2377件中 11 - 20件表示
  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た大相撲大相撲

    大相撲初場所で、角番だった大関栃東大裕が14勝1敗の成績を収め、平成15年九州場所以来13場所ぶり3回目の幕内最高優勝。横綱朝青龍は11勝4敗に終わり、自身が持つ本場所の連覇記録は7でストップ。また、新大関琴欧州は10勝5敗に終わった。2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 11月26日

    11月26日から見た大相撲大相撲

    1989年 - 大相撲11月場所で小錦が幕内初優勝。外国人力士の優勝は高見山以来17年ぶり2人目。11月26日 フレッシュアイペディアより)

  • 石橋省三

    石橋省三から見た大相撲大相撲

    東京都墨田区両国に生まれ育ち、幼い頃からの相撲ファンである。1961年学習院大学政経学部経済学科卒業後、NHK入局。熊本局・東京アナウンス室・福岡局・大阪局など各地で勤務しながら、大相撲実況の名アナウンサーとしてお茶の間の人気を集めた。また高校野球やラグビーなど大相撲以外のスポーツ中継や、総合テレビの「国宝の旅」のナレーション・定時ニュース等幅広く担当。ロサンゼルスオリンピック (1984年)・バルセロナオリンピックでは取材団に加わり各種競技を実況。NHK放送研修センター・日本語センター講師を務め、後進の指導にも当たった。石橋省三 フレッシュアイペディアより)

  • 1961年

    1961年から見た大相撲大相撲

    大相撲(幕内最高優勝)1961年 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年代

    1960年代から見た大相撲大相撲

    大相撲で横綱の栃錦清隆が現役引退1960年代 フレッシュアイペディアより)

  • 日本相撲協会

    日本相撲協会から見た大相撲大相撲

    財団法人日本相撲協会(にほんすもうきょうかい、)は、大相撲興行の幕内最高優勝者に対する「摂政宮賜杯」(現在の天皇賜杯)を授与するために1925年に設立された財団法人(特例民法法人)である。公益法人としての法人格の取得及び維持のため、相撲競技の指導・普及、相撲に関する伝統文化の保持を名目上の目的としている。日本相撲協会 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のスポーツ

    2005年のスポーツから見た大相撲大相撲

    大相撲九月場所で、横綱朝青龍が優勝を果たし、年6場所制になってから史上2人目の6場所連続優勝を遂げた。2005年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1971年

    1971年から見た大相撲大相撲

    大相撲(幕内最高優勝)1971年 フレッシュアイペディアより)

  • 引き分け

    引き分けから見た大相撲大相撲

    相撲では、両者が同時に倒れたり土俵の外に出たと判定された場合、同体と言い、取り直し(再試合)となる(大相撲では行司の軍配が「同体」になることはない)。同体となった取組で片方の力士が怪我や疲労により取り直しができなくなり、その結果、棄権により相手の不戦勝という記録となることもある。また、取組が長引いて水入り後なおも勝負がつかないときには、二番後取り直しという形で再試合をする。しかし、それでも相撲が長引いて勝負がつかないときには、最終的に引分というかたちにする。星取表には引き分けは×で表記される(痛み分けは△で表記し区別する)。ただし、大相撲の幕内の取組での引分は、1974年9月場所11日目の三重ノ海と二子岳との一番が最後である。なお、1939年1月場所11日目、鏡岩と磐石との対戦で、水が入って二番後取り直しとなった時に鏡岩が棄権を申し出たところ、磐石が不戦勝を承諾しなかったので、二人とも不戦敗という珍しい記録がある。引き分け フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本

    2005年の日本から見た大相撲大相撲

    大相撲十一月場所、横綱・朝青龍が優勝を決め、史上初となる7連覇と年間6場所完全制覇を達成、さらに自身年間84勝を挙げ、北の湖の持つ年間最多勝利記録(82勝)を更新した。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

2377件中 11 - 20件表示

「大相撲本場所」のニューストピックワード