟。1808年より森田座の番付に名が確認できる。1813年に立唄に昇進。芳村孝次郎 フレッシュアイペディアより)

394件中 61 - 70件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード