281件中 11 - 20件表示
  • 番付

    番付から見た星風芳宏

    前述の通り、番付は発表をもって発効する。しかし、2011年3月場所は大相撲八百長問題の影響により開催が中止されたことにより番付の発表も行われなかった。番付の編成そのものは完了しており、3月場所で十両への昇進が決定していた力士を初めとする全力士はこの番付に基づいて遇されることになった。これによって決定された地位は2月28日に番付の代わりとなる「順席」として十両以上のみを掲載したものが各相撲部屋に配布され、5月6日に5月技量審査場所用の新地位表が解雇された蒼国来、星風の名前を削除して幕下以下も含めて発表された。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た白鵬翔

    2010年(平成22年)1月場所で25回目の優勝を果たした、西横綱朝青龍が同場所中の不祥事により、番付編成会議後の2月4日に突如引退を表明。形式上は自らの意思による通常の引退であったが、番付発表まで約3週間の余裕があったために、敢えて四股名ごと削除することとなった。これに伴い、本来なら西横綱に載るはずだった白鵬の地位は、1月場所と同じく3月場所も東横綱に掲載され、番付編成会議後の引退届提出により番付が変動するという極めて異例の措置となった。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た蒼国来栄吉

    前述の通り、番付は発表をもって発効する。しかし、2011年3月場所は大相撲八百長問題の影響により開催が中止されたことにより番付の発表も行われなかった。番付の編成そのものは完了しており、3月場所で十両への昇進が決定していた力士を初めとする全力士はこの番付に基づいて遇されることになった。これによって決定された地位は2月28日に番付の代わりとなる「順席」として十両以上のみを掲載したものが各相撲部屋に配布され、5月6日に5月技量審査場所用の新地位表が解雇された蒼国来、星風の名前を削除して幕下以下も含めて発表された。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た北勝海信芳

    1959年5月場所は、東横綱栃錦と東張出横綱初代若乃花がともに14勝1敗で優勝決定戦となり、若乃花が優勝したが、翌7月場所の番付では優勝同点の栃錦が東横綱にとどまり、若乃花は西横綱だった。「優勝決定戦での勝敗それ自体は番付に影響しない」原則がはじめて明確に示された形であり、その後も同様のケース(1971年1月場所の大鵬-玉の海や1988年3月場所の大乃国-北勝海など)のたびに、優勝力士が同点力士の下位に留めおかれるのは不合理ではないかとの議論を呼んだ。1997年9月場所後の理事会での改定により、現在では同地位の力士同士の決定戦で下位の力士が優勝した場合、翌場所の番付では優勝力士を上位にまわすことになっている。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た臥牙丸勝

    2015年4月、グルジア政府からの要請を受けて通常国会で審議・可決された在外公館の名称及び位置並びに在外公館に勤務する外務公務員の給与に関する法律の改正法が公布・施行され、同国の日本語での呼称がロシア語読みの「グルジア」から英語読みの「ジョージア」に改められることになった。同年5月場所の番付はすでに作成済で、西前頭筆頭栃ノ心剛や東6枚目臥牙丸勝ら同国出身力士の出身地は「グルジア」のままだったが、相撲協会公式サイトや本場所の場内アナウンスなどでは「ジョージア」に改められ、7月場所からは番付表記も「ジョージア」となった。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た朝青龍明徳

    2010年(平成22年)1月場所で25回目の優勝を果たした、西横綱朝青龍が同場所中の不祥事により、番付編成会議後の2月4日に突如引退を表明。形式上は自らの意思による通常の引退であったが、番付発表まで約3週間の余裕があったために、敢えて四股名ごと削除することとなった。これに伴い、本来なら西横綱に載るはずだった白鵬の地位は、1月場所と同じく3月場所も東横綱に掲載され、番付編成会議後の引退届提出により番付が変動するという極めて異例の措置となった。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た時津海正博

    2007年(平成19年)11月場所の番付で西前頭11枚目が空位となった。場所の直前(番付編成後)に時津海が引退して年寄時津風を襲名して時津風として番付に載ることとなり、番付上の重複を避けるために空位とした。これは幕内では1873年(明治6年)11月場所に、高砂浦五郎とそのグループ(改正組)を除名した際以来(前述のケースを除いて)で134年ぶりだった。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た琴欧洲勝紀

    番付には力士名の他、年寄(現在は「理事」、「監事」(2008年(平成20年)11月場所より表記を「副理事」に改称)、「役員待遇」、「委員」(年寄のうち期間限定の一代年寄であった栃東や琴欧洲(元大関)は委員待遇)、「主任」、「年寄」、「参与」に分けられる。以前は「取締」という職階もあった。審判委員(1968年(昭和43年)の機構改革前には「勝負検査役」と番付に書かれていた)、行司、呼出、若者頭、世話人の名も記される。番付上では、横書きで書かれる文字はすべて歴史的観点から右から書かれている(例:「司行」、「事理」)。また理事長は理事の筆頭に大きめに書かれ「理事長」と頭書きされる。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た大竜忠博

    2014年(平成26年)1月27日、内閣府が相撲協会を1月28日付で公益財団法人として認定したのに伴い、同年3月場所の番付より「日本相撲協会」の右上に「公益財団法人」と記載されるようになった。また公益法人となったため、役員の規定が変更され評議員として、当時の評議員のうち年寄でもあった南忠晃(湊川)、平野兼司(山響)、佐藤忠博(大嶽)の3名が、番付の左側(西方)最下段の序ノ口の左隣に「評議員」と書かれ本名で記載された。また、これまでの「日本相撲協會」の「會」(旧字体)が「会」に改められた。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た北の湖敏満

    また、1976年(昭和51年)10月に朝日山部屋の相続をめぐっての騒動でトンガ王国出身の幕下以下の力士が廃業に追い込まれた際にも、11月場所の番付では幕下以下のそれぞれの場所が空位とされた。1981年(昭和56年)9月場所番付において、東西の正横綱(北の湖、千代の富士)が「横綱大関」として番付上大関を兼務、純粋な大関不在の変則番付になったことがある(後述。横綱大関の項目も参照)。番付 フレッシュアイペディアより)

281件中 11 - 20件表示

「大相撲の番付」のニューストピックワード