301件中 71 - 80件表示
  • 入婿

    入婿から見た番付番付

    相撲界では相撲部屋や年寄名跡を継承する際に、親方の娘を有力な力士と結婚させて後継者とすることが現在でも多く、この場合入婿の形を取る。近年では琴ノ若(現佐渡ヶ嶽親方)や金親(先代宮城野親方)がその有名な例である。これは前述の商家の入婿の例に似ているが、ある程度番付を上げた人間に後継者が限定される(例外はあるが、それでも関取を長く務めるのが最低条件)ので、使用人出身の商家の入婿よりは立場は強いと思われ、夫婦関係の破綻によって年寄株を没収されるわけでもない。入婿 フレッシュアイペディアより)

  • 柳亭市馬

    柳亭市馬から見た番付番付

    『為御覧噺連中帳』や『落語家奇奴部類』や寛永4年の落語番付等には古原亭や狂言亭、柳亭で確認されているが同一人物か別人物かはわかっていない柳亭市馬 フレッシュアイペディアより)

  • 古今亭志ん生 (2代目)

    古今亭志ん生 (2代目)から見た番付番付

    1873年の落語番付に「盲ヘビ」と書かれた事に怒り版元に抗議したり1878年の寄席取締規則が発足された際的外れな批判をし拘束されたりと向こうみずなところもあった。古今亭志ん生 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 横綱大関

    横綱大関から見た番付番付

    横綱大関(よこづなおおぜき)とは、大相撲で大関が番付に不在のときに、横綱が番付上大関も兼任する形で表記される場合の呼び方である。横綱大関 フレッシュアイペディアより)

  • 大碇紋太郎

    大碇紋太郎から見た番付番付

    1885年(明治18年)5月の番付で序ノ口に記載される。1893年(明治26年)1月新入幕。その後負け越すことなく、1894年(明治27年)5月に小結で7勝1敗1預、1895年(明治28年)1月に関脇で7勝2敗、大関になった。ところが大関2場所はいずれも勝ち越しているのに降格、怒った大碇は1896年(明治29年)5月場所番付に張出関脇としてその名を残しながら脱走して京都相撲に加入、大関として迎え入れられる。1898年(明治31年)1月には雷親方の世話により前頭筆頭格番付外で帰参するが大負けして再度脱走した。大碇紋太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 看板大関

    看板大関から見た番付番付

    看板大関(かんばんおおぜき)とは、江戸時代、相撲の大関不在時の穴埋めとして、大きくて見栄えがするというだけの理由で番付に大関として記載した力士。看板大関 フレッシュアイペディアより)

  • 預り (相撲)

    預り (相撲)から見た番付番付

    文字通り、勝負結果を行司もしくは審判委員が「預かり置く」ことで、物言いのついたきわどい相撲などで、あえて勝敗を決めない場合などに適用された。星取表にはカタカナで「ア」と表記された。ひとつには、江戸時代の幕内力士は多く有力大名のお抱えであり、その面子を傷つけないための配慮措置でもあった。記録上は引き分けとしながらも、実際の取組で優勢であった側に、番付編成面で優遇を与える「陰星」(完全に1勝扱いにする場合を「丸星」、0.5勝扱いのときは「半星」と呼んだ)もあった。特に丸星の場合、星取表の右上の、勝ち数を表記するところに「●」を加えた場合もある。預り (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 白龍山慶祐

    白龍山慶祐から見た番付番付

    「両邦山」の名で番付に載るまでに2年かかるなど当初は苦戦したが、その後は順調に番付を上げ、1947年11月場所で新十両に昇進。白龍山慶祐 フレッシュアイペディアより)

  • 優勝旗手

    優勝旗手から見た番付番付

    明治42年6月、国技館が完成して、晴雨にかかわらず相撲興行が行えるようになった。このとき、協会は東西制と呼ばれる新しい優勝制度を設けた。それは、番付の幕内東西それぞれに属する力士の勝ち星を合計して、多いほうを優勝とし、翌場所の番付を東に配置するというものである。その時、優勝旗を制定し、表彰のときに、優勝した片屋の関脇以下の最高成績力士を旗手として、優勝旗を授与することとしたのである。なお、同点者がいる場合は当時の優勝制度と同様に番付上位優先となった。十両以下は系統別総当たりで、番付の東西も関係がないので、この制度は適用されなかった。優勝旗手 フレッシュアイペディアより)

  • 牧本英輔

    牧本英輔から見た番付番付

    以来順調に番付を上げてゆき、1965年1月、初土俵から5年弱で十両に昇進した。十両と幕下を2度往復した後は丸5年間幕下に居たが1971年11月場所で幕下優勝を果たし4度目の十両昇進を決めると、十両でも3場所勝ち越しを続け、1972年9月場所で漸く入幕を果たした。序ノ口に付いてから74場所目での新入幕で、これは当時、大相撲史上1位のスロー入幕記録であった(後、神幸や星岩涛らが更新)。牧本英輔 フレッシュアイペディアより)

301件中 71 - 80件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード