前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示
  • 大相撲

    大相撲から見た貴乃花光司

    若貴兄弟(貴乃花光司・若乃花勝)の活躍により、一時相撲ブームが起こった(二人の名を取って若貴ブームとも呼ばれた)。伯父が名横綱・初代若乃花、父が名大関・初代貴ノ花という血統が、オールドファンを呼び戻すとともに、貴乃花の精悍な風貌、若乃花の人好きのする童顔は、それまで相撲に興味のなかった層の女性ファンも獲得した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た曙太郎

    一方、千代の富士貢の引退が呼び水になったように生じた横綱不在、群雄割拠の中、まず小錦が抜け出した。彼は膝の故障をついに克服しきれず、史上初の外国出身横綱を逸したが、ハワイ出身の後輩、、武蔵丸が共にこれを果たし、優勝も二桁10回以上を重ねた。1993年から2000年頃にかけては、若貴兄弟らの二子山部屋勢対曙・武蔵丸のハワイ勢の様相を呈した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た栃東大裕

    貴乃花は曙らを抑えて優勝22回を数え日本人力士の体面を保ったが、その引退と入れ違いのように外国出身力士の主流はモンゴル勢に移った。2006年3月場所では、優勝と三賞をすべてモンゴル勢で占めることになった。ブルガリア出身の琴欧洲やエストニア出身の把瑠都が大関に昇進するなど、旧東欧圏出身力士も目立ち始めた。2006年1月場所の栃東から2012年5月場所の旭天鵬勝までの間、36場所にわたって日本人力士による幕内最高優勝が達成されなかった。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た北の湖敏満

    地方巡業は、各地の興行を希望する〈勧進元〉と呼ばれる人たちが協会に巡業開催の契約金を支払い、興行権を譲り受ける形(売り興行)で長年行われてきた。しかし1995年の巡業改革により、当時の境川理事長の下で勧進元主催から協会の自主興行に変更された。ところが地方巡業は1992年の年間94日間をピークに減少を続け、ついに2005年には1958年以降最小の15日間までに落ち込んだ。そのため、北の湖理事長の下で再び勧進元形態に戻すことになった。2006年に再開された海外巡業についても、地方巡業の増加対策と並ぶ巡業改革の一環となっている。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た日本相撲協会

    日本相撲協会が主催する相撲興行。本項で詳述する。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た小錦八十吉 (6代)小錦 八十吉

    一方、千代の富士貢の引退が呼び水になったように生じた横綱不在、群雄割拠の中、まず小錦が抜け出した。彼は膝の故障をついに克服しきれず、史上初の外国出身横綱を逸したが、ハワイ出身の後輩、曙、武蔵丸が共にこれを果たし、優勝も二桁10回以上を重ねた。1993年から2000年頃にかけては、若貴兄弟らの二子山部屋勢対曙・武蔵丸のハワイ勢の様相を呈した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た旭天鵬勝

    貴乃花は曙らを抑えて優勝22回を数え日本人力士の体面を保ったが、その引退と入れ違いのように外国出身力士の主流はモンゴル勢に移った。2006年3月場所では、優勝と三賞をすべてモンゴル勢で占めることになった。ブルガリア出身の琴欧洲やエストニア出身の把瑠都が大関に昇進するなど、旧東欧圏出身力士も目立ち始めた。2006年1月場所の栃東から2012年5月場所の旭天鵬勝までの間、36場所にわたって日本人力士による幕内最高優勝が達成されなかった。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た高見山大五郎

    国威発揚のために大相撲が利用された昭和戦前期には、満州をはじめとする大陸巡業が恒例となっており、国際連盟の委任統治領であった南洋群島に巡業したこともある。しかし、これらの巡業は各部屋・一門による海外巡業であり協会全体での巡業ではなかった。戦後はハワイ巡業がしばしば行われ、そこでスカウトされたジェシー・ジェームス・ワラニ・クハウルア青年が高見山大五郎の四股名で関脇にまで昇進した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た小畑健

    力人伝説 -鬼を継ぐもの-(原作:宮崎まさる、作画:小畑健大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た琴光喜啓司

    また2010年2月には第68代横綱・朝青龍が度重なるトラブルに対し、横綱審議委員会から初の「引退勧告書」が提出されたこともあり、朝青龍自ら責任を取る形で引退に追い込まれた。さらに同年5月には大相撲野球賭博問題が発生、大関・琴光喜を筆頭に数十名の力士や親方らなどが関与したと報道、既に多くの相撲関係者が野球賭博などの違法賭博への関与を認めていた。大相撲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示

「大相撲」のニューストピックワード