前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
424件中 1 - 10件表示
  • 番付

    番付から見た大鵬幸喜

    現存する絵番付としては、1860年(万延元年)2月に回向院境内で興行されたとき、絵師の一恵斎芳幾によって描かれた絵番付がある。写真番付は相撲版画がすたれ、写真が世に出回るようになった明治後期に出現し、戦後柏時代まで約60年、好角家の目を楽しませた。1978年(昭和53年)11月場所、久し振りにカラーの写真番付が販売されたが、その後現在に至るまで発行されていない。前述の板番付は縦横が各1.9mあり、幕下格行司と三段目格行司が3人がかりで4?5日かけて書き上げる。場所が終わるとかんなで削って文字を消し、また同じ板に翌場所の番付が書かれる。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た魁傑將晃

    また理事長が停年前に理事長職を辞し、停年退職まで「相談役」として番付に掲載(2000年(平成12年)以降では境川尚、時津風勝男、武蔵川晃偉、放駒輝門)されることもある。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た貴闘力忠茂

    1960年7月場所、十両に陥落した東筆頭の羽子錦は9勝6敗の成績を上げながら再入幕できなかった。東筆頭で9勝を上げながら入幕できなかったのは羽子錦が史上ただ一人。十両西筆頭の地位で9勝を上げながら入幕できなかったのは、1987年(昭和62年)11月場所の大乃花、1990年5月場所の貴闘力、1991年(平成3年)3月場所の栃司(現入間川)がいる。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た三重ノ海剛司

    また理事長が停年前に理事長職を辞し、停年退職まで「相談役」として番付に掲載(2000年(平成12年)以降では境川尚、時津風勝男、武蔵川晃偉、放駒輝門)されることもある。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た琴奨菊和弘

    2011年7月場所、通算勝ち星の歴代1位(1047勝)の記録を打ち立てた大関魁皇が10日目取組後引退を発表、関脇琴奨菊も大関昇進の目安である3場所合計33勝に達せず昇進は見送られ、9月場所は横綱不在だった1993年1月場所以来となる大関以上の日本人不在、史上初めての外国出身力士が横綱・大関を占める番付となった。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た年寄名跡

    番付の版元としての権利は、相撲司家のひとつである根岸家が、年寄名跡「根岸」とともに受け継いでいたが、戦後、相撲界の合理化、民主化をはかるため、根岸家が自らこれらを相撲協会に返上した(相撲字が苦手で年寄名跡を返上したともされる)。相撲協会ではこの英断をたたえるため、「根岸」の名跡を「止め名」、野球で言う永久欠番に近い形で廃家とした。これは年寄名跡が(一代年寄や準年寄は別にして)現在の数(105)に定まった時でもある。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た柏戸剛

    現存する絵番付としては、1860年(万延元年)2月に回向院境内で興行されたとき、絵師の一恵斎芳幾によって描かれた絵番付がある。写真番付は相撲版画がすたれ、写真が世に出回るようになった明治後期に出現し、戦後鵬時代まで約60年、好角家の目を楽しませた。1978年(昭和53年)11月場所、久し振りにカラーの写真番付が販売されたが、その後現在に至るまで発行されていない。前述の板番付は縦横が各1.9mあり、幕下格行司と三段目格行司が3人がかりで4?5日かけて書き上げる。場所が終わるとかんなで削って文字を消し、また同じ板に翌場所の番付が書かれる。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た鶴竜力三郎

    2012年4月23日、5月場所の番付が発表され、関脇鶴竜の大関昇進に伴い、大相撲番付史上初の6大関となった(同年9月場所まで。9月場所後、日馬富士が横綱に昇進)。また新入幕の皇風は、1935年5月場所新入幕の元関脇・笠置山以来77年ぶりの早大出身の幕内力士となった。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た清瀬海孝行

    2013年3月場所の番付で、昨年アマチュア横綱の日大・遠藤が幕下10枚目格付け出しでデビューしたが、現行制度での幕下10枚目格付け出しは、2007年1月場所の日大・市原(のち清瀬海)以来2人目。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た貴乃花光司

    1971年1月場所千秋楽、1敗の西正横綱大鵬は結びの一番で全勝の東正横綱玉の海を破り、14勝1敗の相星として優勝決定戦でも玉の海を破って32回目の優勝を果たしたが、翌3月場所の番付も西正横綱(東正横綱は玉の海)のままだった。このように両横綱が相星の場合、前の場所の番付が優先されるが、最近では2009年1月場所と9月場所、決定戦で東横綱白鵬を破り優勝した西横綱朝青龍を翌3月場所及び翌11月場所では東横綱に据え、前場所の番付を優先せずに優勝力士を上位とした。同様な例として2001年(平成13年)1月場所、東横綱の貴乃花(同じ東正横綱ではあるが、番付上は曙が上位。3横綱の順位では貴乃花が最下位)と西横綱武蔵丸(現武蔵川)が決定戦を行い貴乃花が優勝し、翌場所の番付での横綱順位は貴乃花を最上位(東横綱)とした。番付 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
424件中 1 - 10件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード