241件中 41 - 50件表示
  • 大相撲

    大相撲から見た寺尾常史

    寺尾のどすこい大相撲(ジャレコ、1989年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た双葉山定次

    69連勝を記録した双葉山の影響で興行日数は1937年5月場所より13日間となり、1939年5月場所より15日間と移り変わる。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た羽黒山政司

    戦後、大相撲の人気回復のために、優勝決定戦や三賞制度を導入すると同時に、取組の多様化を進めるために、1947年11月場所から、系統別総当たり制に戻した。しかし、立浪部屋と時津風部屋が一門としては別なのに、師匠同士が兄弟弟子(羽黒山政司と双葉山)というだけの関係で対戦がないことや、二所ノ関一門が次々と分離独立していったことから、再び取組が硬直化して不公平感が生じてきたので、1965年1月場所から、完全な部屋別総当たり制を実施し、現在に至っている。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た千代の富士貢

    一方、千代の富士貢の引退が呼び水になったように生じた横綱不在、群雄割拠の中、まず小錦が抜け出した。彼は膝の故障をついに克服しきれず、史上初の外国出身横綱を逸したが、ハワイ出身の後輩、曙、武蔵丸が共にこれを果たし、優勝も二桁10回以上を重ねた。1993年から2000年頃にかけては、若貴兄弟らの二子山部屋勢対曙・武蔵丸のハワイ勢の様相を呈した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た貴ノ花健士

    若貴兄弟(貴乃花光司・若乃花勝)の活躍により、一時相撲ブームが起こった(二人の名を取って若貴ブームとも呼ばれた)。伯父が名横綱・初代若乃花、父が名大関・初代貴ノ花という血統が、オールドファンを呼び戻すとともに、貴乃花の精悍な風貌、若乃花の人好きのする童顔は、それまで相撲に興味のなかった層の女性ファンも獲得した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た宮崎まさる

    力人伝説 -鬼を継ぐもの-(原作:宮崎まさる、作画:小畑健)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た旭道山和泰

    力士が引退後協会に残らない時や年寄が停年を待たずに退職する場合などには廃業という言葉を用いてきたが、現役幕内力士であった旭道山和泰が衆議院議員選挙に出馬し当選したことがきっかけとなり、語感もあまり良くないことから1996年11月17日から次のように表現を改めた。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た能代潟錦作

    1927年、東京相撲協会と大阪相撲協会が解散し、大日本相撲協会が発足したのち、本場所は1月(両国)、3月(関西)、5月(両国)、10月(関西)の計4回:11日間で開催(1929年は10月でなく9月)されるようになる。ただしこの時期には、番付編成は若干の試行錯誤も伴いながらも、1月と3月、5月と10月のそれぞれを合算して行われ、関西本場所では優勝額の授与も行われなかった。(この時期の番付編成については能代潟錦作の項目参照)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た大乃国康

    一部の部屋では、俗に「かわいがり」と言われる(稽古名目での)私刑が横行している状況であり、下位力士を竹刀で叩くなどの厳しい指導を行うことに対する批判がある。2007年には時津風部屋力士暴行死事件が発覚。愛知県警が双津竜順一らを立件する事態にまで至り、日本相撲協会北の湖敏満理事長が文部科学省より呼び出され事情を説明する騒ぎとなっている。また、時津風部屋では日本相撲協会による事情聴取についてマスメディアが駆け付けた際に時津風部屋所属力士が憤慨しカメラマンに暴行する事件も発生している。2010年9月にも、元十両・大勇武龍泉が芝田山親方(大乃国康)から暴行を受けたとして被害届を警視庁に提出。親方は書類送検されたが2011年1月起訴猶予となった。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た大砲万右エ門

    この頃から映像が映され出し、小錦や大砲が映された貴重な映像(1900年撮影)が現存している。大相撲 フレッシュアイペディアより)

241件中 41 - 50件表示

「大相撲本場所」のニューストピックワード