271件中 101 - 110件表示
  • 大相撲

    大相撲から見た相撲茶屋

    国会で公益法人としての相撲協会のあり方について質疑が行われたこと(1957年4月、衆議院文教委員会)を受けて、相撲茶屋制度の改革、月給制の導入、相撲教習所の設立などの改革がこの当時行われた。横綱審議委員会の内規もこの時期に充実した。また、1961年には年寄の停年制が実施された(「停年」の表記については後述)。1967年には前頭・十両の枚数削減も実施した。1968年には役員選挙の制度を改定、1969年には勝負判定にビデオ映像の使用を開始した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た相撲

    日本相撲協会が主催する相撲興行。本項で詳述する。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た横綱

    しかし江戸相撲は、1789年11月、司家の吉田追風から二代目・谷風梶之助、小野川喜三郎への横綱免許を実現。さらに征夷大将軍徳川家斉観戦の1791年上覧相撲を成功させる。雷電爲右衞門の登場もあって、この頃から江戸相撲が大いに盛り上がった。やがて、「江戸で土俵をつとめてこそ本当の力士」という風潮が生まれた。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た両国国技館

    日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、日本国内外における相撲興行のなかで最も有名な競技興行である。東京での開催場所は国技館である(詳しくは国技館、国技を参照)。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た大相撲中継

    がっぷりと四つに組んだ力士同士の力が拮抗して、なかなか決着がつかない相撲の取組。大相撲実況中継では、おおよそ1分を超える取り組みで用いる。おおよそ4分を超えると「水入り」になる場合がある。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た土俵

    『相撲傳書』によると、この頃は土俵はなく「人方屋」という見物人が直径7 - 9m(4 - 5間)の人間の輪を作り、その中で取組が行われた。17世紀半ばには格闘技のリングのように柱の下へ紐などで囲った場所で行われた。それが後に俵で囲んだ四角い土俵になった。次に1670年頃に土俵の四隅に四神を表す4色の布を巻いた柱を立て、屋根を支えた方屋の下に五斗俵による3.94m(13尺)の丸い土俵が設けられた。18世紀始めに俵を2分の1にし地中に半分に埋めた一重土俵ができた。これに外円をつけて二重土俵(これは「蛇の目土俵」とも言う)となった。これは内円に16俵、外円に20俵用いることから「36俵」と呼ばれた。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た天覧相撲

    明治維新と文明開化に伴い、1871年東京府のいわゆる「裸体禁止令」により東京相撲の力士は罰金、鞭打ち刑に処された。また、「相撲禁止論」が浮上した事もある。このような事態に対し、自らも相撲をとることの多かった明治天皇 および その意を受けた伊藤博文らの尽力により、1884年に天覧相撲が実現され、大相撲が社会的に公認されることにより危機を乗り越えることができた。この天覧相撲の力士は58連勝(史上3位)を記録した15代横綱初代・梅ヶ谷藤太郎であった。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た年寄

    国会で公益法人としての相撲協会のあり方について質疑が行われたこと(1957年4月、衆議院文教委員会)を受けて、相撲茶屋制度の改革、月給制の導入、相撲教習所の設立などの改革がこの当時行われた。横綱審議委員会の内規もこの時期に充実した。また、1961年には年寄の停年制が実施された(「停年」の表記については後述)。1967年には前頭・十両の枚数削減も実施した。1968年には役員選挙の制度を改定、1969年には勝負判定にビデオ映像の使用を開始した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た興行

    日本相撲協会が主催する大相撲(おおずもう)は、日本国内外における相撲興行のなかで最も有名な競技興行である。東京での開催場所は国技館である(詳しくは国技館、国技を参照)。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た本場所

    大相撲の興行としては、本場所と巡業が大きなウェイトを占める。大相撲 フレッシュアイペディアより)

271件中 101 - 110件表示

「大相撲本場所」のニューストピックワード