301件中 61 - 70件表示
  • 大和剛

    大和剛から見た番付番付

    190cm近い身長を活かした突き押し相撲で着実に番付を上げて行った。初土俵から約4年たった1995年3月場所には十両に昇進した。十両でやや苦労したが、1997年1月場所には新入幕を果たした。立合いがやや遅かったものの突き押し相撲に磨きをかけ、幕内に定着した。大和剛 フレッシュアイペディアより)

  • 豊富士修

    豊富士修から見た番付番付

    幼い頃から相撲を始め、中学時代は相撲部に所属し全国大会にも出場した。中学卒業と同時に知人の紹介で時津風部屋に入門。1986年3月場所に初土俵を踏んだ。順調に番付を上げて行き、幕下上位でやや壁に当たったが1990年5月場所に弱冠20歳で十両に昇進した。しかし5勝10敗と負け越し1場所で幕下に陥落した。しばらく幕下上位で相撲を取り1991年9月場所に十両に復帰。以降幕下に陥落したこともあったが、体格を生かした押し相撲で十両に定着した。1993年9月場所を最後に幕下に陥落。十両復帰を目指して長く相撲を取り続けていたが、網膜剥離を患ってからは精彩を欠く相撲が多くなり幕下下位に低迷した。2000年11月場所を全休したのを最後に現役を引退。現在は故郷新潟に戻りラーメン店「拉麺家 豊」を経営している(ちなみにかなりの人気店)。豊富士修 フレッシュアイペディアより)

  • 土橋亭里う馬

    土橋亭里う馬から見た番付番付

    最初初代船遊亭扇橋門下で名は不明。後に初代司馬龍生門下に転じ里ん太、2代目里ん馬から2代目龍生、更に土橋亭里う馬(初代)を名乗った。2代目立川焉馬の贔屓を受け、1848年秋に2代目焉馬が発行したと推測される番付には西の大関で「土橋亭立川龍馬」となっている。材木町に住んでいたが後に八丁堀に転居している。土橋亭里う馬 フレッシュアイペディアより)

  • 出世名

    出世名から見た番付番付

    出世名(しゅっせめい)とは大相撲において特定の相撲部屋(稀に一門)に所属する力士の中で特に番付が高い力士、あるいは優勝等大きな功績を残した力士にのみ襲名を許される特別な四股名である。かつて部屋から輩出された横綱や大関、あるいは関脇以下でも幕内最高優勝を経験する等名力士と呼ばれた者、歴史ある部屋では歴代の師匠の四股名が主に該当する。特に一時代を築いた横綱や部屋の開祖あるいは中興の祖と呼ばれる親方の名前はその部屋の出世名の筆頭とされることも多い。番付や実績では若干不足と思われる力士であっても所属部屋や年寄名跡の後継者と決定したことにより襲名される例もある。出世名 フレッシュアイペディアより)

  • 立行司

    立行司から見た番付番付

    江戸時代から番付上、伊之助と庄之助の片方が空位になったり、立行司が休場などにより土俵に上がれず三役格行司が結びを捌くことは時折発生していたが両方同時に空位という場所は長らく発生しなかった。しかし1993年7月場所後に27代伊之助が停年退職、11月場所後には28代庄之助も停年退職し1994年1月と3月の2場所は番付に伊之助も庄之助もいないという前代未聞の立行司空位場所となり当時の三役格行司3名が交代で結びを裁いていた。なお、これ以降現在に至るまで番付に立行司が存在しない場所はない。立行司 フレッシュアイペディアより)

  • 若三藤成豊

    若三藤成豊から見た番付番付

    一旦怪我で番付を序ノ口下位まで番付を下げたが、復帰後は大きな体を生かした相撲で勝ち越しを続け、2004年1月場所に序二段上位で大勝ちして翌3月場所に三段目に昇進した。しかし新三段目の場所は負け越し、一場所で序二段に後退したが、翌5月場所は勝ち越して7月場所で三段目復帰してからは体を生かした積極的な相撲で三段目に定着し、2006年3月場所は三段目48枚目で5勝2敗の好成績を挙げて翌5月場所は三段目19枚目に番付を上げた。しかしその場所で3勝4敗と負け越してしまった。若三藤成豊 フレッシュアイペディアより)

  • 桂ひな太郎

    桂ひな太郎から見た番付番付

    桃月亭 雛太郎(生没年不詳) - 明治30年代末に初代柳亭芝楽(後の5代目柳亭左楽)の門で芝鶴、後に師匠が芝楽が5代目左楽を襲名をきっかけに明治の末に左鶴となる。更に1917年2月に桃月亭雛太郎となる、日露戦争に従軍し片足を失ったが日露戦争で戦友だった左楽に拾われた。なまりがひどく落語家の大成を諦め色物に転向し追分節の音曲師となった。1930年頃柳連、睦会の番付には確認できる。本名:矢代米作。桂ひな太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 春日王克昌

    春日王克昌から見た番付番付

    延期されていた韓国公演は2004年2月14?15日にソウル市中区の奨忠体育館で、同年2月18日に釜山(プサン)市内の社稷(サジク)体育館で開催された。この際の春日王の番付は十両であったため、本来なら海外公演には参加できないところであったが、相撲協会の特別の配慮で参加できることとなり、横綱朝青龍以下の幕内力士40名に春日王を加えた41名の力士により行われた。春日王は土佐ノ海らとともに、ソウル市内や釜山市内にある地元初等学校や日本人学校小学部を親善訪問して生徒たちに稽古をつけたり、公演のプログラムにおいては、観衆に対し大相撲について解説するスピーチを行ったり、本人以外全て幕内力士で構成されたトーナメント戦で横綱朝青龍を破るなど善戦し、地元の観客を大いに沸かせた。春日王克昌 フレッシュアイペディアより)

  • 関取

    関取から見た番付番付

    関取(せきとり)とは、大相撲の番付で、幕内、十両の力士を指す。これに対し、幕下以下の力士は取的(正しくは力士養成員)という。関取 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥居清満

    鳥居清満から見た番付番付

    二代目鳥居清倍の門下でその次男といわれる。俗称を米三、亀治または亀次郎。鳥居派の伝統的な画法を遵守し宝暦時代の後期から明和期に鳥居派で活躍、役者絵、美人画を描いた。黒本、黄表紙など草双紙の挿絵、番付絵、芝居看板絵等の作品が多い。四色以上の色を用いた多色の一枚絵も残す。また肉筆浮世絵にも才を広げている。紅摺絵に秀作が見られるが、殊に大々判の「百人一首」の女性群像などが良く、その力量が窺える。あぶな絵には清楚なエロティシズムが溢れていて頽廃的なところが無いので、見るべきものが多い。絵看板においても新機軸を出した。享年51。墓所は豊島区の染井墓地。法名は広善院要道日達信士。鳥居清満 フレッシュアイペディアより)

301件中 61 - 70件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード