271件中 91 - 100件表示
  • 大相撲

    大相撲から見たデータイースト

    大相撲(データイースト、1984年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たテクノスジャパン

    出世大相撲(テクノスジャパン(後のミリオン(著作権保有)、アークシステムワークス(発売))、1984年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た日本放送協会

    横綱の相次ぐ不成績が問題となり、1950年4月に有識者からなる横綱審議委員会が発足した。1957年には理事長に重要事項の建議を行える「運営審議会」も発足し財界トップや政治家が名を連ねた。全国的にテレビが普及するに従い、NHKの相撲のテレビ中継が始まる。一時は民放各社も中継していたが、間もなく撤退した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たアークシステムワークス

    出世大相撲(テクノスジャパン(後のミリオン(著作権保有)、アークシステムワークス(発売))、1984年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たバンダイナムコゲームス

    SDバトル大相撲 平成ヒーロー場所(バンプレスト(後のバンダイナムコゲームス)、1990年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たバンプレスト

    SDバトル大相撲 平成ヒーロー場所(バンプレスト(後のバンダイナムコゲームス)、1990年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たパンアメリカン航空

    1961年から1991年まで、パンアメリカン航空賞が優勝力士に送られていた。この贈呈にはパンアメリカン航空極東支配人のデビッド・ジョーンズが、「ヒョー、ショー、ジョォー」という独特の言い回しで始まる、方言なども取り入れた、ウィットに富んだ表彰状の読み上げを行い、好評を博していた。ジョーンズの注目度が非常に高かったため、多くの国々から友好杯などの賞が増えるきっかけともなった。しかし、1991年5月場所を最後に同賞は廃され(パンナム自体その約半年後に倒産)、ジョーンズも2005年2月2日に逝去している。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た報知新聞社

    スポーツ報知 大相撲ジャーナル(報知新聞社大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た毎日新聞社

    1909年6月2日、初の常設相撲場となる両国国技館の落成。これに並行して投げ祝儀の禁止、力士の羽織袴での場所入り、行司の烏帽子直垂着用、幟・積樽の廃止、東西対抗制導入などの制度や規則が導入されて相撲の近代スポーツ化がすすめられた。土俵入りは、東の横綱、常陸山と西の横綱、梅ヶ谷により行われた。この時、東西制(後述)と呼ばれる団体優勝制度が生まれ、優勝旗が授与された。時事新報社(現在は毎日新聞社)の優勝額贈呈により、現在の優勝制度が始まる。この時から、今までは幕内力士の出場がなかった千秋楽にも、幕内全力士が出場するようになり、名実共に10日間興行の体裁が整った。興行日数は、1923年5月から11日間に増加した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たタカラ (玩具メーカー)

    大相撲魂(タカラ(後のタカラトミー)、1992年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

271件中 91 - 100件表示

「大相撲」のニューストピックワード