241件中 11 - 20件表示
  • 大相撲

    大相撲から見た武蔵丸光洋

    一方、千代の富士貢の引退が呼び水になったように生じた横綱不在、群雄割拠の中、まず小錦が抜け出した。彼は膝の故障をついに克服しきれず、史上初の外国出身横綱を逸したが、ハワイ出身の後輩、曙、武蔵丸が共にこれを果たし、優勝も二桁10回以上を重ねた。1993年から2000年頃にかけては、若貴兄弟らの二子山部屋勢対曙・武蔵丸のハワイ勢の様相を呈した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た昭和天皇

    1925年、皇太子(裕仁親王・後の昭和天皇)の台覧相撲に際して、皇太子の下賜金により摂政宮賜杯、現在の天皇賜杯が作られる。これを契機に、東京・大阪の両相撲協会の合同が計画され、技量審査のための合同相撲が開かれる。また、1926年1月場所から、今までは優勝掲額のみであった個人優勝者に賜杯が授与されることになり、個人優勝制度が確立する。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た大勇武龍泉

    一部の部屋では、俗に「かわいがり」と言われる(稽古名目での)私刑が横行している状況であり、下位力士を竹刀で叩くなどの厳しい指導を行うことに対する批判がある。2007年には時津風部屋力士暴行死事件が発覚。愛知県警が双津竜順一らを立件する事態にまで至り、日本相撲協会北の湖敏満理事長が文部科学省より呼び出され事情を説明する騒ぎとなっている。また、時津風部屋では日本相撲協会による事情聴取についてマスメディアが駆け付けた際に時津風部屋所属力士が憤慨しカメラマンに暴行する事件も発生している。2010年9月にも、元十両・大勇武龍泉が芝田山親方(大乃国康)から暴行を受けたとして被害届を警視庁に提出。親方は書類送検されたが2011年1月起訴猶予となった。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たニコラ・サルコジ

    「フランス共和国大統領杯」は、知日派で大の大相撲ファンを自他ともに認めていた第五共和国第五代大統領・ジャック・シラクが設けた優勝力士に対する大統領顕彰だったが、2007年5月にニコラ・サルコジが第六代大統領に就任すると、これをあっさりと廃止してしまった。シラクとの対比を自己の選挙戦の推進力としていたサルコジは、「坊主憎けりゃ袈裟まで」の方便をあらゆる分野で繰り広げた。その結果、シラクが幕内力士の名を諳んじるほどの相撲通だったものとは正反対に、サルコジは「あんなのは長い髪を結った太った男たちがやる、決して美しいとは言えないスポーツにすぎません」と大相撲を一方的にこき下ろすこととなり、これが事実上の選挙公約の一つにまでなってしまったためである。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たジャック・シラク

    「フランス共和国大統領杯」は、知日派で大の大相撲ファンを自他ともに認めていた第五共和国第五代大統領・ジャック・シラクが設けた優勝力士に対する大統領顕彰だったが、2007年5月にニコラ・サルコジが第六代大統領に就任すると、これをあっさりと廃止してしまった。シラクとの対比を自己の選挙戦の推進力としていたサルコジは、「坊主憎けりゃ袈裟まで」の方便をあらゆる分野で繰り広げた。その結果、シラクが幕内力士の名を諳んじるほどの相撲通だったものとは正反対に、サルコジは「あんなのは長い髪を結った太った男たちがやる、決して美しいとは言えないスポーツにすぎません」と大相撲を一方的にこき下ろすこととなり、これが事実上の選挙公約の一つにまでなってしまったためである。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た朝青龍明徳

    また2010年2月には第68代横綱・朝青龍が度重なるトラブルに対し、横綱審議委員会から初の「引退勧告書」が提出されたこともあり、朝青龍自ら責任を取る形で引退に追い込まれた。さらに同年5月には大相撲野球賭博問題が発生、大関・琴光喜を筆頭に数十名の力士や親方らなどが関与したと報道、既に多くの相撲関係者が野球賭博などの違法賭博への関与を認めていた。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た太田房江

    大相撲は、力士が大銀杏などまげ(髷)を結うなどの日本の伝統的・古風な文化の他、土俵上への女性の立ち入りを認めない(春場所は2000年以降、時の大阪府知事・太田房江による知事賞の直接授与が認められなかった)など、男尊女卑の陋習も強く保たれている。そのため、一部のフェミニストからは異論の声があがっている。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た琴欧洲勝紀

    貴乃花は曙らを抑えて優勝22回を数え日本人力士の体面を保ったが、その引退と入れ違いのように外国出身力士の主流はモンゴル勢に移った。2006年3月場所では、優勝と三賞をすべてモンゴル勢で占めることになった。ブルガリア出身の琴欧洲やエストニア出身の把瑠都が大関に昇進するなど、旧東欧圏出身力士も目立ち始めた。2006年1月場所の栃東から2012年5月場所の旭天鵬勝までの間、36場所にわたって日本人力士による幕内最高優勝が達成されなかった。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た把瑠都凱斗

    貴乃花は曙らを抑えて優勝22回を数え日本人力士の体面を保ったが、その引退と入れ違いのように外国出身力士の主流はモンゴル勢に移った。2006年3月場所では、優勝と三賞をすべてモンゴル勢で占めることになった。ブルガリア出身の琴欧洲やエストニア出身の把瑠都が大関に昇進するなど、旧東欧圏出身力士も目立ち始めた。2006年1月場所の栃東から2012年5月場所の旭天鵬勝までの間、36場所にわたって日本人力士による幕内最高優勝が達成されなかった。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た横綱審議委員会

    横綱の相次ぐ不成績が問題となり、1950年4月に有識者からなる横綱審議委員会が発足した。1957年には理事長に重要事項の建議を行える「運営審議会」も発足し財界トップや政治家が名を連ねた。大相撲 フレッシュアイペディアより)

241件中 11 - 20件表示

「大相撲本場所」のニューストピックワード